« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

研究書『サファヴィー朝の司法組織』

Fereshte Ṭabīb. Tashkīlāt-e Qażāyī-e Ṣafaviyye. Dezfūl. 1388Kh. 588p.

3年前に刊行された研究書ですが、最近入手したので紹介しておきます。

第一章が背景説明、第2章がイルハーン朝からサファヴィー朝までの司法組織、第3章がサファヴィー朝時代の地方、都市、農村における司法組織、第4章がワクフについてです。

全般に概説的ですが、それでもこういうテーマで本が出るのはすばらしい。
また、出版地がフーゼスターンのデズフールというのも驚きです。

Qazaye_safaviye


2012年9月27日 (木)

AA研フォーラム「イラン歴史資料におけるヨーロッパ人とヨーロッパ」

AA研フォーラムのお知らせ

10月11日(木)13時30分から,下記のとおりAA研フォーラムを開催します。
公開の講演会ですので,皆様、お誘いの上ふるってご参加下さい。

日時:2012年10月11日(木) 13:30~14:30

場所:AA研マルチメディア会議室(304)

発表者:  
Mansur Sefatgol(AA研外国人研究員、University of Tehran) 発表題目: "Europian(Farangi) and Europe (Farang)  in Iranian Historiography:
A case study of the chronicles of The Safavid era (16th  - 18th centuries)" 使用言語:英語 司会者:近藤信彰(AA研所員)

2012年9月26日 (水)

論文「シャー・タフマースプのクルド政策」

共同研究員の山口さんから、抜刷をいただきました。ありがとうございました。
ヨーロッパの代表的なイラン研究の雑誌への掲載、すばらしいです。

Akihiko Yamaguchi.
Shāh Ṭahmāsp’s Kurdish Policy,” Studia Iranica 41(2012): 101-132.

2012年9月24日 (月)

論文集『オスマン帝国と前近代イランにおけるムスリム、ユダヤ教徒、キリスト教徒の間の接触と議論』

一昨年に出た本ですが、あまり所蔵機関がないので、ご紹介しておきます。今週講演会があるファイファーさんも執筆されています。

Camilla Adang – Sabine Schmidtke (Eds.)
Contacts and Controversies between Muslims, Jews and Christiansin the Ottoman Empire and Pre-Modern Iran.
Würzburg : Ergon, 2010.

 

Judith Pfeiffer:
Confessional polarization in the 17thcentury Ottoman Empire and Yūsuf İbn Ebī ʿAbdü’d-Deyyān’s Keşfü’l-esrār fī ilzāmi’l-Yehūd ve’l-aḥbār

Camilla Adang
Guided to Islam by the Torah: The
Risāla al-hādiya by ʿAbd al-Salām al-Muhtadī al-Muḥammadī

Sabine Schmidtke
Epistle forcing the Jews [to admit their error] with regard to what they contend about theTorah, by dialectical reasoning (Risālat ilzām al-yahūd  fīmā zaʿamū fīl-tawrāt min qibal ʿilm al-kalām) by al-Salām ʿAbd al-ʿAllām. A critical edition

Monika Hasenmüller
Die Beschreibung Muḥammads im Evangelium. Eine muslimische Polemik gegen die Christen ausdem osmanischen Reich (Anfang 18. Jhdt.)

Paolo Lucca:
Šabbetay Ṣewi and the Messianic Temptations of Ottoman Jews in the Seventeenth Century Accordingto Christian Armenian Sources

Elisabetta Borromeo:
Leclergé catholique face au pouvoir ottoman. Les brevets de nomination (berât) des évêques et des archevêques(17ème siècle)

Heleen Murre-van den Berg
Apostasy or ‘a House Built on Sand’. Jews, Muslims and Christiansin East-Syriac texts (1500-1850)

Rudi Matthee
The
Politics of Protection. Iberian Missionaries in Safavid Iran under Shāh ʿAbbās I (1587-1629)

Dennis Halft
Schiitische Polemik gegen das Christentum im safawidi-schen Iran des 11./17. Jhdts. Sayyid Aḥmad ʿAlawīs Lawāmiʿ-i rabbānī dar radd-i šubha-yi naṣrānī

Reza Pourjavady – Sabine Schmidtke:
Sayyid Muḥammad Mahdī al-Burūjirdī al-Ṭabāṭabāʾī’s (d. 1212/1797) debate with the Jews of Dhu l-Kifl. A survey of its transmission, withcritical editions of its Arabic and Persian versions

Vera  B. Moreen
Iranian Jewish History Reflected in Judaeo-Persian Literature

2012年9月22日 (土)

論文「16世紀末におけるムカータア制度の運営と監理」

共同研究員の清水保尚さんに抜き刷りをいただきました。
ありがとうございました。

1999年にAA研のジャーナルに掲載されたご論文の英語改訂版です。

Yasuhisa Shimizu.
“On the Operation and Supervision of the
Muḳâṭa‘ System under the Ottoman Empire during the Late Sixteenth Century: An Analysis of Documents Related to the Finance Department of  Ḥaleb.”
Memoir of the Research Department of the Toyo Bunko 69(2011): 129-155.

2012年9月20日 (木)

研究会「近現代の中央アジア山岳高原部における宗教文化と政治に関する基礎研究」

 
イスラーム地域研究東京大学拠点公募研究
「近現代の中央アジア山岳高原部における宗教文化と政治に関する基礎研究」平成24年度第2回研究会
International Conference "Basic Research on Religions Culture and Politics in Central Asian Mountain Areas in the Last Three Centuries"
Organizer: Islamic Area Studies Center at the University of Tokyo (TIAS)

日時:2012年9月29日(土)14:00-17:00
Date: 29 September 2012, 14:00-17:00

会場:東京大学東洋文化研究所3階大会議室
Venue: Main Conference Room, 2nd floor, Institute for Advanced Studies on Asia, Hongo Campus, the University of Tokyo
 
Chairperson: 稲葉穣Inaba Minoru (Professor at Kyoto University)
Reports and Comment:
1. 澤田稔Sawada Minoru (Professor at the University of Toyama), "Badakhshan project and its activities"
2. Umed Sherzadshaev (Lecturer at the University of Central Asia, Khorog, Tajikistan), "Girdovari va tahqiqi asnodi ta'rikhii Pomir"(「パミール史関連文書の収集と研究」)(日本語通訳付き)
3. Comment by Stephane A. Dudoignon (Senior Research Fellow at the CNRS, Lecturer at the EHESS and the IISMM, Paris)
 
参加申し込みは不要です。

2012年9月18日 (火)

新刊『サファヴィー朝時代のイランと世界』

2002年にSOAS行われたシンポジウムの論文集です。ついに刊行されました。
ファローキーやスブラフマニヤムといった隣接地域の大物も執筆しています。
共同研究員の前田さんも執筆されています。
論文30本は壮観です。

Willem Floor and Edmund Herzig ed.
Iran and the World in the Safavid Age.
London: I.B. Tauris 506p.

Safavid_floor_herzig

-------------------------------------------------------------------
The Safavid Empire and the Sixteenth- and Seventeenth-Century Political and Strategic Balance of Power within the World System
Bert Fragner

The Safavid Economy as Part of the World Economy
Rudi Matthee

The Political Relations of Shah Esma'il I with the Mamluk Government (1501–1516/907–922)
Rasool Jafarian

From Rhetoric of War to Realities of Peace: The Evolution of Ottoman-Iranian Diplomacy through the Safavid Era
Ernest Tucker

The Battle of Sufiyan, 1605: A Symptom of Ottoman Military Decline?
Colin Imber

An Infernal Triangle: The Contest between Mughals, Safavids and Portuguese, 1590–1605
Sanjay Subrahmanyam

The Shaybanid Uzbeks, Moghuls and Safavids in Eastern Iran
Barat Dahmardeh

Safavid Persia and Its Diplomatic Relations with Venice
Girogio Rota

The Embassy of Don García de Silva y Figueroa to Shah 'Abbas I
Luis Gil

The Holy See, the Hispanic Monarchy and Persia in the Sixteenth Century: Some Aspects of the Involvement of the Society of Jesus
Enrique Garcia Hernan

Arduous Travelling: The Qandahar-Isfahan Highway in the Seventeenth Century
Willem Floor

Trade between the Ottomans and Safavids: The Acem Tüccari and Others
Suraiya Faroqui

Sweden, Russia and the Safavid Empire: A Mercantile Perspective
Stefan Troebst

The Armenian Colony in Amsterdam in the Seventeenth and Eighteenth Centuries: Armenian Merchants from Julfa before and after the Fall of the Safavid Empire
Rene Arthur Bekius

Sarhad's Account-Book as a Source for Studying the Commercial Activities of New Julfa Merchants in the Eighteenth Century
Shushanik Khachikyan

Mapping the Regnum Sophorum: Adam Olearius's Representation of the Safavid Empire (1647)
Elio Brancaforte

The French Presence in Safavid Persia: A Preliminary Study
Jean Calmard

The Presence of Ancient Secular and Religious Texts in Pietro della Valle's (1586–1652) Unpublished and Printed Writings
Sonja Brentjes

The Image of the Safavids in English and French Literature (1500–1800)
Parvin Loloi

Farang, Farangi and Farangestan: Safavid Historiography and the West (907–1148/1501–1736)
Massur Sefatgol

The Augustinians in Hormuz (1573–1622)
Carlos Alonso Vanes

European Catholic Missionary Propaganda among the Armenian Population of Safavid Iran
Kristine Kostikyan

The Safavid Presence in the Indian Ocean: A Reappraisal of the Ship of Solayman, a Seventeenth-Century Travel Account to Siam
Chrisotph Marcinkowski

The Safavid Potter at the Crossroad of Styles
Yolande Crowe

European Religious Iconography in Safavid Iran: Decoration and Patronage of Meydani Bet'ghehem (Bethlehem of the Maydan)
Amy S. Landau

Borrowed Terminology and Shared Techniques in New Julfa Armenian Commercial Documents
Edmund Herzig

On the History of the Political Relations of Safavid Iran and Georgia: King Luarsab II and His Captivity in Iran
Grigol Beradze

Exploitation of the Frontier: The Caucasus Policy of Shah 'Abbas I
Hirotake Maeda

Iranian-Georgian Relations during the Reign of Rostom (1632–58)
Nana Gelashvili

2012年9月15日 (土)

ロシアの東洋学

ロシアの東洋学は、独自の発展をしていることはよく知られています。
日本の図書館は比較的多くのロシア語の図書を所蔵していますが、それでも手に入りにくいものは多々あります。

それを多少とも補ってくれるサイトです。

Восточная Литература

http://www.vostlit.info/

たとえば、「ドキュメント」をクリックすると国別の分類があり、そこで「イラン」をクリックします。
すると3世紀から1912年までのイランに関係するロシア語の文献を読むことができます。
ガザーリーのロシア語訳やバナーカーティーのロシア語訳、アタバトゥル=カタバのロシア語訳、ヘラート史関係の文書のロシア語訳などがあります。ロシア人のイラン旅行記も複数あります。

ロシア語が得意な人には有用なサイトだと思います。

2012年9月13日 (木)

第3回ナイル・デルタ研究会開催(9/21)のお知らせ

「2012年度第3回ナイル・デルタ研究会」のお知らせ

日時:2012年9月21日(金曜日)16:30 -18:30
場所:早稲田大学早稲田キャンパス120-1号館201-1号室
研究報告:
熊倉和歌子氏(日本学術振興会特別研究員)
「16世紀エジプト・ガルビーヤ県におけるスルターンの灌漑土手と村落社会」
コメンテーター:
吉村武典氏(イスラーム地域研究機構・次席研究員)

2012年9月10日 (月)

新刊『詩人伝:思惟の小話』

Hakim Mowlana Shah Mohammad Darabi Estehbanati `Aref
Tazkere-'e Latayef al-Khiyal.
ed. Yusof Beyg Babapur
Qom: Zakha'er-e Eslami. 1391Kh. 2 vols.

Tazkira_aref

サファヴィー朝時代の詩人伝です。古の詩人から358名を扱い、章立ては地域別。インドとルーム(=オスマン朝)の章もあります。

マレク図書館にある写本一つから翻刻したもので、ほかにはラホール大学に不完全な写本があるそうです。残念ながら、序文は含まれていません。

サファヴィー朝領内で著されたという意味では、『サームの贈物』や『ナスラーバーディーの詩人伝』に次ぐ、重要な文献と言えましょう。

2012年9月 7日 (金)

2012年度第一回研究会報告要旨掲載

秋葉さん、阿部さんにご発表いただいた、2012年度第一回研究会(7月22日)の報告要旨が、AA研のサイトに掲載されました。

迅速に要旨を提出いただき、ありがとうございました。

http://meis2.aacore.jp/?p=4392

なお、次回の研究会は10月27日を予定しています。

2012年9月 5日 (水)

ファイファーさん講演会

以前、ご紹介したJudith Pfeifferさんが、来日・講演されます。
そういえば、先日のイスタンブルの学会でもお見かけしました。

-----------------------------------------------------------
東文研セミナー “Religio-political crises and cultural creativity during the Later Middle Period of Islamic history” のご案内(Lecture announcement)

 この度、東京大学東洋文化研究所西アジア部門森本研究室では、オックス
フォード大学のユーディット・ファイファー先生をお招きし、ご講演いただく
機会を設けることとなりました。ファイファー先生は、イルハン朝期のイラン
を主たる研究対象とし、宗教政治史や歴史記述論、史料論などの幅広い分野で
有益な業績を多数挙げておられる世界的な研究者です。下の講演要旨にある通
り、日本で広い関心を集めているテーマ(ラシードゥッディーン)をあえて選
び、当地での交流を楽しみにして来日されますので、ご多忙とは存じますが、
皆さま奮ってご参加下さい。参加は自由、事前連絡は不要です。(文責:森本)

講師 Speaker: Judith Pfeiffer (University Lecturer in Arabic, University of Oxford)

講演題目 Title: Religio-political crises and cultural creativity during the Later Middle Period of Islamic history

講演要旨 Abstract: The 14th to 15th century Nile-to-Oxus region was
defined by a high degree of political decentralization, cultural and linguistic diversity, social mobility, and confessional ambiguity. Several political and intellectual crises punctuated this period. By focusing on the Mongol Ilkhanate, and drawing in particular on the theoretical works of Rashid al-Din, this paper investigates some of the local debates that were triggered by the shift of religious allegiances among the Mongol elites of the Ilkhanate. These debates, and this particular political environment, reflect long-term transformations in the region, in which the ‘religious’ and ‘intellectual’ are intrinsically intertwined with the ‘political.'

講演日時 Time and Date: 平成24年9月26日(水)午後4時より(午後6時終了予定)/ 16:00-(18:00), 26 September 2012

講演場所 Venue: 東京大学東洋文化研究所3階大会議室/Conference Room (Daikaigishitsu), Institute for Advanced Studies on Asia, University of
Tokyo http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/access/index.html

使用言語 Language: 英語/English(通訳なし[講演は完全に、質疑は基本
として])

問い合わせ先・司会 Contact Person: 森本一夫/Kazuo Morimoto

2012年9月 3日 (月)

セファトゴルさん来日

テヘラン大学文学部歴史学科教授でいらっしゃるマンスール・セファトゴル(Mansur Sefatgol)さんが来日されました。AA研の客員教授として、来年7月末まで滞在される予定です。

セファトゴルさんは、イランのサファヴィー朝史の権威で『サファヴィー朝イランの宗教的制度・思想の構造』という主著があります。他にはE`terafname, Shajarat al-Moluk, Mer'at al-Varedatなどの史料の校訂をされています。

現在は、シャー・アッバース期の(おそらく)最も重要な史料Afzal al-Tavarikhの翻刻に取り込まれています。近いうちの出版されるとのことで、楽しみです。

2012年9月 1日 (土)

中東☆イスラーム研究セミナーのご案内

宣伝で恐縮です。
近世史の方も大歓迎です。

---------------------------------------------------------------------
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所では、下記の通り、今年度も中 東☆イスラーム研究セミナーを開催いたします。 このセミナーは、博士論文等の執筆を予定されている全国の大学院生・PD等の若 手研究者を対象としたものです。 若手研究者の皆様の積極的なご応募をお待ちしております。    記 1. 開催期間 平成24年12月14日(金)~16日(日)の3日間 2. プログラム 受講者がそれぞれ1時間程度の研究発表を行い、研究会形式で関係教員および他 の受講者から質問・コメントを受けることで、博士論文等の執筆に資する。 3. 開催場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 (東京都府中市朝 日町3-11-1) 4. 応募資格 イスラームもしくは中東に関連する人文・社会科学研究(地域研究・歴史学・人 類学・政治学・経済学・社会学・国際関係論・移民研究など、たとえば「東南ア
ジアにおけるイスラーム教育」「ヨーロッパのムスリム移民」なども含む)を進
めている大学院博士後期課程の大学院生・PDまたはこれに相当する研究歴を持
つ者で、学術論文、特に博士論文の執筆計画を持つ者。 5. 募集人員 4~7名。なお、募集人員内で大学院生、PD、その他の区分は行 わない。 6. 受講料 無料。なお、首都圏以外からの参加者には本学規定の範囲内で旅費・ 宿泊費を支給する。 7. 応募締切    平成24年10月5日(金)(当日消印有効) なお、応募方法の詳細については、以下のサイトをご覧ください。 過去、7年間のプログラムや受講生の感想も掲載されています。 http://meis2.aacore.jp/meis_research_seminar 8. 担当スタッフ 西井凉子、飯塚正人、黒木英充、髙松洋一、近藤信彰、床呂郁哉、錦田愛子、
大川真由子、福島康博、その他交渉中

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ