« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

平成25年度中東☆イスラーム教育セミナーのご案内

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所では、今年度も下記の要領で全
国の大学院生を対象とした「中東☆イスラーム教育セミナー」を開催し、受講生
を募集いたします。
なお、このセミナーは、地域研究コンソーシアムの協賛を受けて行われるものです。

大学院生の皆様の積極的なご応募をお待ちしております。

  記

1. 開催期間  平成25年9月20日(金)~23日(月・祝)の4日間

2. プログラム  6名の講師によるそれぞれ1時間の講義+受講者の中の希望者に
よる40分程度の研究発表

講師(敬称略)  深見奈緒子(イスラーム建築史),保坂修司(ペルシャ湾岸
地域近現代史・中東メディア論),長谷部史彦(アラブ中近世史),床呂郁哉
(人類学:東南アジア研究),近藤信彰(イラン史,ペルシア語文化圏研究),
村上薫(トルコ地域研究)

3. 開催場所  東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 (東京都府中
市朝日町3-11-1)

4. 応募資格 イスラームもしくは中東に関連する人文・社会科学研究(地域研
究・歴史学・人類学・政治学・経済学・社会学・国際関係論・移民研究など。た
とえ ば「東南アジアにおけるイスラーム教育」「ヨーロッパのムスリム移民」
なども含む)を志す大学院生、またはそれに相当する研究歴を持つ者で、受講
期間を通じて講義に出席し、討論に積極的に参加する意思を持つ者。

5. 募集人員  約25名。

6. 受講料    無料。

7. 応募締切 平成24年6月21日(金)(当日消印有効)

応募方法については以下のサイトをご覧ください。
過去のプログラム・参加者の感想もこちらに掲載されています。
http://meis2.aacore.jp/meis_educational_seminar

2013年4月26日 (金)

『東洋史研究』71巻3号

関係論文が多いので、目次を全部載せます。塩谷くんの名前が一瞬読めませんでした。

--------------------------------------------------------
第71巻第3号(2012年12月)
特集 ポスト・モンゴル時代のアフロ・ユーラシア
論説
片桐 宏道  ダライラマ五世の命令文定型化とその影響
秋山   徹  ロシア統治下におけるクルグズ首領層の權威について――遊牧世界とイスラーム世界の間で――
盬谷 哲史  ハンと企業家――ラウザーン荘の成立と終焉1913-1915――
眞下 裕之  ムガル帝國におけるバフシ職について――大バフシ職の運用における人的要因――
岩本 佳子  ルメリのユリュクから征服者の子孫たちへ――オスマン朝における準軍人身分の「遊牧民」の成立と展開
学会展望
合田 昌史  ポスト・モンゴル時代の海洋インテリジェンス――16世紀前半ポルトガルの地図と海事書をめぐって――
小澤   實  モンゴル帝国期以降のヨーロッパとユーラシア世界との交渉
紹介
濱本 真実  A. V. Beliakov, Chingisidy v Rossii XV-XVII vekov: prosopograficheskoe issledovanie『十五―十七世紀ロシアのチンギス裔―プロソポグラフィー的研究』)

2013年4月24日 (水)

連続講演会「サファヴィー朝期の美術と宗教」

 
 

Dans le cadre des conférences de M. Mohammad Ali AMIR-MOEZZI,

Exgèse et Théologie de l'Islam Shi'ite

Mme Christiane GRUBER
Université de Michigan - Ann Arbor
Directrice d'études invitée
donnera quatre conférences sur le thème

Art et religion en Iran, de l'époque safavide à nos jours

1. Le jugement dernier et l'enfer dans la peinture safavide
Le lundi 13 mai 2013, de 11h00 à 13h00, salle 117.

2. Les peintures safavides de l'ascension céleste du Prophète
Le vendredi 17 mai 2013, de 10h00 à 12h00, salle 116.

3. La divination par le Coran pendant la période safavide
Le jeudi 23 mai 2013, de 17h00 à 19h00, salle 121.

4. Produits prophétiques : le prophète Muhammad dans la culture visuelle de l'Iran contemporain
Le vendredi 24 mai 2013, de 10h00 à 12h00, salle 116.

Lieu: 

Bâtiment Le France : 190, avenue de France - 75013 Paris - 1er étage


2013年4月22日 (月)

抜刷拝受

黒田卓「18世紀後半インド在住--イラン家系出自ムスリムの訪欧旅行記」
『国際文化研究論集』20 (2012): 95-113.

黒田さん、ありがとうございました。
18世紀後半のインドのペルシア語書記層のあり方が興味深いです。

ついでに、似た方向性の研究としてイランに関するものですが、

Naghmeh Sohrabi.
Taken for Wonder: Nineteenth-Century Travel Accounts from Iran to Europe.
Oxford: Oxford University Press. 2012

も最近入手したことを付記しておきます。

2013年4月19日 (金)

アラビア文字紀年銘(クロノグラム)変換プログラム

髙松さんのお仕事です。

ペルシア語文学、オスマン語文学では、年代を詩の形で詠み込むことがしばしばありました。
アラビア文字の数価を合計して、年代とするのです。これまでは、鉛筆を片手に足し算をしていたのですが、よく間違えることがあり、何度もやり直すはめに陥りました。

このプログラムは、入力すれば自動で計算してくれるすぐれものです。

http://coe.aa.tufs.ac.jp/abjad/JP/?page_id=23

2013年4月17日 (水)

サファヴィー朝史料研究会のお知らせ4

次回のサファヴィー朝史料研究会は、5月13日(月)14:00~16:00、アジア・アフリカ言語文化研究所マルチメディア会議室(306)で開催予定です。

Afzal al-tavarikh vol.3のfolio.4a  12行目の終わりから開始します。

新たに参加希望の方は近藤までご連絡ください。

2013年4月15日 (月)

日本中東学会第29回年次大会プログラムより

オスマン関係の発表が多いです。多少かぶっているのが残念です。

他のプログラムについては、こちら

5月12日(日) 大阪大学豊中キャンパス文法経講義棟
-------------------------------------------------------------------
第1会場
9:00~9:40小笠原弘幸(東洋大学・非常勤講師)
「愛国」なき国民史­オスマン帝国-アブデュルハミトニ世専制下における歴史教科書の分析
9:40~10:20宇野陽子(津田塾大学)
抵抗運動から国民解放戦争ヘー第一次世界大戦後オスマン帝国における政治運勁の多様性と糾合
10:30~11:10今野毅(北海学園大学・非常勤講師)
1691年ジズヤ改革にいたる地方の財政事情-­16­17世紀アルバニアにおけるジズヤの税額と納税額の分析から
11:10~11:50奥美穂子(明治大学)
16世紀オスマン帝国の「王の祝祭」にみる贈与と返礼-贈物供出から恩賞授与,国庫納入の過程まで
15:10~15:50川本智史(学振PD東京外国語大学)
イスタンブル旧宮殿の研究

第2会場
9:40~10:20秋葉淳(千葉大学)
カーディーの町、カーディーの村:18世紀~19世紀初頭オスマン社会における支配者層参入の道
10:30~11:10松尾有里子(お茶の水女子大学)
16­17世紀オスマン朝治下のボスニア・ヘルツェゴヴィナサラエヴオとモスタル法廷の記録を中心に

第3会場
9:40~10:20近藤信彰(アジア・アフリカ言語文化研究所)
サファヴィー朝後期の中央・地方関係­『王達の慣わし』新写本に基づいて

2013年4月12日 (金)

イラン・イスラーム史DVD-ROM

Markaz-e Tahqiqat-e Kampyuturi-e `Olum-e Ensani
Tarikh-e Iran-e Islami

カタログはこちら

自分で買った覚えはないのですが、研究室にあるのを発見しました。
たぶん、友人がくれたものだと思います。
276タイトル、472巻の歴史関係の文献が収められています。かなりの史料が収められています。テキスト検索もできるので便利です。
日本語Windows 7でも、ちゃんと動いています。

2013年4月 9日 (火)

第8回研究会の報告要旨

第8回研究会の報告要旨がウェッブサイトに掲載されました。
ご提出ありがとうございました。

http://meis2.aacore.jp/?p=5461
http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/projects/jrp/jrp183#jrp18308

2013年4月 8日 (月)

サマルカンド博物館の文書カタログ

Thomas Welsford and Nouryaghdi Tashev
A Catalogue of Arabic-script Documents from the Samarqand Museium.
Samarqand: International Institute for Central Asian Studies.  2012.

Img012

大塚さんに図書館寄贈用にいただきました。
文書の内容までわかる詳しいカタログです。
19世紀から20世紀初めの法廷文書も多数含まれています。
編者の2人を知っているので、感慨深いです。

2013年4月 5日 (金)

スィヤーク講座@Marburg University

Summer Intensive Course:
"Reading Siyaq!
The Secret         Script of Iranian Chanceries",
19-23 August 2013

   

The Iranian         Studies Department at the University of Marburg organizes a         summer intensive course teaching Persian siyaq to         graduate students and researchers.

   

For centuries,         all accounting in state chanceries and divans of the Middle East         has been conducted through a modified system of Arabic numerals,         a kind of shorthand known as siyaq. For anyone         interested in first-hand archival sources treating questions of         social and economic history, a basic knowledge of this script is         indispensable.
      

       

Deadline       for applications is 15 May 2013. More         information on
http://www.uni-marburg.de/cnms/iranistik/siyaq

2013年4月 2日 (火)

サファヴィー朝史料研究会のお知らせ3

次回のサファヴィー朝史料研究会は、4月15日(月)14:00-16:00、AA研のセミナー室(301)で行います。FuzaniのAfzal al-Tavarikh vol.3 のfolio 3bからです。

参加されたい方は、近藤までご連絡ください。

(4/6 会場変更しました。小会議室(302)で行います)。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ