« サファヴィー朝史料研究会のお知らせ | トップページ | ワークショップ「中央ユーラシアにおける社会秩序の変成―歴史、記憶、日常生活―」 »

2013年3月12日 (火)

『史学雑誌』122編2号

鴨野洋一郎さんの

「15世紀後半におけるフィレンツェ毛織物会社のオスマン貿易--グワンティ家の経営記録から」

が掲載されています(pp.42-65)。

オスマン朝のみならず、商品としてのサファヴィー朝の絹についてもページが割かれており、興味深いです。

« サファヴィー朝史料研究会のお知らせ | トップページ | ワークショップ「中央ユーラシアにおける社会秩序の変成―歴史、記憶、日常生活―」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『史学雑誌』122編2号:

« サファヴィー朝史料研究会のお知らせ | トップページ | ワークショップ「中央ユーラシアにおける社会秩序の変成―歴史、記憶、日常生活―」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ