« 学術雑誌『イラン社会史研究』発刊 | トップページ | 新刊『エヴリヤ・チェレビーの旅行記の典拠』 »

2012年7月20日 (金)

オックスフォード大学OPAC

オックスフォード大学のOPACは、Soloという名前です。

http://solo.bodleian.ox.ac.uk/

結構便利に使っていたのですが、オンライン・リソースの一部は実は日本からでもダウンロードできることが判明。

Redhouseのオスマン語の辞書もダウンロードできます(300M以上なので要注意)。

ほかには、ナワール・キショールというインドの出版社が19世紀に出版した本がかなり入っています。ハナフィー派の法学書も多いです。

あと、オスマン民法典、メジェッレも入っていたはずです。

いろいろ試してみると楽しいかもしれません。

« 学術雑誌『イラン社会史研究』発刊 | トップページ | 新刊『エヴリヤ・チェレビーの旅行記の典拠』 »

研究ツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オックスフォード大学OPAC:

« 学術雑誌『イラン社会史研究』発刊 | トップページ | 新刊『エヴリヤ・チェレビーの旅行記の典拠』 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ