« 「知の先達に聞く―永田雄三先生をお迎えして」 | トップページ | 国際会議「バルカンにおけるオスマン朝のワクフと建造物」 »

2012年7月 9日 (月)

フォトエッセイ「イスタンブルで碑文を歩く」

AA研のホームページに髙松洋一さんのフォトエッセイ「イスタンブルで碑文を歩く」が掲載されています。

http://meis2.aacore.jp/photo_essays_201206.html

「年代詩」の奥深さがわかりますね。
年代詩は、イランでもインドでも近世には盛んに作られました。

« 「知の先達に聞く―永田雄三先生をお迎えして」 | トップページ | 国際会議「バルカンにおけるオスマン朝のワクフと建造物」 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォトエッセイ「イスタンブルで碑文を歩く」:

« 「知の先達に聞く―永田雄三先生をお迎えして」 | トップページ | 国際会議「バルカンにおけるオスマン朝のワクフと建造物」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ