« AA研フォーラム「イラン歴史資料におけるヨーロッパ人とヨーロッパ」 | トップページ | 「近世イスラーム国家と多元的社会」2012年度第2回研究会 »

2012年9月30日 (日)

研究書『サファヴィー朝の司法組織』

Fereshte Ṭabīb. Tashkīlāt-e Qażāyī-e Ṣafaviyye. Dezfūl. 1388Kh. 588p.

3年前に刊行された研究書ですが、最近入手したので紹介しておきます。

第一章が背景説明、第2章がイルハーン朝からサファヴィー朝までの司法組織、第3章がサファヴィー朝時代の地方、都市、農村における司法組織、第4章がワクフについてです。

全般に概説的ですが、それでもこういうテーマで本が出るのはすばらしい。
また、出版地がフーゼスターンのデズフールというのも驚きです。

Qazaye_safaviye


« AA研フォーラム「イラン歴史資料におけるヨーロッパ人とヨーロッパ」 | トップページ | 「近世イスラーム国家と多元的社会」2012年度第2回研究会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研究書『サファヴィー朝の司法組織』:

« AA研フォーラム「イラン歴史資料におけるヨーロッパ人とヨーロッパ」 | トップページ | 「近世イスラーム国家と多元的社会」2012年度第2回研究会 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ