« サファヴィー朝史料研究会のお知らせ6 | トップページ | 詩人伝『愛の刃針』 »

2013年6月 3日 (月)

研究書『サファヴィー朝の強大化・弱体化におけるキジルバシュ部族の役割』

سجاد نظری. نقش ایلات قزلباش در تشدید و تضغیف قدرت حکومت صفویان.
تهران: انتشارات زاگرو. 1390

ペルシア語ででキジルバシュに関する研究書はSümerのペルシア語訳以外は知りませんでした。 その意味で期待されるのですが、150頁足らずの薄い本です。 内容的にも、ヒジュラ暦1000年(西暦1591年)まで終わっています。 本格的な研究書が書かれるまでには、もう少し待たなければいけないようです。

Img026

« サファヴィー朝史料研究会のお知らせ6 | トップページ | 詩人伝『愛の刃針』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« サファヴィー朝史料研究会のお知らせ6 | トップページ | 詩人伝『愛の刃針』 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ