« 国際会議「バルカンにおけるオスマン朝のワクフと建造物」 | トップページ | イスラーム美術ヴァーチャル・ミュージアム »

2012年7月13日 (金)

ケンブリッジ大学図書館

イラン関係の写本を多く持っている図書館の一つにケンブリッジ大学図書館が挙げられます。先日試してみましたが、非常に整った図書館です。

1. 写本カタログをオンラインで見ることができます。
http://www.lib.cam.ac.uk/deptserv/neareastern/catalogues.html

2. 閲覧証を作るのに必要な書類は、a.写真付きのID, b.住所を示す書類に加えて、写本閲覧の場合には、c.一通、研究内容等を示す紹介状が必要です。
1週間までの閲覧証は無料、6カ月までのものは10ポンドです。

3. 写本の請求から、受取まで、20分しかかかりません。オックスフォードとはえらい違いです。

4. 写本のデジカメでの撮影も、一枚書類を提出する可能です。オックスフォードでは一写本ごとに書類を出さなければいけないのですが、通して一枚でいいのです。

図書館の人も皆、非常に親切です。写本の内容は、E. G. Browneのコレクションがあるため、近世よりも近代の方が強い印象があります。

もっとも、ケンブリッジの場合、一部の写本は中央図書館ではなく、カレッジの図書館に所蔵されています。これらについては、それぞれの規則がありますので、個別にあたる必要があります。とにかく、前もってe-mailで連絡しておくのが重要です。

« 国際会議「バルカンにおけるオスマン朝のワクフと建造物」 | トップページ | イスラーム美術ヴァーチャル・ミュージアム »

研究機関・図書館・文書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケンブリッジ大学図書館:

« 国際会議「バルカンにおけるオスマン朝のワクフと建造物」 | トップページ | イスラーム美術ヴァーチャル・ミュージアム »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ