« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

第2回オスマン史研究会

■第2回オスマン史研究会開催のお知らせ

NIHUプログラム、イスラーム地域研究東洋文庫拠点では、第2回オスマン史研究会を、下記の要領で、今年も七夕の日に開催することとなりました。

この度の研究会では、オスマン朝初期の歴史叙述について博士論文を作成中の山下真吾さんと、オスマン体制への移行後のエジプト村落社会の研究を進めておられる熊倉和歌子さんに報告をお願いしました。

皆様ふるってご参加ください。

「第2回オスマン史研究会」

【日時】2013 年7月7日(日)14:30~17:30
(会場の都合上、日曜日開催であることにご注意ください)
【場所】東洋文庫7階会議室(東京都文京区本駒込2-28-21)
会場アクセス:http://www.toyo-bunko.or.jp/about/access.html

【プログラム】
司会 鈴木董

14:30~15:50 山下真吾(東京大学大学院)
「バヤズィットⅡ世時代の歴史記述に見られる「興隆」と「没落」の言説―イドリース・ビトリースィーの『八天国』を中心にして―」

16:00~17:20 熊倉和歌子(日本学術振興会)
「16-17世紀エジプト・デルタ地方におけるナイルの灌漑と村落社会」

発起人:鈴木董
世話人:秋葉淳

2013年6月27日 (木)

論文集『中央アジアと新疆におけるムスリム聖者と墓廟』

とりあえず、出版のお知らせのみ。
日本の研究者も多数執筆しています。

MUSLIM SAINTS AND MAUSOLEUMS IN CENTRAL ASIA AND XINJIANG
Edited by SHINMEN Yasushi, SAWADA Minoru and WAITE Edmund Paris, July 2013

Part 1. Classification : SAWADA Minoru, Towards a Classification of Mazars in Ferghana Valley.

MUMINOV Ashirbek, Sacred Places in Central Asia: Attempts at their Historical and Theological
Interpretation. Part 2. Sources and litterature : PAPAS Alexandre. Promoting Saints and Mazars in the Tarim Basin: the Religious Policy of Afaq
Khwaja in Seventeenth-Century and its Consequences up to the Contemporary Era. KAWAHARA Yayoi. The Mazar of Qutayba ibn Muslim : A Study of Oral Traditions and Historical
Documents. Part 3. Case studies. Prophets, imams and sufis : ZARCONE Thierry, Atypical Mausoleum : the Case of the Solomon Throne (Kyrgyzstan): Qadam-jay,
Jinn-Cult and Itinerary-Pilgrimage. ABASHIN Sergey, Mazars of Boboi-ob : Typical and Untypical Features of Holy Places in Central Asia. SHINMEN Yasushi, KAWAHARA Yayoi, Buzurg Khan Tora and His Mausoleum at the Katta Kenagas Village. Part 4. Mazar ritual activities and gender : WANG Jianshin, The Cultural Connotation of Saint Mausoleums in the Turpan Basin : An Anthropological
Approach to Uyghur Islam and Folk Beliefs. ABDULAHATOV Nadirbek, Women's Mazars in the Ferghana Valley. DAWUT Rahilä, Mazar Pilgrimage Amongst Uyghur Women in Xinji

8月19日追記:
新免さんから実物をいただきました。
ありがとうございました。

2013年6月25日 (火)

共同研究課題「近世イスラーム国家と多元的社会」2013年度第一回研究会

下記の通り、今年度第一回の研究会を開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。



日時:2013年7月21日(日) 13:00~18:00 場所:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 大会議室(303)
(府中市朝日町3-11-1)

1)松尾有里子氏(AA研共同研究員、お茶の水女子大学) 「オスマン帝国治下ボスニアの地方法廷-17世紀モスタル法廷の記録を中心に-」

2)磯貝健一氏(AA研共同研究員、追手門学院大学) 「カーディーとタズキラ―ロシア領中央アジアのシャリーア法廷裁判文書の作成過程―」
3)Prof. Mansur SEFATGOL(Visiting Professor, ILCAA; Professor, University of Tehran) "Persian Historical Writing in Central Asia During the Transitional Period: A Case Study of
the Early Manghit  History of Tuhfat al-Khani (Tarikh-e Rahim Khani) " 使用言語:日本語・英語
参加自由・無料

2013年6月23日 (日)

シンポジウム「シーア・スンナ関係」@ライデン大学

すでに終わったシンポジウムですが、ペーパー一覧だけ載せておきます。
いくつか面白そうなものもあります。

The Shiite and Sunnite Liaison
Religious and Literary Interactions between the Ottoman and Safavid Empires
Wednesday 15 December 2010
Leiden University

Colin H. Imber (University of Manchester)
“Ottoman propaganda against the kızılbaş: Sarı Görez, Ebu’s-su‘ud and Celalzade”
Sonja Brentjes (University of Seville)
“The Mathematical Sciences under the Ottomans and the Safavids: Similarities and
Differences”
Nasrollah Pourjavady (University of Tehran)
“A Persian Literary Circle in Bursa”
Ferenc Csirkés (University of Chicago)
“The Persian Background of Messianic Discourse in Shah Ismail Khatayi’s Turkish
Poetry”
Amir Hosein Pourjavady (University of Tehran)
“The Repertoire of Songs in Ottoman and Safavid Courts”
Petra de Bruijn (Leiden University)
“Red Peril. Persian versus Ottoman miniature painting in Orhan Pamuk’s
My Name is Red”
Mahnia Nematollahi Mahani (Leiden University)
“Šāh Tahmāsb Political Policy against the ExternalFoes”
Jan Schmidt (Leiden University)
“Learning, Reading and Writing Persian in the Ottoman Empire”

2013年6月21日 (金)

新刊『近世イスラームにおける時』

Stephen P. Blake. Time in Early Modern Islam.
New York: Cambridge University Press. 2013 209p.
Time028
Contents
Introduction
1. Safavid, Mughal and Ottoman empires
2. Calendar
3. Ceremony
4. Chronology: era
5. Chronology: millenarian.
6. Conclusion

近世イスラーム諸国家を対象として、しかも「とき」という興味深いテーマを扱っている書物です。ただ、ぱらぱら見ただけですが、テーマと対象の面白さに比して、それぞれの部分はわりと皮相的に見えてしまいます。
書評するにはいいかもしれません。誰か、挑戦しませんか。

2013年6月18日 (火)

発表者募集「ウィーン・イラン学研究所10周年記念シンポジウム」

Call for Papers
Conference on Cultural Change in Iran and Iranianate Societies

Convenor:
Institute of Iranian Studies of the Austrian Academy of Sciences

Date: 9 – 11 September 2013
Venue:
Vienna, Austria
Austrian Academy of Sciences
Theatersaal, Sonnenfelsgasse 19, 1010 Vienna and Institute of Iranian Studies, Apostelgasse 23, 1030 Vienna

The Institute for Iranian Studies at the Austrian Academy of Sciences invites proposals for a symposium on Cultural Change in Iran and Iranianate Societies, to be held in conjunction with the 10th anniversary of the institute.

Due to the limited number of speaking slots, prospective participants who wish to attend at their own expenses will be selected on the basis of abstracts of their papers. Abstracts of ca. 150-200 words will be accepted by email to iran.office@oeaw.ac.at until 15 July 2013. Notifications of acceptance will be sent before 31 July 2013. We explicitly encourage advanced graduate students and recent post-docs to consider this opportunity for presenting their research to an international group of scholars in an intensive symposium atmosphere.

The Institute for Iranian Studies began its research activity in 2003. Its core research program aims at exploring cultural processes in Iranianate societies. Proposals should reflect one or more aspects of the institute’s main research foci: Literary Cultures, Visual Cultures, Archives and Cultures of Documentation, Regional/Transregional and Inter/Transcultural aspects, Iran and Europe, Old Iranian Philology and Indo-Iranian Linguistics. We especially encourage proposals relating to one of the following themes :

(1) Literary Cultures : Reconsidering the role of literary cultures within the scope of Iranian studies (applicability and fruitfulness of philology, microtextual analysis and literary theory ; exploring perspectives of the study of literature in transdisciplinary approaches)

(2) Visual Cultures: Integrative approaches to art as an historical source (architecture and its representation in text and image; the image and its enemies; transregional and transcultural connections of Iran in the arts)

(3) Islamic Law in Persianate Societies (changes in legal compositional genres; legal pluralism; “Qadi justice” vs. “Sultanic justice”)

(4) Constituting Space: Texts as maps and manifestations of territory (texts as bearers of territorial notions and concepts; textual media as indicators of space; the “literary space”)

(5) Iran and Europe: political, intellectual, visual and literary encounters between Iran and Europe, 1400-1925

(6) Old Iranian, Middle Iranian and Indo-Iranian languages in historical and comparative perspectives, including stylistics, poetics and literary traditions.

For more information on the Institute of Iranian Studies see http://www.oeaw.ac.at/iran/ or contact us at iran.office@oeaw.ac.at

2013年6月16日 (日)

新刊『イラン貨幣史』

Rudi Matthee, Willem Floor and Patrick Clawson
The Monetary History Of Persia: From the Safavids to the Qajars.
London and New York: Tauris, 2013. 290p.

Manetary2

イランの貨幣史については、長らく、Rabinoの二著(Coins, medals, and seals of the Shâhs of Îrân, 1500-1941; Album of coins, medals, and seals of the Shâhs of Îrân, 1500-1948)がレファレンスとして用いられてきました。どちらもかなり古い文献で、かつ入手が難しかったです。本書はこれに取って代わるものとなるでしょう。

2013年6月15日 (土)

言語研修 ウズベク語

AA研の言語研修ですが、ウズベク語は5名ほどあきがあるそうです。 なお、アルメニア語は大人気で締め切りました。


1. 募集言語
ウズベク語
2. 募集人員各言語 約10名
3. 募集期間 第二次:2013年6月3日(月)~ 2013年6月28日(金)
郵送の場合は,6月28日(金)当日消印有効
4. 応募資格上記の目的に必要な学力及び社会的経験を有する人。
5. 応募方法所定の受講申込書に記入の上,在学証明書又は最終学校の卒業証明書(写)を添えて,下記「11.申込み先」に申し込んで下さい。
※申し込み方法は,直接持ち込みまたは郵送のみとします。
※封筒の表に「言語研修○○語申し込み」と朱書き願います。
申込書:wordファイル
6. 選考方法当研究所で書類審査により選考します。
7. 選考結果受講の可否は,6月下旬までに本人あてに通知します。(第一次募集)
第二次募集については,7月上旬に本人あてに通知します。
8. 受講手続受講を許可された者は,7月17日(水)までに,研修言語ごとに定められた額の受講料を一括納付して下さい(受講料額:各言語別記参照)。
選考結果とともに郵送します本研究所所定の用紙にて御納入下さい。
9. 修了証書所定の課程を履修した方には,審査のうえ修了証書を交付します。
10. そ の 他文化講演として,担当講師以外の外部講師を招いた授業を取り入れています。
11. 申込み先東京外国語大学/研究協力課共同研究拠点係
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
TEL 042-330-5603, FAX 042-330-5610
Email kenkyu-zenkoku[at]tufs.ac.jp [at]を@に置き換えて下さい。
研修期間
2013年8月6日(火)~ 2013年9月6日(金)
午前10時00分 ~ 午後5時00分(土日祝日および8月14日~16日は除く)

研修時間
125時間

研修会場
大阪大学箕面キャンパス
(〒562-8558 大阪府箕面市粟生間谷東8-1-1)

講師
中嶋善輝(大阪大学大学院言語文化研究科講師)
藤家洋昭(大阪大学大学院言語文化研究科准教授)
Juliboy Eltazarov (Visiting Professor, Mugla University, Department of Contemporary Turkic Languages and Literatures)

受講料
75,000円(教材費込み)

2013年6月 6日 (木)

詩人伝『愛の刃針』

حسین قلی خان عظیم آبادی. تذکرۀ نشتر عشق.

تصحیح سید کمال حاجی سید جوادی.تهران: میراث مکتوب. 2013.

چهار جلدی.

Img027

1233/1818年にインドで著された詩人伝です。著者の先祖はホラーサーン出身、本人はパトナ生まれ。
以前、タジキスタンで刊本が出ていましたが、入手が困難でした。

ミーラーセ・マクトゥーブも財政難だと聞いていますが、がんばって欲しいものです。


2013年6月 3日 (月)

研究書『サファヴィー朝の強大化・弱体化におけるキジルバシュ部族の役割』

سجاد نظری. نقش ایلات قزلباش در تشدید و تضغیف قدرت حکومت صفویان.
تهران: انتشارات زاگرو. 1390

ペルシア語ででキジルバシュに関する研究書はSümerのペルシア語訳以外は知りませんでした。 その意味で期待されるのですが、150頁足らずの薄い本です。 内容的にも、ヒジュラ暦1000年(西暦1591年)まで終わっています。 本格的な研究書が書かれるまでには、もう少し待たなければいけないようです。

Img026

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ