« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

アスナーデ・バハーレスターン

昨年、発刊した雑誌にアスナーデ・バハーレスターンAsnad-e Baharestanがあります。
イランの議会図書館が発行する歴史文書研究の専門誌です。
(アスナードはペルシア語で文書を指し、バハーレスターンは議会のある場所の地名です。)

去年送った箱をようやく開けて再び見たのですが、実はインターネット上で簡単に閲覧することができます。現時点で3号まで刊行されているようです。

Webサイトはこちら

議会図書館だけあって、議会関係の論文も多く含まれています。

2012年7月27日 (金)

『ペルシア語文化圏における読み書き能力』

Brian Spooner and William L. Hanaway, Eds.
Literacy in the Persianate World: Writing and the Social Order.
Philadelphia: University of Pennsylvania Press. 2012.

Literacy

幅広くペルシア語文化圏を扱った興味深い論文集です。オスマン語、大英帝国におけるペルシア語教育や中国との書記との比較なども取り上げられています。

1 New Persian: Expansion, Standardization, and Inclusivity
—John R. Perry
2 Secretaries, Poets, and the Literary Language
—William L. Hanaway
3 The Transmission of Persian Texts Compared to the Case of Classical Latin
—A.H. Morton

4 Persian as a Lingua Franca in the Mongol Empire
—David Morgan
5 Ottoman Turkish: Written Language and Scribal Practice, 13th to 20th Centuries
—Linda T. Darling
6 Persian Rhetoric in the Safavid Context: A 16th Century Nurbakhshiyya Treatise on Inshā
—Colin P. Mitchell

7 Historiography in the Sadduzai Era: Language and Narration
—Senzil Nawid
8 How Could Urdu Be the Envy of Persian (rashk-i-Fārsi)! The Role of Persian in South Asian Culture and Literature
—Muhammad Aslam Syed
9 Urdu Inshā: The Hyderābād Experiment, 1860-1948
—Anwar Moazzam
10 Teaching Persian as an Imperial Language in India and in England during the Late 18th and Early 19th Centuries
—Michael H. Fisher

11 The Latinate Tradition as a Point of Reference
—Joseph Farrell
12 Persian Scribes (munshi) and Chinese Literati (ru). The Power and Prestige of Fine Writing (adab/wenzhang)
—Victor H. Mair

2012年7月25日 (水)

論文「サファヴィー朝の王室総監職」

森岩紀賢「サファヴィー朝の王室総監職」『中央大学アジア史研究』36 (2012) pp.120-83.

森岩さんに抜き刷りをいただきました。昨年、研究会で発表いただいたテーマです。
ナーゼレ・ボユータートに関する手堅い制度史研究となっています。

2012年7月23日 (月)

第一回研究会終了

昨日、共同研究課題プロジェクトの今年度第一回の研究会が終了しました。

力のこもった発表をしていただいた阿部さん、秋葉さん、ありがとうございました。

次回は10月開催の予定です。

2012年7月22日 (日)

新刊『エヴリヤ・チェレビーの旅行記の典拠』

Hakan KARATEKE and Hatice AYNUR ed.
Evliya Çelebi Seyahatnamesi'nin Yazılı Kaynaklar.
Ankara: TKK, 2012.

髙松さんにいただきました。
ありがとうございました。

所収論文は以下の通り。英語の論文もあります。

Kurmacanın gücü: alıntı mı, yanılgı mı, kurmaca mı?
Nuran Tezcan

Evliya Çelebi Seyahatnamesinin kaynakları: Türkçe tarihler
Fikret Sarıcaoğlu

Hungarian history according to Evliya Çelebi
Gustav Bayerle

Evliya Çelebi'ye göre tarihçi kral Yanvan ve akrabaları
Jean-Louis Bacqué-Grammont

Seyyah ve belge
Feridun M. Emecen

"Mığdisi": an Armenian source for the Seyahatname
Robert Dankoff

Tarihi bir romandan sayfalar: Evliya Çelebinin
Zigetvar Seferi (1566) anlatısı
Nicolas Vatin

Evliya Çelebi's use of Ottoman geographers in the Seyahatname
Pierre MacKay

Atlas and Papamonta as sources of knowledge and power
Gottfried Hagen

Seyahatnamenin Arapça tarih ve coğrafya kaynakları:
onuncu ciltteki kaynaklar listesinin analizi
Yoichi Takamatsu

Heavenly books in the Seyahatname
Robert Dankoff

Evliya Çelebi'nin Arapça bilgisi ve Arapça kaynaklarla
ilişkisi üzerine gözlemler
Nurettin Gemici

Seyahatname deki popüler dinî kitaplar
Hakan Karateke

Seyahatname'de Türkçe edebî ve biyografik eserler
Hatice Aynur

Seyahatname'de dilbilime dair kaynaklar
Helga Anetshofer

Evliya Çelebi'nin müzik kaynakları
Ersu Pekin

2012年7月20日 (金)

オックスフォード大学OPAC

オックスフォード大学のOPACは、Soloという名前です。

http://solo.bodleian.ox.ac.uk/

結構便利に使っていたのですが、オンライン・リソースの一部は実は日本からでもダウンロードできることが判明。

Redhouseのオスマン語の辞書もダウンロードできます(300M以上なので要注意)。

ほかには、ナワール・キショールというインドの出版社が19世紀に出版した本がかなり入っています。ハナフィー派の法学書も多いです。

あと、オスマン民法典、メジェッレも入っていたはずです。

いろいろ試してみると楽しいかもしれません。

2012年7月18日 (水)

学術雑誌『イラン社会史研究』発刊

イランの人文科学・文化研究所Pazhuheshgah-e `Olum-e Ensani va Motale`at-e Farhangiでは、昨年、『イラン社会史研究』(Tahqiqat-e Tarikh-e Ejema`i-e Iran)誌を発刊しました。
年2号刊行です。「社会史」を前面に出した雑誌は珍しく、今後が注目されます。

原稿募集のお知らせはこちら
http://www.ihcs.ac.ir/Pages/Features/StaticPage.aspx?id=1554

第一号(1389/2010)には
`Ali Akbar Tashakkori Bafqi.. Dar-amadi bar San`at-e Baftegi-e Yazd dar `Asr-e Safavi
(サファヴィー朝期におけるヤズドの繊維業序説)

Omid Reza'i, Shah `Abbas, Toghra-ye Davazdahkhane va al-mossna-nevisi-e Neshan
(シャー・アッバースの12分花押と勅令の謄写)

Tufan Gunduz. Esarat-e Tajli Beygom (Moruri bar ta'sir-e masa'el-e farhangi-ravanshekankhti dar tarikh negari-e safavi-osman)
(タージルー・ベゴムの虜囚:サファヴィー-オスマン歴史叙述における文化心理的問題の影響の推移)

などが掲載されています。

Tarikhe_ejtemai

2012年7月15日 (日)

イスラーム美術ヴァーチャル・ミュージアム

ウィーン大学を中心に作られたサイトです。
オスマン朝時代のウィーンの地図やテントが展示されています。
まだ、点数は限られています。

ドイツ語版
http://museumislamischerkunst.net/

英語版
http://homepage.univie.ac.at/ebba.koch/main_eng.htm

2012年7月13日 (金)

ケンブリッジ大学図書館

イラン関係の写本を多く持っている図書館の一つにケンブリッジ大学図書館が挙げられます。先日試してみましたが、非常に整った図書館です。

1. 写本カタログをオンラインで見ることができます。
http://www.lib.cam.ac.uk/deptserv/neareastern/catalogues.html

2. 閲覧証を作るのに必要な書類は、a.写真付きのID, b.住所を示す書類に加えて、写本閲覧の場合には、c.一通、研究内容等を示す紹介状が必要です。
1週間までの閲覧証は無料、6カ月までのものは10ポンドです。

3. 写本の請求から、受取まで、20分しかかかりません。オックスフォードとはえらい違いです。

4. 写本のデジカメでの撮影も、一枚書類を提出する可能です。オックスフォードでは一写本ごとに書類を出さなければいけないのですが、通して一枚でいいのです。

図書館の人も皆、非常に親切です。写本の内容は、E. G. Browneのコレクションがあるため、近世よりも近代の方が強い印象があります。

もっとも、ケンブリッジの場合、一部の写本は中央図書館ではなく、カレッジの図書館に所蔵されています。これらについては、それぞれの規則がありますので、個別にあたる必要があります。とにかく、前もってe-mailで連絡しておくのが重要です。

2012年7月11日 (水)

国際会議「バルカンにおけるオスマン朝のワクフと建造物」

すでに終わってしまった国際会議ですが、興味深いので掲載しておきます。
バルカンのワクフだけでこれだけの発表が並ぶのは壮観です。

----------------------------------------------------------------
INTERNATIONAL SYMPOSIUM
ON THE OTTOMAN FOUNDATIONS AND MONUMENTS IN THE BALKANS
(9 - 11 May 2012)
Ottoman Legacy Hotel, Istanbul, Turkey

Opening Session
Dr. Halit EREN
"Turkish Waqfs of Western Thrace: Historical Process and the Present Situation"
Prof. Dr. Heath W. LOWRY
"The Other Side of the Coin" Ottoman Mosques & Mausoleums in Greece: Destroyed,  Neglected, Converted, Reconverted & Restored"
Pandeli Laki VİNGAS
"Community Foundations, From Ottoman to Today: The Role and Future of  Waqfs in the New Administrative Perspective of Communities"

Session I: Ottoman Foundations in Balkans: Historical Process Current Situation
Dr. Behija ZLATAR
"Sarajova Foundations in XV and XVI Centuries"
Dino MUJADZEVİĆ
"General Outline of Development of Evqaf Institution in Bosnia (15-21. century)"
Assoc. Prof. Dr. Hatice ORUÇ
"Sarajova Foundations During 16- 19th Centuries"
Andras RIEDLMAYER
"Islamic Foundations of the Ottoman Period in the Balkan Wars of the 1990s"

Session II: Ottoman Foundations in Balkans: Definition, Current Situation
Prof. Dr. Machiel KIEL
"Summary of Lecture about Waqfs in Western Bulgaria"
Assoc. Prof. Dr. Mehmet Zeki İBRAHİMGİL
"Waqf Properties of Mustafa Pasha in Macedonia"
Prof. Dr. Geza DAVID
"Several Foundations in Ottoman Hungary"
Lawyer Kezban HATEMI
"Minority Foundations in Turkey and Greece"

Session III: Ottoman Foundational Cultural Heritage in Balkans
Prof. Dr. Hakkı ACUN
"Macedonia- Scopje Fatih Sultan Mehmet (Stone) Bridge and Namazgâh  (Prayer Area)"
Prof. Dr. Aleksandar KADIJEVİC
"The Architecture of Main Ottoman Foundation Buildings in Raska's District (Novopazar's Sanjak)"
Prof. Dr. Evangelia HADJİTRYPHONOS
"Yakup Pasa Camii in Thessaloniki. Conversion and Establishment of Waqf"
Grigor BOYKOV
"The Waqf and the Complex of Şihabeddin Paşa in Filibe"
Athina Christiana LOUPOU
"The Protection and Enhancement of Ottoman Heritage in Mytilene Lesvos"
Dr. Eleni KANETAKİ
"The Creation of Historical Cultural Heritage in Greece during the Ottoman Period"

Session IV: Legislations and Applications Regarding Ottoman Foundations in Balkans and Legal Solution Offers
Gjejlane HOXHA
"Legal Protection of Cultural Heritage in Kosovo. Past, Present and Future"
Assist. Prof. Dr. Turgay CİN
"Greece Foundations Law Numbered 3647 and Dated 2008 (3647/2008) and its Implementations"
Harun KARCİĆ
"International regulation of waqf property in the Western Balkans"
Prof. Dr. Hasan DZILO
"Foundations in Macedonia – in the Gap between the Legal Framework and Reality"
Dr. Ayşegül KILIÇ
"A Sample for The Guzat Foundations: Ghazi Evrenos Bey Waqf In Komotini"
Assist. Prof. Dr. Rahman ADEMİ
"Montenegro Foundations: Legal Perspective"

Session V: Documents Regarding Foundations as Legal Basis of Otoman Foundations: Archives of Foundations, Document Exchange
Ramë MANAJ - Refike SÜLÇEVSİ
"The Foundations That are Available in Kosovo State Archives"
Assoc. Prof. Dr.  Orlin SABEV
"Ottoman Foundation Libraries in Bulgaria"
Adnan TORUN
"The Role and Importance of Kuyud-i Kadime Achieves in Search of Ottoman Period Foundations"
Cuma ATABAY
"Foundations in Balkan Countries (Case of Bosnia)"
Dr. Önder BAYIR
"Waqf Classification in Ottoman Achieves and Foundations in Rumelia"
Vladimir BOŽİNOVİĆ - Victor POPOVİĆ
"Analysis of Documentation about Ottoman Heritage in Belgrade via Digital Reconstruction of Sokollu Mehmet Pasha Caravanserai"

Session V: Current Social, Cultural and Economic Functions of Ottoman Foundations in Balkans
Prof. Ali PAJAZITI
"Socio-Cultural Impacts of Ottoman Foundations in Contemporary Balkan: Case of Macedonia"                      
Prof. Dr. Numan ARUÇ
"Science and Education Foundation: İsa Bey Madrasah"
Prof. Dr. Cazim HADZİMEJLİS
"Ottoman Influence on Culture, Science and Education in Bosnian and Herzegovina: Current Situation"
Dr. Aladin HUSİĆ
"The Role of Waqf in Development of Kasaba Visoko"

2012年7月 9日 (月)

フォトエッセイ「イスタンブルで碑文を歩く」

AA研のホームページに髙松洋一さんのフォトエッセイ「イスタンブルで碑文を歩く」が掲載されています。

http://meis2.aacore.jp/photo_essays_201206.html

「年代詩」の奥深さがわかりますね。
年代詩は、イランでもインドでも近世には盛んに作られました。

2012年7月 7日 (土)

「知の先達に聞く―永田雄三先生をお迎えして」

NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)講演会
「知の先達に聞く―永田雄三先生をお迎えして」のご案内

KIASでは、「知の先達に聞く」と題して、外国人研究者へのインタビュー、日本
人の先生方の講演会を催してきました。
6回目を数える今回は、永田雄三先生をお招きして、これまでの研究生活を振り
返っていただきます。

永田先生は、日本人研究者として初めて、古文書等のトルコ現地史料を用いて研
究をすすめられました。
また日本語のみならずトルコ語でも研究成果を発表され、欧米・トルコ国内にお
いても高い評価を受けるなど、
まさにオスマン朝史研究の先達としてご活躍されました。

おそらく日本人として初めてトルコに留学された先生は、現地に飛び込んて研究
を行った草分け的存在であり、
そのご講演は、大変に興味深いものになること必定です。

皆様のご参加をお持ち申し上げております。

記

「知の先達に聞く―永田雄三先生をお迎えして」

日時:7月20日(金)15時‐17時
場所:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館4階第1講義室(AA401)

講演者:永田雄三(元明治大学文学部教授)
司会: 江川ひかり(明治大学文学部教授)



総合研究2号館は百万遍交差点に近い北側入り口から入ってすぐ左側にあります。
第1講義室は、総合研究2号館の北側入り口からエレベーターで4階に下りて、
廊下を右に曲がって進んだすぐ右にあります。

以下のリンク先の地図をご参照ください。
上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

*準備の都合上、ご参加される方は事前にKIAS事務局までご連絡いただけると幸いです。

2012年7月 5日 (木)

「オスマン帝国史料の総合的研究」オスマン史研究会(7/7)

NIHUプログラム・イスラーム地域研究東洋文庫拠点研究班「オスマン帝国史料の総合的研究」は、下記の通り、オスマン史研究会を開催します。参加を希望される方は、会場の都合上、事前に秋葉(下記連絡先参照)までご連絡ください。

【日時】:2012 年7月7日(土)14:30~17:30
【場所】:東洋文庫2階講演室(東京都文京区本駒込2-28-21)
会場アクセス:http://www.toyo-bunko.or.jp/about/access.html

【プログラム】
司会 Tadashi Suzuki
14:30 Jun Akiba (Chiba University), Ertuğrul Fırkateyni ve Japonya'da
Neşr-i İslamiyet
15:30 İlhan Şahin (Manas University, Kyrgyzstan), Osmanli
İmparatorluğunda Yönetim ve Yönetim Anlayışı

【使用言語】
トルコ語(通訳なし)

発起人:鈴木董
世話人:秋葉淳

連絡先:秋葉淳
千葉大学・東洋文庫
akibajun(a)yahoo.co.jp *(a)を@に変えてご利用下さい。

2012年7月 4日 (水)

『スィヤークの学に関するファラクのための論文』訳注

1460年頃に著された有名なペルシア語財務書であるRisalah-'i Falakiyyahの訳注プロジェクトが進んでいます。

現時点では、序章と第五章がアップされています。

http://www.tbias2.jp/test/contents.html

写本をも参照したレベルの高い訳注で、完成すれば大きな貢献となるでしょう。

スィヤーク(財務数字)に関する短い論文を見つけたので、こちらもリンクを貼っておきます。

Mohammad Bagheri. “Siyāqat Accounting: its Origin, History, and Principles” Acta Orientalia 51-3(1998): 297–301

ダウンロードはこちら

2012年7月 1日 (日)

ボードリアン図書館2 貴重書室

ボードリアン図書館の貴重書室Special Collection Reading Roomは、今は、ラドクリフ・サイエンス・ライブラリーという理科系の図書館の地下にあります。たぶん、新ボードリアン図書館が再開したら、そちらに移るのでしょう。

貴重書を閲覧するには、閲覧許可を得る際、一枚フォームを余計に提出しておく必要があります。閲覧証の番号の前にある記号で、それがわかってしまうようです。

ペルシア語写本カタログの主要部分は、インターネットでダウンロードできますので、それを見て、請求する本を選びます。

http://archive.org/details/catalogueofpersi01bodluoft
http://archive.org/details/catalogueofpersi03bodluoft

さすがにウェッブから請求することはできませんが、メールや電話では請求できるようですので、カードを手に入れたら、事前請求がおすすめです。
頼むと出てくるまでに、現在は1時間半から2時間かかります。

いいのは、閲覧者のデジタル・カメラで撮影が許されていることです。
普通の写本であれば、撮影許可の申請をすれば、すぐに認められて撮影できます。
一つの写本全部撮っても文句いわれません。すばらしいです。
(ちなみにSOASの写本室も同様のシステムです。)

もっとも、別にミニアチュールカタログもあるのですが、これに載っている写本はどうやら簡単には出てこないようです。個人撮影もできないということになります。

でも、先日、イギリスの別の大学の写本室に行ったら、個人撮影が認められないだけではなく、先方に依頼しても0写本全体の15%しか認めないと言われてのけぞりました。インドでもたとえば1/5と言われるので、それ以下でびっくりしました。大学によっていろいろですね。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ