« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

日本中東学会第19回公開講演会

「参詣と巡礼-日本と中東イスラーム世界」

公開講演会の開催

日本中東学会第19回公開講演会を下記の通り開催いたします。

「参詣と巡礼-日本と中東イスラーム世界」
日時 2013年10月27日(日)10:00-16:00(9:30開場)
会場 愛媛大学(城北地区)南加記念ホール
〒790-8577 松山市文京町3番

日本中東学会では近年、首都圏だけでなく全国各地で公開講演会を開くことを意識的に追求してきましたが、今年は、愛媛大学「四国遍路と世界の巡礼」 研究会の協力を得て、愛媛県松山市で公開講演会を開催します。 中東イスラーム世界における参詣と巡礼は人々の間に深く根付いた慣行であり、この地域の社会と文化、さらには人々の価値観を理解する上で重要な意味をもっ ていることは周知の通りです。本公開シンポジウムは、この点をふまえた上で四国巡礼との比較の要素を加えることにより、参加者のみなさんになじみのある視 点から参詣や巡礼について考えていただくことをめざします。四国遍路をはじめとする日本の事例や観念と中東イスラーム世界のそれとの比較を通して、参詣や 巡礼を行う人々の心性やこうした慣行の社会・文化的な意義について広く議論されることを期待しています。

プログラム
10:00
開会挨拶と趣旨説明
10:20
胡光(愛媛大学法文学部准教授)「「道中記」に見る四国、その内と外と」
11:15
守川知子(会員・北海道大学大学院准教授)「シーア派の聖地巡礼―イラク、イランの聖墓参詣を中心に」
12:10~13:00
昼休み
13:00
近藤浩二(滑川市立博物館主任)「越中からの四国遍路-「道中小遣留帳」を素材に-」
13:55
齋藤剛(会員・神戸大学准教授)「モロッコの聖者崇拝と参詣—文化人類学の視点から」
14:50~15:05
休憩
15:05
パネルディスカッション
15:50
閉会挨拶
16:00
閉会

2013年9月25日 (水)

『ファラキーヤ』訳

Img042

Abudullah Püser Mohammed bin Kiya el-Mazenderani
Risale-i Felekiyye (Kitab-us Siyakat).

trans. by İsmail Otar, ed. by Oktay Güvemli & Cengiz Taraman
Istanbul: İSMMMO, 2013.
302+278p.

プロジェクトの関係で髙松さんにいただきました。ありがとうございました。
14世紀のペルシア語財政論、『ファラキーヤ』の英訳・トルコ語訳・ペルシア語写本のファクシミリからなっています。
少なくとも、アヤ・ソフィア写本のファクシミリが出版されたのは慶賀すべきことでしょう。



2013年9月18日 (水)

シェイフ・サフィー廟関係文書集成

Aubin, Gronkeといった錚錚たる研究者が利用してきたアルダビールのシェイフ・サフィー廟の文書集成Sarih al-Milkですが、なんと刊本が出ていることに気づき、この度めでたく入手しました。まだ、アブディー・ベク版(タフマースプ時代)の3/4ほどをカバーしているだけです。

こんなものが出版されてしまうとは、油断なりませんね

Img041

زین العابدین عبدی بیک نویدی شیرازی. صریح الملک : وقف نامه بقعه شیخ صفی الدین اردبیلی.

تصحیح: محمود محمد هدایتی. جلد اول. تهران: معاونت فرهنگی سازمان اوقوف و امور خیریه . 1390. 403ص.

なお、副題はワクフ証書(vaqf-name)とありますが、これだけでなく、売買証書など、所有権の根拠になる文書を集めたものです。

2013年9月13日 (金)

「近世イスラーム国家と多元的社会」2013年度第2回研究会

AA研の共同研究課題「近世イスラーム国家と多元的社会」では今年度第二回の研究会を下記の通り開催いたします。

皆様のご参加をお待ちしております。共同研究員の方々には、事務から出張手続きのための連絡が行きますので、よろしくお願い申し上げます。


日時:2013年10月12日(土)14:00-18:00
会場: 東京外国語大学本郷サテライト 5F セミナー室
http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html

プログラム:
今澤浩二氏(桃山学院大学)
「オスマン朝初期における宰相制の展開」

澤井一彰氏(早稲田大学イスラーム地域研究機構)
「イスタンブル大震災とその後の復興-1509年と1766年の大地震を事例として-」
(参加自由・無料)

2013年9月 9日 (月)

第一回イラン文書国際会議

まさか、こんなものが計画されているとは思いませんでした。 会場はテヘランの国立文書館です。 国際会議といいながら、ペルシア語しか要項のないところがすばらしい。アーザル月に延びるという噂も。

http://nlai.ir/Default.aspx?tabid=4982

اولين همايش بين‌المللي اسناد ايراني

اسناد مكتوب، بخشي از سرمايه‌هاي مطالعاتي هر منطقه‌و كشوري است كه با استناد به آن‌ها، تحقيقات در حوزه‌هاي مختلف فرهنگ و اجتماع استحكام و اصالت پيدا مي‌كند. بهره بردن از اين گونه مدارك، نياز به داشتن توانائي و علم استفاده كردن از آن‌هاست. گستردگي جغرافياي سياسي و فرهنگي ايران ‌زمين در طول تاريخ بلند خود، به پراكندگي اسناد و مدارك تاريخي و فرهنگي آن انجاميده است. به همين سبب، فرصتي لازم است تا محققان و علاقه‌مندان حوزه اسناد فارسي - ايراني و هم ‌چنين پژوهشگران تاريخ معاصر ايران و كشورهائي كه با آن ارتباطات مختلف سياسي، فرهنگي و اقتصادي داشته‌اند، به مبادلة دستاوردهاي پژوهشي خود بپردازند. اطلاع يافتن از روش‌هاي تحقيقي كه در باره اسناد تاريخي در ديگر كشورهاي جهان جريان دارد و نيز مطالعاتي كه در حوزه اسناد فارسي يا اسناد مربوط به ايران انجام مي شود، يكي از پژوهش هاي اصلي محققان حوزه اسنادي و تاريخ ايران بوده است. همايش اسناد ايراني، فرصتي است براي عمق بخشيدن به پژوهش‌هاي مبتني بر اسناد، عرضه آخرين اطلاعات، روش‌ها و دستاوردهاي مطالعات مربوط به آن در ايران و نيز كشورهاي مرتبط با ايران، به ‌ويژه كشورهائي كه با ايران داراي گذشته مشترك تاريخي و فرهنگي مي باشند. همايش" اسناد ايراني،" اولين گام را در حوزه اطلاع‌رساني در باره اسناد ايراني در آرشيوهاي مختلف جهان برداشته است. با اين اميد كه در آينده به مرجعي براي تبادل اطلاعات در باره آخرين و جديدترين تحقيقات در حوزه‌هاي مطرح شده، بينجامد.

تاريخ برگزاري همايش : 17 مهر 1392

2013年9月 6日 (金)

研究会「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」

東洋文庫拠点(TBIAS)共催「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(科研費基盤(B)、代表者:高松洋一)では、第2回研究会を下記要領で開催いたします。
第2回の研究会は、史料講読(担当渡部良子氏)をおこないます。
扱う史料は、サファヴィー朝(1501-1736)シャー・タフマースプShah Tahmasp(r.
1524-76)期に成立したギヤース・アッディーンGhiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniの簿記術論文です。

【第2回研究会】

日時:9月26日(木)16:00ー19:30
場所:東洋文庫7階会議室(http://www.tbias.jp/access.html)
*17:00以降は7階入口のドアが施錠されますので、その場合はドア横に設置されているインターホンで呼出してください
担当:渡部良子氏(東京大学文学部・非常勤講師)
講読史料:Ghiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniによる簿記術論文(ペルシア語およびアラビア語)
写本:議会図書館写本3117、議会図書館写本6544
講読箇所:序論第7章(議会図書館写本3117: 52a(画像53); 議会図書館写本6544: 29a(画像35)

今回はじめて参加されるという方には、前回の史料と今回から扱う史料のコピーをお渡ししますので、本案内文末に記した連絡係までご連絡ください。
みなさんのご参加を心よりお待ちしております。


2013年9月 3日 (火)

ペルシア語文化圏学会隔年大会@サラエボ 開催中

以前、ご紹介したAssociation for the Study of Persiante Societiesの隔年大会ですが、今開催中です。

あまりに大きな学会なので、ごく一部だけ、プログラムをご紹介します。
詳細はこちらをご覧ください。
バルカンのペルシア文学・オスマン文学関係のセッションもたくさんあります。

17. SAFAVIDS: HISTORY AND DIPLOMACY I 

Chair: Grigol Beradze (G. Tsereteli Institute of Oriental Studies, Ilia State University, Georgia)

Jose Cutillas Ferrer (University of Alicante, Spain)

Did Safavid Persia Have a Policy towards the Mediterranean Sea in the 17th Century?

Stanisław Adam Jaśkowski (University of Warsaw, Poland)

Some Remarks on Sources for Safavid-Polish Relations

Myriam Sabbaghi (University of Chicago, United States)

Reassessing the Reasons for Shaykh Bahai's Resignation

Daryoush Rahmanian Kooshkaki (Tehran University, Iran)

Qutb al-Din Neyrizi and the Decline of the Safavid

 

34. SAFAVIDS: CULTURAL SPHERES II

Venue: Eur Conference 1 (8:00-9:40, Sep 5)

Chair: Paul Losensky (Indiana University, United States)

Rıza Yıldırım (TOBB University of Economics and Technology, Ankara, Turkey)

In the Name of the Prince of Martyrs: The Safavid Use of Karbala Memory in the Formation of the Qizilbash

Sussan Babaie (The Courtauld Institute of Art, University of London, UK)

Between Aleppo and Delhi: the Armenians of Isfahan and Domestic Architecture and Decoration

Theodore Beers (University of Chicago, United States)

Vahshi Bafqi: A Rare Provincial Poet in the Tahmasp Era

Raya Shani (Hebrew University of Jerusalem, Israel)

Were the Sea all Ink, It Would be Impossible to State the Virtues of ‘Ali

 

44. IRAN AND ITS EUROPEAN AND OTTOMAN "OTHERS": FROM

ENGAGEMENT TO ISOLATIONISM

Venue: Bos Hamam (16:30-18:10, Sep 5)

Organized by: Fariba Zarinebaf (University of California- Riverside, United States)

Chair: Parisa Vaziri (University of California, Irvine, United States)

Fariba Zarinebaf (University of California- Riverside, United States)

Safavid Envoy in Europe: Don Juan of Persia

Başak Kilerci (Boğaziçi University, Turkey)

Mozaffar al-Din Shah’s Istanbul Visit (1900): Reading Ottoman-Qajar Relations through Photography

Rudi Matthee (University of Delaware, United States)

“Na Sharqi, na gharbi: Irāni” (Neither East nor West: Iranian): The Roots of the Iranian Quest for Self-Sufficiency

George Sanikidze (Institute of Oriental Studies of the Ilia State University, Georgia)

Some Remarks about Iranian and Turkish Crises

 

45. IRAN AND THE CAUCASUS II

Venue: Bos Conference Hall (16:30-17:50, Sep 5)

Chair: Irina Koshoridze (Georgian National Museum, Georgia)

Nana Kharebava (University of Bamberg, Germany)

Self-perception and Identity of the Georgian Walis in the Safavid Period

Irina Koshoridze (Georgian National Museum, Georgia)

Two Persian Textiles from Georgian Royal Memorial Collections

Marina Alexidze (Ivane Javakhishvili Tbilisi State University, Georgia)

Georgia through the Eyes of Iranian Travelers of the Qajar Period

 

ついでにもう一つ

1. MANIFESTATIONS OF SAYYID IDENTITY IN THE PERSIANATE WORLD

Venue: Bos Hamam (8:00-9:40, Sep. 3)

Organized by: Jo-Ann Gross (The College of New Jersey, United States) and Kazuo Morimoto (University of Tokyo, Japan)

Chair: Judith Pfeiffer (University of Oxford, UK)

Kazuo Morimoto (University of Tokyo, Japan)

Varying Criteria for a True Sayyid: Discrepancy between Genealogists and Jurisprudents

Rıza Yıldırım (TOBB University of Economics and Technology, Turkey)

The Perception of the Twelve Imams and Prophetic Offspring in the Qizilbash-Bektashi Creed

Jo-Ann Gross (The College of New Jersey, United States)

Sayyid Genealogy, Narrative Tradition, and the Sacred Landscape in the Pamir



« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ