« イラン研究会のご案内2013-2 | トップページ | 第11回中央アジア古文書研究セミナーのご案内 »

2013年2月 2日 (土)

シンガポール国立大中東研との共催シンポ( 2/11-12)

下記の要領で上記タイトルの国際シンポジウムを開催します。

どうぞふるってご参加ください。
これはシンガポール国立大学中東研究所とAA研基幹研究「中東・イスラーム圏」との共催で、アジア・太平洋地域における中東研究の発展に寄与する共同作業を開始しようというものです。会議は公開、英語使用、参加費無料、事前連絡必要なしです。
ただし1日目の会議終了後、研究所内での会費制立食パーティにご参加希望の方は、
下記連絡先までご一報ください。
(プログラム変更 2/7)
------------------------------------------
International Symposium
"The Crisis of Stability in the Middle East"
Date: February 11 (Mon) and 12 (Tue), 2013.
Venue: Room 303, ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies
   3-11-1 Asahi-cho, Fuchu-shi, Tokyo 183-8534, JAPAN 
 

Day 1: Monday, February 11, 2013.
14:00-14:10 Opening and welcome remarks by Hidemitsu Kuroki (ILCAA, TUFS)
14:10-15:10 Michael Hudson (MEI, NUS)
                  "The Arab uprisings two years on: prospects for democratic transitions"
15:20-16:20 Aiko Nishikida (ILCAA, TUFS)
                  "Regional stability and Palestinian state"
16:30-17:30 Peter Sluglett (MEI, NUS)
                  "Minorities in Lebanon: a constant state of flux"
Chair: Masato Iizuka (ILCAA, TUFS)

18:00-20:00 Reception party
 


Day2: Tuesday, February 12, 2013.
10:30-11:30 Yasuyuki Matsunaga (TUFS) 
                  "Postrevolutionary Iran's strategic culture and its regional implications"
11:40-12:40 Taku Osoegawa (ILCAA, TUFS)
                  "State formation, transnational Identities and stability in the Levant region"
Chair: Nobuaki Kondo (ILCAA, TUFS)
 

12:40-14:00 Lunch break
 

14:00-15:00
William Harris (Otago University, Dunedin, NZ)
                  "The Syrian Uprising and the 'stability' and future of the Levant"
15:10-16:10 Ali Kadri (MEI, NUS)
                  "The many obstacles to Arab integration"
16:30-17:50 Comment by Keiko Sakai (Chiba University) followed by
                  general discussion and closing remarks by Michael Hudson
Chair: Hidemitsu Kuroki 
---------------------
Language: English (without interpretation)
Open to the public
Free of charge
Contact: Phone: 042-330-5665, e-mail: meis@aa.tufs.ac.jp
 
This symposium is cosponsored by  by MEIS2 project of ILCAA, TUFS (Research Institute for
Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies) and
MEI, NUS (Middle East Institute, National University of Singapore).

« イラン研究会のご案内2013-2 | トップページ | 第11回中央アジア古文書研究セミナーのご案内 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール国立大中東研との共催シンポ( 2/11-12):

« イラン研究会のご案内2013-2 | トップページ | 第11回中央アジア古文書研究セミナーのご案内 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ