« 研究書『サファヴィー朝の司法組織』 | トップページ | 国際シンポジウム「ヨーロッパ・地中海世界における諸宗教の相剋と融和」 »

2012年10月 3日 (水)

「近世イスラーム国家と多元的社会」2012年度第2回研究会

今年度第2回の研究会を、以下の通り開催いたします。
皆様のご来場をお待ちしております。
共同研究員の皆様には、事務より手続きのためのメールが送られますので、よろしくお願い申し上げます。

 記
日時:2012年10月27日(土)14:00-18:00
場所:東京外国語大学本郷サテライト3階セミナー室
    真下裕之氏(AA研共同研究員,神戸大学)
        「17世紀初頭デカン地方のペルシア語史書 Tadhkirat al-Muluk について」
    小笠原弘幸氏(AA研共同研究員,政治経済研究所研究員)
        「近代オスマン帝国における歴史教育の実相-その近世性にもふれて-」
(参加自由・無料)

« 研究書『サファヴィー朝の司法組織』 | トップページ | 国際シンポジウム「ヨーロッパ・地中海世界における諸宗教の相剋と融和」 »

共同研究課題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「近世イスラーム国家と多元的社会」2012年度第2回研究会:

« 研究書『サファヴィー朝の司法組織』 | トップページ | 国際シンポジウム「ヨーロッパ・地中海世界における諸宗教の相剋と融和」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ