« オスマン帝国史料解題 更新 | トップページ | 論文「オスマン朝後期の検地帳に記されたbad-i havaの額を巡って」 »

2012年8月24日 (金)

新刊『イランとその周辺の聖者と参詣』

Saints and their Pilgrims in Iran and Neighbouring Countries 
Edited by Pedram Khosronejad
Wantage: Sean Kingston Publishing. 2012.

ホスローネジャードさんにイスタンブルでいただきました。
共同研究員の守川さんも執筆されています。

Khosro001

Chapter 1 – The Sanctity of Karbala in Shiite Thought;
                           Khalid Sindawi
Chapter 2 – Pilgrimage to the Iraqi ‘Atabat During Qajar Era Iran;
                          Tomoko Morikawa
Chapter 3 – Listening, Non-Knowledge, and the Auditory Body:
   Understanding Sufi Dhikr Ritual and Sama as Aesthetic Experience
                          Seema Golestaneh
Chapter 4 – Between History and Memory:
   A Case Study of a Martyr Mausoleum in North of Iran;                      
                          Morvarid Ayaz
Chapter 5 – Innovation in the Tradition of Saint Veneration in Turkey
  during the Twentieth Century: Venerating Nasreddin Hodja in Aksehir;                       
                           Hakki Gurkas
Chapter 6 – The Revival of Shia Rituals in Iraq Since the Fall of
  Saddam Hussein’s Regime: Permanence and Evolution
                        Pierre-Jean Luizard                       

« オスマン帝国史料解題 更新 | トップページ | 論文「オスマン朝後期の検地帳に記されたbad-i havaの額を巡って」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊『イランとその周辺の聖者と参詣』:

« オスマン帝国史料解題 更新 | トップページ | 論文「オスマン朝後期の検地帳に記されたbad-i havaの額を巡って」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ