« イラン研究会のご案内2013 | トップページ | 研究会「ハンガリーのギリシア商人:18世紀の中央ヨーロッパとオスマン帝国をめぐって」 »

2013年1月17日 (木)

ラハセン・ダーイフ氏関係国際ワークショップ

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所では、このたび招聘いたしまし
たラハセン・ダーイフ氏(Dr. Lahcen Daaif)に関する2度の国際ワークショップ
を開催いたします。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。

1.
日時:2013年1月23日(水)14:00-18:00
場所:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 セミナー室(301)
    (東京都府中市朝日町 3-11-1)
    アクセスについては以下のサイトを参照ください。
    http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access

発表者:ラハセン・ダーイフ氏(Dr. Lahcen Daaif)
    (歴史資料研究センター/仏国立科学研究センター)
    「法学者イブン・ハンバルは《伝統主義のイマーム》だったのか?」

司会:飯塚正人(アジア・アフリカ言語文化研究所)
使用言語:フランス語(通訳あり)  
参加申込み:不要 (公開)   
主催:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
  基幹研究 「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」


2.
日時:2013年1月24日(木)14:00-18:00
場所:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 セミナー室(301)
    (東京都府中市朝日町 3-11-1)  

発表者:ラハセン・ダーイフ氏(Dr. Lahcen Daaif)
    (歴史資料研究センター/仏国立科学研究センター)
「スース地方の伝統的なベルベル歌謡における宗教的な価値と教え:省察すべき
要素群」

コメント:堀内正樹氏(成蹊大学)
使用言語:フランス語(通訳あり)
参加申し込み:不要(公開)
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 情報資源利用研究センター
共催 同 基幹研究「人類学におけるミクローマクロ系の連関」  

« イラン研究会のご案内2013 | トップページ | 研究会「ハンガリーのギリシア商人:18世紀の中央ヨーロッパとオスマン帝国をめぐって」 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラハセン・ダーイフ氏関係国際ワークショップ:

« イラン研究会のご案内2013 | トップページ | 研究会「ハンガリーのギリシア商人:18世紀の中央ヨーロッパとオスマン帝国をめぐって」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ