« 『社会史研究』3-2号 | トップページ | 中東☆イスラーム研究セミナー 受講生募集 »

2013年8月26日 (月)

オスマン朝ウラマー伝

若干出版されてから、日が経ってしまいました。

عصام الدین احمد طاشکبری زاده.

الشقائق التعمنیة فی علماء الدولة العثمانیة

تصحیح: سید محمد طباطبائی بهبهانی منصور

تهران. 1389. 584ص.

 

 علی بن بالی الایدینی

العقد المنضوم فی ذکر افاضل روم.

تصحیح: سید محمد طباطبائی بهبهانی منصور.

تهران. 1389و 232ص.

オスマン朝のウラマーの伝記(アラビア語)です。
Tashkubrizadeがスレイマーン時代までの520人、Aydiniがその後ムラト3世時代までの90人を取り上げています。Tashkubrizadeはオスマン語版も出版されているようですが、関係は私にはよくわかりません。出版もとはテヘランのマジュレス図書館です。

« 『社会史研究』3-2号 | トップページ | 中東☆イスラーム研究セミナー 受講生募集 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オスマン朝ウラマー伝:

« 『社会史研究』3-2号 | トップページ | 中東☆イスラーム研究セミナー 受講生募集 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ