« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

オスマン関係のオンライン・ソース

最近知った2点のみ

1. アラビア文字のトルコ語出版物の目録
Eski Harfli Türkçe Basma Eserler Bibliyografyası
http://eyayinlar.mkutup.gov.tr/cgi-bin/WebObjects/EHT

国立図書館のサイトにあります。1584-1986年の出版物をカバーするそうです。英語版もあります。同じサイトには、『ジュムフリエット』記事索引などもあります。

2. オスマン文学文献目録
The Online Bibliography of Ottoman Literature
http://www.ottomanliterature.com/
オスマン文学に関する研究の目録です。将来的には論文をダウンロードできるようになるのかもしれません。同じサイトには文学関係の新刊も紹介されています。

2013年2月25日 (月)

論文集『1500-1950年代のイランとインドの病院』

Fabrizio Speziale ed. Hospitals in Iran and India, 1500-1950s.
Leiden and Boston: Brill. 2012

前から出ていたのは知っていたのですが、ようやく手に取ることができました。
収録論文は以下の通りです。
  • Hopitaux et medecins avicenniens en Iran a l'epoque safavide / Hasan Tadjbakhsh
  • Hospitals in Safavid and Qajar Iran : An Enquiry into Their Number, Growth and Importance / Willem Floor
  • Des particuliers au service du peuple : Le role des vaqf dans la   fondation d'hopitaux en Iran au debut du XXe siecle / Omid Rezai
  • Together and Apart : Catholic Hospitals in Plural Goa / Cristiana Bastos
  • Tradition et reforme du dar al-sifā au Deccan / Fabrizio Speziale
  • Healing the People and the Princes : Hospitals, Hakims and Doctors in Bhopal / Claudia Preckel
  • Hamdard, How to Share Pain in a Muslim Way / Anna Vanzan

2013年2月22日 (金)

イスタンブル調査書1455

Halil İnalcık.
The Survey of Istanbul 1455: The Text, English Translation, Analysis of the Text Documents.
İstanbul: Türkiye Bankası. 2012.

かの有名な調査書がファクシミリ、英訳つきで出版されました。街区ごとの住宅と持ち主、教会などが記されています。もちろん、ギリシア系の名前が圧倒的です。
また、知らなかったのですが、調査書の出だしが完全にペルシア語です。

他の都市との比較のためにも,有意義でしょう。



2013年2月19日 (火)

シンポジウム「翻訳、翻訳者、改宗者:17世紀オスマン帝国における知識の伝達」

以前、発表者募集を紹介した学会のプログラムができました。

--------------------------------------------------------------------
TRANSLATIONS, TRANSLATORS, AND CONVERTS: TRANSMISSION OF KNOWLEDGE IN THE SEVENTEENTH CENTURY OTTOMAN LANDS

Friday, March 1, 2013 – Saturday, March 2, 2013 (all day)
Classics Building, Room 110
1010 East 59th Street, Chicago, IL

MARCH 1
9:00-9:15 Hakan Karateke. University of Chicago
Opening Remarks

9:15-10:00 Cornell Fleischer. University of Chicago
Keynote: Translations: The Sixteenth Century Background

10:30-11:00 Martin Jacobs. Washington University in St. Louis
Translation as Subversion: A Jewish Scholar Quotes Islamic Sources
during the Sabbatean Crisis

11:30-12:00 Brandon Marriott. Oxford University
The Words of the Jewish Messiah, the Pens of European Christians

2:00-2:30 Miri Shefer-Mossensohn. Tel Aviv University
Translation as a Social Activity: Between Elitism and Marginality

2:30-3:00 John-Paul Ghobrial. Balliol College, University of Oxford
The Collaborators: Elias of Babylon and other Eastern Christian
Translators of European Works in the Seventeenth Century

3:00-3:30 Rosita D’Amora. Università del Salento
Thus Spoke Ḥusayn Efendi, ‘Man of Thousand Skills’: On Coffee and
Textual Interactions at the end of Seventeenth Century

4:00-4:30 Judith Haug. Westfälische Wilhelms-Universität Münster
Alî Ufkî, Translator of Words and Music

MARCH 2
10:00-10:30 Gottfried Hagen. University of Michigan
The Cultural Conversion of Meḥmed İhlâsî, Translator

10:30-11:00 Sonja Brentjes. Max-Planck-Institut für Wissenschaftsgeschichte
Multinational Cooperation in Early Modern Istanbul: Fantasy or Reality?

11:00-11:30 Alexander Bevilacqua. Princeton University
Reading Kâtib Çelebî in Paris

2013年2月16日 (土)

西南アジア研究 77号(2012/9)

奥付では昨年9月発行です。

------------------------------------------------------------------------

アッバース朝期バグダードにおける教友呪詛               清 水 和 裕

ミール・アリーシールと"ウイグルのバフシ"                 久  保  一  之

初期マラーター王国とマンサブダーリー・システムについての覚書    末 広 朗 子

20th Symposium of the lnternational Committee for Pre-Ottoman
and Ottoman Studies (CIÉPO)に参加して                 江 川 ひかり

2013年2月13日 (水)

発表者募集「オスマン帝国の長い19世紀」

Rethinking the Long 19th Century in the Ottoman Empire

The Ottoman Studies Group at Oxford (OSGO), in cooperation with Ertegun House and the Middle East Center (MEC) at St. Antony’s College, is organizing a one-day graduate workshop in Ottoman Studies at the University of Oxford on May 11th, 2013. This one-day workshop aims to provide a forum for graduate students who focus on the Ottoman Empire from the late 18th to the early 20th century to present their research, exchange ideas and develop scholarly networks. Keynote speaker Professor Benjamin Fortna will open the workings of this workshop.

We invite applications by all graduate students, who work in the humanities and social sciences. We particularly welcome applications that explore new approaches to Ottoman Studies in the following themes:

- Policies and reforms

- Global transference of knowledge / intellectual history

- Identity (ethnic, religious, gender, etc.)

- Culture

Presentations should be approximately 15 minutes.

Please send your proposal (max. 300 words) for a paper along with your CV to OSGO2013@gmail.com, stating your university, department, degree you are studying for, the year you are in and contact details in your e-mail message.


The deadline for submitting an abstract is Friday, March 8th, 2013.
Notifications of acceptance will be sent out within three weeks of the abstract submission deadline.

The exact programme of the workshop will be announced by April 12th, 2013.

For additional information, please, contact us at OSGO2013@gmail.com
Location: Ertegun House
St. Giles 37A
Oxford
http://www.ox.ac.uk/ertegun/
Ottoman Studies Group at Oxford
OSGO2013@gmail.com

2013年2月10日 (日)

特別講義「オスマン帝国史入門」2013

ユヌス・エムレトルコ文化センターの特別講義「オスマン帝国史入門が、4月1日から7月29日までが前期(14回)、10月7日から1月20日までが後期(10回)で行われるそうです。鈴木董先生、お元気です。

詳細はこちらをごらんください。

Img_suzuki3

 

2013年2月 8日 (金)

締切迫る:第28回中東史と理論学会(MEHAT)年次大会 @シカゴ大

若手研究者向けの研究集会です。秋葉さんに教えていただきました。
去年のプログラムを見ると、サファヴィー朝研究者のKathryn Babayanが基調講演でした。

We are pleased to invite students and faculty to submit papers for the 28th Annual Middle East History and Theory (MEHAT) Conference, to be held May 3–5, 2013, at the University of Chicago.

We welcome a broad range of submissions from across the disciplines, including (but not limited to) anthropology, art history, cinema and media studies, economics, history, literature, philosophy, politics, religion, sociology, or any other topic concerning the Middle East from the advent of Islam to the present day.

Those wishing to participate should send a 250-word abstract to the conference organizers at mehat.chicago@gmail.com by February 15, 2013. We will accept both individual papers and prearranged themed panels; the latter is especially encouraged.

詳細は、こちら

なお、秋葉さんの受け売りですが、このページにリンクのある

Writing a Successful Annual Meeting Paper Proposal

も役に立ちそうです。

2013年2月 7日 (木)

中東・イスラーム基幹研究 研究機関研究員公募のお知らせ

 国立大学法人東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「中
東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」では,このたび,研究機
関研究員を募集いたします。

 共同利用・共同研究拠点であるアジア・アフリカ言語文化研究所では,重点的
に推進すべき研究分野について,2010年4月1日より基幹研究とし て取り組んで
います。中東・イスラーム圏の研究に関しては,2005-09年度に実施された文部
科学省特別教育研究経費「中東イスラーム研究教育 プロジェクト」をさらに発展させて,本基幹研究を実施しています。
 
 この研究員制度では,中東・イスラーム圏に関する研究において将来の活躍が
期待される若手研究者に,一定期間アジア・アフリカ言語文化研究所を 拠点と
して研究に従事しながら同基幹研究に加わっていただきます。
 
 採用予定は2013年4月1日、雇用期間は1年で2回更新可(=3年まで)、応募締切
は2月25日(消印有効)となっております

 詳細は以下のWebページをご覧ください。
http://meis2.aacore.jp/

 中東・イスラーム圏を対象とする学際的な共同研究に関心を持ち,積極的に関
わる意欲のある方の応募を期待します。

2013年2月 6日 (水)

「近世イスラーム国家と多元的社会」2012度第4回研究会

共同研究課題「近世イスラーム国家と多元的社会」2012度第4回研究会

下記の通り、今年度第4回の研究会を開催します。
今回は渡部さんと齊藤さんに、行政・財務制度を中心にお話いただきます。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。

共同研究員の方々の事務手続きが遅れており、申し訳ありません。
しばし、お待ちください。

日時:2013年3月2日(土)14:00~18:00

場所:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所.マルチメディア会議室(304)

1) 渡部良子氏(AA研共同研究員、東京大学非常勤講師)
「13-14世紀モンゴル支配期イランの財政制度と財務帳簿:ペルシア語財務技術の発展と近世への継承」

2) 齋藤久美子氏(AA研共同研究員、慶応義塾大学非常勤講師)
「ティマール制を通して見るオスマン支配」

参加自由・無料

2013年2月 5日 (火)

第11回中央アジア古文書研究セミナーのご案内

第11回中央アジア古文書研究セミナーのご案内

 下記の要領で、NIHUプログラム・イスラーム地域研究東洋文庫拠点との共催により、本年度の「中央アジア古文書研究セミナー」を開催いたします。ご興味をお持ちの皆さまには、ふるってご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

日時: 2013年3月21日(木)~22日(金)
場所: 京都外国語大学国際交流会館4階会議室(No.941)
会場アクセス:
http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/index.html

【プログラム】

■3月21日(木)
13:30~13:45 開会挨拶(堀川)、参加者自己紹介
13:45~15:25 矢島洋一「上奏書」(文書解説・講読)
15:25~15:45 コーヒーブレーク
15:45~17:30 矢島洋一「上奏書」(文書講読)
18:00~    懇親会

■3月22日(金)
10:30~12:30 磯貝健一「ロシア領トルキスタン地方における上訴関連のファトワー文
書」(文書解説・講読)
12:30~13:30 昼食
13:30~15:00 磯貝健一「ロシア領トルキスタン地方における上訴関連のファトワー文
書」(文書講読)
15:00~15:20 コーヒーブレーク
15:20~16:00 総合討論 

 参加を希望される方は、資料送付宛先を明記の上、電子メールまたは郵便にて下記までご連絡ください。古文書講読で使用する資料を事前に郵送いたします。遠方から参加される方には1泊2日(21~22日)の旅費を準備いたしますが、不要な方、宿泊されない方は、その旨ご連絡ください。出張依頼書が必要な方は、その旨ご連絡ください。参加の受付は3月7日(木)をもって締め切らせていただきます、早めのご連絡をお願い申し上げます。

堀川徹

2013年2月 2日 (土)

シンガポール国立大中東研との共催シンポ( 2/11-12)

下記の要領で上記タイトルの国際シンポジウムを開催します。

どうぞふるってご参加ください。
これはシンガポール国立大学中東研究所とAA研基幹研究「中東・イスラーム圏」との共催で、アジア・太平洋地域における中東研究の発展に寄与する共同作業を開始しようというものです。会議は公開、英語使用、参加費無料、事前連絡必要なしです。
ただし1日目の会議終了後、研究所内での会費制立食パーティにご参加希望の方は、
下記連絡先までご一報ください。
(プログラム変更 2/7)
------------------------------------------
International Symposium
"The Crisis of Stability in the Middle East"
Date: February 11 (Mon) and 12 (Tue), 2013.
Venue: Room 303, ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies
   3-11-1 Asahi-cho, Fuchu-shi, Tokyo 183-8534, JAPAN 
 

Day 1: Monday, February 11, 2013.
14:00-14:10 Opening and welcome remarks by Hidemitsu Kuroki (ILCAA, TUFS)
14:10-15:10 Michael Hudson (MEI, NUS)
                  "The Arab uprisings two years on: prospects for democratic transitions"
15:20-16:20 Aiko Nishikida (ILCAA, TUFS)
                  "Regional stability and Palestinian state"
16:30-17:30 Peter Sluglett (MEI, NUS)
                  "Minorities in Lebanon: a constant state of flux"
Chair: Masato Iizuka (ILCAA, TUFS)

18:00-20:00 Reception party
 


Day2: Tuesday, February 12, 2013.
10:30-11:30 Yasuyuki Matsunaga (TUFS) 
                  "Postrevolutionary Iran's strategic culture and its regional implications"
11:40-12:40 Taku Osoegawa (ILCAA, TUFS)
                  "State formation, transnational Identities and stability in the Levant region"
Chair: Nobuaki Kondo (ILCAA, TUFS)
 

12:40-14:00 Lunch break
 

14:00-15:00
William Harris (Otago University, Dunedin, NZ)
                  "The Syrian Uprising and the 'stability' and future of the Levant"
15:10-16:10 Ali Kadri (MEI, NUS)
                  "The many obstacles to Arab integration"
16:30-17:50 Comment by Keiko Sakai (Chiba University) followed by
                  general discussion and closing remarks by Michael Hudson
Chair: Hidemitsu Kuroki 
---------------------
Language: English (without interpretation)
Open to the public
Free of charge
Contact: Phone: 042-330-5665, e-mail: meis@aa.tufs.ac.jp
 
This symposium is cosponsored by  by MEIS2 project of ILCAA, TUFS (Research Institute for
Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies) and
MEI, NUS (Middle East Institute, National University of Singapore).

2013年2月 1日 (金)

イラン研究会のご案内2013-2

イラン研究会開催のお知らせ
昨年末にご案内申し上げましたとおり、3月30日(土)、31日(日)の二日間、大阪大学豊中キャンパスにおいて平成24年度のイラン研究会を開催致します。いつもながらのフレキシブルな会ですが、おおまかな計画は以下の通りです。
日時: 平成25年3月30日(土) 午後1時から5時
             31日(日) 午前9時から午後5時
場所: 大阪大学会館(豊中キャンパス) セミナー室1
     なお、30日夜には懇親会を開きます。
研 究会と懇親会へのご出欠およびご発表希望の有無をお知らせ頂きたく、以下のフォームを折り返しご返送頂けましたら幸いです。なお、ご発表時間は発表希望者 数にもよりますが、30分から1時間程度とお考え頂きたく存じます。また、いつものように出席者のコンフェッションの時間も取るつもりでおります。
興味のある学生さんたちにも声をかけて頂いて、裾野が広がることを期待しております。どうぞよろしくお願い申し上げます。なお、準備の都合上、2月17日(日)までのお返事にご協力頂けましたら幸甚です。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ