« 新刊『近世イスラームにおける時』 | トップページ | 共同研究課題「近世イスラーム国家と多元的社会」2013年度第一回研究会 »

2013年6月23日 (日)

シンポジウム「シーア・スンナ関係」@ライデン大学

すでに終わったシンポジウムですが、ペーパー一覧だけ載せておきます。
いくつか面白そうなものもあります。

The Shiite and Sunnite Liaison
Religious and Literary Interactions between the Ottoman and Safavid Empires
Wednesday 15 December 2010
Leiden University

Colin H. Imber (University of Manchester)
“Ottoman propaganda against the kızılbaş: Sarı Görez, Ebu’s-su‘ud and Celalzade”
Sonja Brentjes (University of Seville)
“The Mathematical Sciences under the Ottomans and the Safavids: Similarities and
Differences”
Nasrollah Pourjavady (University of Tehran)
“A Persian Literary Circle in Bursa”
Ferenc Csirkés (University of Chicago)
“The Persian Background of Messianic Discourse in Shah Ismail Khatayi’s Turkish
Poetry”
Amir Hosein Pourjavady (University of Tehran)
“The Repertoire of Songs in Ottoman and Safavid Courts”
Petra de Bruijn (Leiden University)
“Red Peril. Persian versus Ottoman miniature painting in Orhan Pamuk’s
My Name is Red”
Mahnia Nematollahi Mahani (Leiden University)
“Šāh Tahmāsb Political Policy against the ExternalFoes”
Jan Schmidt (Leiden University)
“Learning, Reading and Writing Persian in the Ottoman Empire”

« 新刊『近世イスラームにおける時』 | トップページ | 共同研究課題「近世イスラーム国家と多元的社会」2013年度第一回研究会 »

海外学界情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンポジウム「シーア・スンナ関係」@ライデン大学:

« 新刊『近世イスラームにおける時』 | トップページ | 共同研究課題「近世イスラーム国家と多元的社会」2013年度第一回研究会 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ