« 第3回ナイル・デルタ研究会開催(9/21)のお知らせ | トップページ | 新刊『サファヴィー朝時代のイランと世界』 »

2012年9月15日 (土)

ロシアの東洋学

ロシアの東洋学は、独自の発展をしていることはよく知られています。
日本の図書館は比較的多くのロシア語の図書を所蔵していますが、それでも手に入りにくいものは多々あります。

それを多少とも補ってくれるサイトです。

Восточная Литература

http://www.vostlit.info/

たとえば、「ドキュメント」をクリックすると国別の分類があり、そこで「イラン」をクリックします。
すると3世紀から1912年までのイランに関係するロシア語の文献を読むことができます。
ガザーリーのロシア語訳やバナーカーティーのロシア語訳、アタバトゥル=カタバのロシア語訳、ヘラート史関係の文書のロシア語訳などがあります。ロシア人のイラン旅行記も複数あります。

ロシア語が得意な人には有用なサイトだと思います。

« 第3回ナイル・デルタ研究会開催(9/21)のお知らせ | トップページ | 新刊『サファヴィー朝時代のイランと世界』 »

研究ツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシアの東洋学:

« 第3回ナイル・デルタ研究会開催(9/21)のお知らせ | トップページ | 新刊『サファヴィー朝時代のイランと世界』 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ