« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

新刊 『ナイル・デルタの環境と文明 II 』

最近いただきました。
ありがとうございました。

長谷部史彦編 『ナイル・デルタの環境と文明 II 』 早稲田大学イスラーム地域研究機構.2013年3月.

16世紀のナイル灌漑と村落社会--ガルビーヤ県の事例
                             熊倉和歌子

議会議事録を通じて見た立憲王制時代のナイル・デルタ
--1920-30年代の排水事業を中心に
                             勝沼 聡

定量評価によるナイル・デルタ エリアの住環境アセスメントと時代性の理解
--自然灌漑から人工灌漑への変化と居住エリア拡大の諸相
                             津村 宏臣

オスマン朝時代のアレキサンドリア-- 923~1213/1517~1798年
          フサーム・ムハンマド・アブドゥル=ムウティー
          (アラビア語原文および太田(塚田)絵里奈による和訳)

2013年3月29日 (金)

イラン研究会プログラム2013

33回イラン研究会プログラム

日時: 平成25年3月30日(土) 午後1時から5時
             31日(日) 午前9時から午後4時
場所: 大阪大学会館(豊中キャンパス) セミナー室1

 330()

午後1時     開会

午後115分  井上貴恵 「ゴルシャネ・ラーズ、エシュク()考」

午後215分  遠藤健太郎 「イスラームと立憲制のはざまで(フーザーニー著『イスラーム立憲制論』を中心に)」()

午後
330分  Shorblagh Behnam Jahedzadeh 「日本語とペルシア語における構文の並列について」()

午後430分  佐野東生 「シーア派イスラームとの交流について」()

午後6時~  懇親会(於:池田市石橋「活魚・季節の一品料理 かさ家」)

331()

午前9時   コンフェッション1

午前10時  Kinga Markus Takeshita “Love, death and desire in the fiction of Sadeq Chubak”

午前11時  鈴木珠里 「フォルーグ・ファッロフザードの映画活動について」()

午前12時  昼食休憩 (~午後1時)

午後1時   徳原靖浩 「アフマド・マフムードのHamsayehaについて」(仮)

午後2時   中村菜穂 「イラン現代詩における新たな詩的言語の探求」()

午後315分頃  コンフェッション2

午後
4時頃  閉会

2013年3月26日 (火)

中東古地図遊覧――中東の古地図をグーグルマップに重ねてみる

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所では、企画展示「中東古地図遊覧―中東の古地図をグーグルマップに重ねてみる」を開催しております。
19世紀初め―20世紀初めの古地図6点を展示するとともに、それらの地図も含め中東主要都市の古地図をグーグルマップに重ね合わせた「多層ベースマップシステム」を使い、中東の現在と過去をめぐる旅を体験していただくものです。

日時:2013年3月25日(月)~2013年5月31日(金) 10時30分より17時まで (土日・祝日は休場)
入場無料
会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所1階資料展示室

詳しくは次のサイトをご覧ください。
みなさまのご来場・ご高覧をお待ちしております。

2013年3月24日 (日)

東洋文庫アカデミア:トルコ語の世界(初級)

共同研究員の齋藤さんが講師をされる予定です。

講座概要
近年経済発展が著しいトルコは、ネクスト・イレブンとして、いま最も注目されている国のひとつです。そして、トルコ最大の都市イスタンブールは、古来よりアジアとヨーロッパを結ぶ東西の架け橋として、多くの人を魅了してきました。本講座では、トルコの公用語であるトルコ語の基礎文法とともに、旅行の際に役立つ簡単な日常会話についても学びます。

講師:齋藤久美子    (慶応義塾大学非常勤講師)

期間: 5/8〜7/10 水曜日 15:00〜16:30
   

回数:全10回
受講料:計20,000円

http://www.toyo-bunko.or.jp/academia/academia/lecture30503.html

内容、更新しました(4/26)

2013年3月19日 (火)

サファヴィー朝史料研究会のお知らせ2

次回のサファヴィー朝史料研究会は、4月1日(月)14:00-16:00、AA研のセミナー室(301)で行います。FuzaniのAfzal al-Tavarikh vol.3を扱っています。

参加されたい方は、近藤までご連絡ください。

2013年3月18日 (月)

発表者募集:国際イラン学会第10回隔年大会 IN モントリオール

先日イスタンブルの大会が終わったと思ったら、もうモントリオール大会の発表者募集です。

The International Society for Iranian Studies (ISIS)

 

TENTH BIENNIAL IRANIAN STUDIES CONFERENCE

 

Montréal, Québec, Canada, Hilton Bonaventure Hotel

Wednesday August 6, 2014- Sunday August 10, 2014

Conference Information

 

The International Society for Iranian Studies (ISIS) is pleased to announce that the Tenth Biennial Iranian Studies conference will be held in Montréal, Québec, Canada from August 6-10, 2014 at the Hilton Bonaventure hotel. Onsite registration begins on the 6th and the program extends until the evening of the 9th.

 

With over 25,000 Persian-speaking inhabitants, Montréal is home to one of the most vibrant communities in the global Iranian diaspora. As a centre for higher learning, Montréal is second only to Boston in all of North America, with four internationally-known universities and more than two dozen colleges. Famous for its superb restaurants and endless nightlife, Montréal is one of the world’s most lively and multicultural cities.

 

The Hilton Bonaventure hotel is an architectural gem reflecting Montréal’s unique identity and forward-looking culture. With a courtyard design occupying two levels above the centre city, its plush, quiet, modern rooms look out onto a lush, one hectare Zen-inspired rooftop garden featuring several small waterfalls and a heated pool. The hotel is connected to Montréal’s celebrated “underground city” and excellent metro system, minutes away by foot from the shops of St.-Catherine Street, the cultural life of the Place-des-Arts, and the old world charm of Vieux Montréal.

 

Conference Chair: Richard Foltz, Director, Centre for Iranian Studies, Concordia University
Program Chair: Marta Simidchieva, York University, Toronto

Chair McGill University Event: Rula Abisaab, Institute of Islamic Studies, McGill University

Host institutions: Centre for Iranian Studies, Concordia University; Institute of Islamic Studies, McGill University

 

CALL FOR PAPERS

 

The organizers of the 10th Biennial Conference of the International Society for Iranian Studies (ISIS) invite proposals for pre-arranged panels and individual presentations in all subfields of Iranian studies. The primary language of the conference is English, but papers in Persian will be considered as well. All proposals must be submitted electronically, through the ISIS website, on special forms which will become available on the website as the submission process begins. Independent Paper proposals should include a bio of the presenter (a paragraph of no more than 200 words), and an abstract of the paper limited to a paragraph of no more than 400 words, outlining the central theme and main argument of the presentation.   

 

Convenors of pre-organized panels should submit a personal bio and a panel proposal outlining the central theme of the panel, and indicating how the individual presentations relate to that theme. The format and word count are as those for independent paper proposals.  Panel members must submit personally their own bios and abstracts, which follow the format of the independent paper proposal, but include also the title of the panel. Ordinarily panels comprise four presentations, but panels with three presenters will also be considered. In the latter case, the organizers may suggest to the panel convenor a fourth member, whose independent proposal is congruent with the topic of the panel.

 

Deadlines: The submission process will start on April 1, 2013, and will continue till May 31, 2013, 11:59 pm Pacific Time-zone (Greenwich Mean Time minus 8 hours). Detailed step-by-step guidelines on how proposals should be submitted will be posted on the ISIS website when the submissions web-page is opened. Applicants for the 10th ISIS Conference in Montreal must be current members of ISIS, and must preregister for the conference.  ISIS membership can be obtained by accessing the “Membership” page of the ISIS website at http://iranianstudies.com/membership

 

Adjudication: Pre-arranged panels and independent paper proposals undergo a peer-review process by a Program Committee of scholars, whose names and academic affiliations will be published on the ISIS website after the closing of the submissions process. All applicants will be notified of the status of their proposals in the fall of 2013, so that the approved candidates will have sufficient time to arrange funding through their institutions, or to apply for Canadian entry visas (where applicable).

2013年3月15日 (金)

ワークショップ「中央ユーラシアにおける社会秩序の変成―歴史、記憶、日常生活―」

このたび、本年度 より開始される筑波-DAAD(ドイツ学術交流会)共同研究プログラ ム、および「ユーラシア諸帝国における君主と軍事集団の展開研究」(九州大学)の活動の一環として、標記のワークショップを開催することとなりました。なお、ワークショップは英語で行われます。

 皆様におかれましてはご多忙の中かとは存じますが、奮ってのご参加をお待ち申し上げ ております。

日時:2013年3月23日(土) 12:00~18:00

会場:筑波大学総 合研究棟A111 (Laboratory of Advanced Studies A, Room 111)

(地図: http://www.tsukuba.ac.jp/access/map_central.html)

ワークショップ題目:Transforming Social Orders in Central Eurasia: History, Memory and Everyday Life

プログラム:
Transforming Social Orders in Central Eurasia:
History, Memory and Everyday Life

Chairs: Tsypylma Darieva and Hirotake Maeda

12.00                   Welcome by Timur Dadabaev and Tsypylma Darieva

12:15-12.45         Hirotake Maeda (Tokyo Metropolitan University)
Caucasians in the Imperial Spaces: The Safavid and Ottoman Experiences

12.45-13.15         Gocha Saitidze (Georgian National Centre of Manuscripts)
From a History of Georgian Military Organization in the Second Half of XVIII Century (Activities of King Erekle II)

13.15-13.45         Hayrapet Margaryan (Yerevan State University)
Intercultural and Interreligious Relations between Aristocratic Families of the Christian Caucasus and the Central Eurasia in the XIII-XIV centuries (in Russian with English abstract)

 

14.30-15.00         Roland Hardenberg (University of Tübingen)
Collective, Communicative and Cultural Memories: Local Historiography from Northern Kyrgyzstan

15.00-15.30         Timur Dadabaev (University of Tsukuba),
Selectivity in Recalling Soviet Past in Central Asia: Re-collecting, Reflecting and Re-imagining

15.30-16.00         Natsuko Oka (Institute of Developing Economies)
Everyday Corruption in Kazakhstan: An Ethnographic Analysis of Informal Practices

16.15-16.45         Susanne Fehlings (University of Tübingen)
The Formal and Informal Orders of Housing and Construction in the Armenian Capital 

16.45-17.15         Bechtold, Louise  (University of Tübingen)
Remembering Feasts in Everyday Life: Gifts, Videos and Informal Conversations in Kyrgyzstan

17:15-17:45        Tsypylma Darieva (University of Tsukuba)
Traveller’s and Everyday Narratives on Urban Religious Places: Restoring a Mosque in Contemporary Armenia

Organized by University of Tsukuba, Tokyo Metropolitan University and Kyushu University

Supported by DAAD German Academic Service for Exchange, Special Program for Central Asia (University of Tsukuba) and JSPS Grant-in-Aid for Scientific Research (B) “Sovereigns and Military Elites in the Eurasian Empires”

2013年3月12日 (火)

『史学雑誌』122編2号

鴨野洋一郎さんの

「15世紀後半におけるフィレンツェ毛織物会社のオスマン貿易--グワンティ家の経営記録から」

が掲載されています(pp.42-65)。

オスマン朝のみならず、商品としてのサファヴィー朝の絹についてもページが割かれており、興味深いです。

2013年3月10日 (日)

サファヴィー朝史料研究会のお知らせ

アジア・アフリカ言語文化研究所基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」では、この3月よりサファヴィー朝史料研究会を開催することにしました。

当研究所のMansur Sefatgol客員教授を中心に、FuzaniのAfzal al-Tavarikh第3巻の写本を研究しようというものです。講読形式で2週間に一度開催の予定です。

次回は、3月18日(月)15:00~17:00、AA研セミナー室(301)で行います。
参加希望の方はAA研近藤までご一報ください。テキストをお送りします。

2013年3月 6日 (水)

イラン歴史協会

イランでは、研究所や大学・学部単位で学術雑誌が発行され、歴史学全体をカバーするような学会はながらく存在しませんでした。

4年前に結成された「イラン歴史協会」Anjoman-e Irani-e Tarikhは、このような意味で重要です。昨年秋にはセルジューク朝研究の学会を開催し、今年はアーバーン月(10-11月)にサファヴィー朝をテーマに学会を開くそうです。

「セルジューク朝時代のイランの文化と文明」学会についてはこちら

サファヴィー朝学会についてはこちら
Nozhat Ahmadiさんの私信では、テーマは
Research on Primary Sources, Manuscripts, and Documents
だそうです。

また、情報が入ったらアップします。

2013年3月 4日 (月)

ワークショップ「18世紀イランの歴史と歴史叙述」@Exeter大学

比較的、大物が参加するようです。

Crisis, Collapse, Militarism and Civil War: The History and Historiography of 18th Century Iran
Workshop

Saturday 16th March 2013

The Institute of Arab and Islamic Studies, University of Exeter

The Centre for Persian and Iranian Studies at the University of Exeter is presenting a workshop on the History and Historiography of 18th Century Iran, funded by the British Institute of Persian Studies.

A range of international experts on the period will present papers, including Rudi Matthee from the University of Delaware, Gene Garthwaite from Dartmouth College, Ernest Tucker from the Naval Academy, Annapolis and Edmund Herzig from Oxford. The main focus of the workshop will be on the history and historiography of the period, but speakers will also present papers on intellectual, literary and religious developments.
The event will be open to all interested scholars to attend, and especially research students in the field.

2013年3月 3日 (日)

第4回研究会終了

共同研究課題の研究会「近世イスラーム国家と多元的社会」の今年度第4回研究会が昨日終了しました。

財政・行政に関するきわめて高度な内容のご報告を2本いただきました。
渡部さん、齋藤さん、ありがとうございました。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ