« 論文「サファヴィー朝の王室総監職」 | トップページ | アスナーデ・バハーレスターン »

2012年7月27日 (金)

『ペルシア語文化圏における読み書き能力』

Brian Spooner and William L. Hanaway, Eds.
Literacy in the Persianate World: Writing and the Social Order.
Philadelphia: University of Pennsylvania Press. 2012.

Literacy

幅広くペルシア語文化圏を扱った興味深い論文集です。オスマン語、大英帝国におけるペルシア語教育や中国との書記との比較なども取り上げられています。

1 New Persian: Expansion, Standardization, and Inclusivity
—John R. Perry
2 Secretaries, Poets, and the Literary Language
—William L. Hanaway
3 The Transmission of Persian Texts Compared to the Case of Classical Latin
—A.H. Morton

4 Persian as a Lingua Franca in the Mongol Empire
—David Morgan
5 Ottoman Turkish: Written Language and Scribal Practice, 13th to 20th Centuries
—Linda T. Darling
6 Persian Rhetoric in the Safavid Context: A 16th Century Nurbakhshiyya Treatise on Inshā
—Colin P. Mitchell

7 Historiography in the Sadduzai Era: Language and Narration
—Senzil Nawid
8 How Could Urdu Be the Envy of Persian (rashk-i-Fārsi)! The Role of Persian in South Asian Culture and Literature
—Muhammad Aslam Syed
9 Urdu Inshā: The Hyderābād Experiment, 1860-1948
—Anwar Moazzam
10 Teaching Persian as an Imperial Language in India and in England during the Late 18th and Early 19th Centuries
—Michael H. Fisher

11 The Latinate Tradition as a Point of Reference
—Joseph Farrell
12 Persian Scribes (munshi) and Chinese Literati (ru). The Power and Prestige of Fine Writing (adab/wenzhang)
—Victor H. Mair

« 論文「サファヴィー朝の王室総監職」 | トップページ | アスナーデ・バハーレスターン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ペルシア語文化圏における読み書き能力』:

« 論文「サファヴィー朝の王室総監職」 | トップページ | アスナーデ・バハーレスターン »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ