« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

国際会議「コーカサス・カスピ海地域の諸民族」発表者募集

ずいぶん前に案内を貰っていたのですが、リンクをクリックせずに放ってありました。まだ、間に合います。

Autochthonous Peoples of the Caucasian-Caspian Region, International Conference, 5-7 Oct., 2012, Yerevan, Armenia

INTERNATIONAL CONFERENCE
Autochtonous Peoples of the Caucasian-Caspian Region
Yerevan, Armenia
5-7 October, 2012

CALL FOR PAPERS

The International Journal Iran and the Caucasus (BRILL, Leiden-Boston), in cooperation with Yerevan State University, “Modus Vivendi Center”, “Caucasian Centre for Iranian Studies”, “International Society for the Study of Turkey, Iran and the Caucasus”, “Public Relations and Information Center”,  and the “Armenian Association for Academic Partnership and Support – ARMACAD”, organises an International Conference “Autochtonous Peoples of the Caucasian-Caspian Region” (supported by Hyksos Foundation).

The conference will be held in Yerevan, Armenia, from the 5th to 7th of October 2012.

The forum is supposed to cover a wide spectrum of problems concerning this important multicultural area – history, archaeology, linguistics, culture, literature, religions, anthropology, and current political issues.

Papers presented should directly address relevant issues concerning one or several autochtonous peoples of the mentioned region, including but not restricted to North Caucasian and Western Caspian peoples.

The working languages of the conference are English and Russian.

Deadline for submission of abstracts is July 15, 2012.

The application form must contain:
• Name(s)
• Affiliation
• E-mail address/fax nr/phone nr
• Title of the paper
• Abstract not exceeding 500 words

Please email your abstracts in Word document format to:

Dr. Khachik Gevorgyan
Secretary of the Organising Committee,
khachik.gevorgyan@yahoo.co.uk

The Organising Committee will likely have limited travel and accommodation grants available for a number of participants.

2012年6月27日 (水)

「近世イスラーム国家と多元的社会」2012年度第1回研究会

下記のとおりに今年度第一回の研究会を開催いたします。18, 19世紀に関して興味深い内容ととなっております。皆様のご来場をお待ちしております。

「近世イスラーム国家と多元的社会」2012年度第1回研究会

日時:2012年7月22日(日) 14:00-18:00

会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所マルチメディア会議室(304)
 (府中市朝日町3-11-1)

プログラム:
1. 阿部尚史氏(AA研共同研究員,日本学術振興会)
「19世紀イランの地方社会における農村所有者:アミールザカリヤー村紛争の事例から」

2. 秋葉淳氏(AA研共同研究員,千葉大学)
「「百倍の混乱」:18世紀オスマン朝カーディー制度の徴税請負制的構造」

(参加自由・無料)

2012年6月25日 (月)

ユーラシアの近代と新しい世界史叙述:「支配」研究会

ユーラシアの近代と新しい世界史叙述:「支配」研究会 

【日時】6月30日(土)13:00-18:00

【場所】  東京大学東洋文化研究所3階大会議室

【プログラム】
第2回「支配」研究会:「税」を取ること

13:00 開始
報告者:
 三浦 徹 (お茶の水女子大学文教育学部)
  「マムルーク朝・オスマン朝における税の流通:賄賂と徴税請負」
 桜井 英治(東京大学総合文化研究科)*ゲストスピーカー
  「中世日本における「税」の発想」
 森永 貴子(立命館大学文学部)
  「シベリア辺境統治と「税」――地方自治における商人の役割」
 豊岡 康史(日本学術振興会特別研究員・京都大学)
  「18世紀 中国東南沿海域における「税」徴収」
司会:杉山 清彦(東京大学総合文化研究科)
18:00 終了予定

参加されたい方は主催者にお問い合わせください。
http://haneda.ioc.u-tokyo.ac.jp/eurasia/

2012年6月23日 (土)

研究会「アルメニア総主教座の近代」

東京大学中東地域研究センター 第2回定例研究会 
 
題目:「アルメニア総主教座の近代:オスマン末期における非ムスリム共同体の領分」
報告者:上野雅由樹(日本学術振興会)
日時:2012年7月14日(土) 15:30-17:00
会場:東京大学駒場キャンパス18号館4階 コラボレーションルーム2 
 
要旨:1856年の改革勅令により、オスマン帝国は、ムスリムと宗教的少数者たる非ムスリムの法制度面での不平等を是正し、平等原則に基づいた国民形成へと統合の原理を転換した。では、こうした転換は、近世以来、不平等原則のもとで非ムスリム共同体に恩恵として容認されてきた自由に影響を及ぼしたのだろうか。
 本発表では、アルメニア共同体を例に取り、1860年代から70年代にかけてのオスマン政府とアルメニア総主教座との交渉や、アルメニア系新聞での議論を分析することで、上記の問いに答えるとともに、「ミッレト制」論の残滓を払拭する。

------------------------------------------------------------------------ 
 
連絡先
東京大学中東地域研究センター

2012年6月21日 (木)

(6/27) 東文研セミナー "THE OTTOMAN EMPIRE and THE CAUCASUS in WWI" のご案内

東京大学東洋文化研究所では、下記のとおり、東文研セミナーを開催いたします。
事前申し込みは不要です。
Announcement of the Tobunken Seminar at IASA

日時 / Date : 平成24年6月27日(水)15時30~17時 / 15:30-17:00 on 
Wednesday, 27 June 2012

場所 / Venue : 東京大学東洋文化研究所 3階 大会議室 / Conference room 
303 (3rd floor), Institute for Advanced Studies on Asia, The University 
of Tokyo

題目/ Title :THE OTTOMAN EMPIRE and THE CAUCASUS in WWI

発表者 / Speaker : ARSLAN Ozan, Lecturer, Department of International 
Relations and the European Union, Izmir University of Economics.

司会者 / Chairperson : 東洋文化研究所 教授 羽田 正 / Prof. HANEDA 
Masashi (IASA)

使用言語 / Language : 英語 / English

2012年6月19日 (火)

ボードリアン図書館1

オックスフォード大学の図書館Bodleian Libraryは、イギリスでは大英図書館に次ぐ蔵書数を誇っています。しかし、大英図書館のように一つの大きな建物があるわけではありません。きわめて複雑なシステムを持った図書館群といった方がいいかもしれません。

本館は由緒ある建物で、観光客向けのツアーもあります。でも、建物そのものは大きくありません。ラドクリフ・カメラという別館も歴史的なすてきな建物ですが、観光客はアクセスできません。本館とラドクリフ・カメラは地下でつながっており、その通路の両側にも地下閲覧室があります。さらに、現在、新館を改装中ですが、これも道路をくぐって地下でつながるようです。

ただ、新しい英語の図書が入る地下閲覧室を除いては開架図書はほとんどないのが現状です。図書は、離れたところにまとめて保管してあり、それをOPACから請求して、半日から一日後に、いずれかの閲覧室で閲覧することになります。オックスフォード大学の部局図書館は、同時にボードリアン図書館の閲覧室を兼ねており、たとえば、Oriental Instituteの図書館で、本館の図書を閲覧するということになるのです。

また、ボードリアン図書館本館の図書は決して貸し出しをしません。閲覧室で読むしかないのです。

SOASの図書館のように、開架で、貸し出しをするという図書館の方が圧倒的に使い易いのは当然です。でも、SOASでは、OPACにあっても本そのものがないということがしばしばあります。それを考ると、創設者ボードリー卿の方針だという貸し出し禁止も、意味があるのかもしれません。

2012年6月17日 (日)

新刊『ペルシアにおけるカルメル会の年代記』

H. Chick ed and trans.
A Chronicle of the Carmelites in Persia; The Safavids and the Papal Mission ot the 17th and 18th Centuries.
Introduction by Rudi Matthee
London and New York: I. B. Tauris. 2012. 2vols.

Carmelites2

1939年に出版された稀覯本の再刊です。Mattheeさんが解説を加えています。

第一部がカルメル会の文書に基づく16世紀から1780年までのイランの歴史です。豊富な文書の英訳・引用は資料集としての価値もあります。

第2部から第4までがカルメル会の活動についてで、特に第3部は1600-1775にイランにいたカルメル会関係者の伝記集となっています。
全部で1376pに及ぶ大作です。

ラテン語やイタリア語の文書や写本が英語のかたちで読めるのは非常にありがたいです。一方で、将来的にはこれらの史料に直接あたることの研究者も必要とされているのかもしれません。

高価なので、図書館に是非入れていただきたいものです。

2012年6月15日 (金)

プロジェクト「インド洋を越えるイスラーム、貿易、政治」

ブリティッシュ・アカデミーのファンドによる。プロジェクトです。

題名は、Islam, Trade and Politics Across the Indian Oceanですが、実はオスマン朝・トルコ共和国と東南アジアの16世紀から20世紀の関係を研究するプロジェクトです。イギリスの東南アジア学会とアンカラ研究所が主にかかわっているようです。

サイトはこちら

今年はイギリス中を展覧会を開くそうです。詳細は、こちら

今年一月には国際ワークショップも行われたとのことです。以下がプログラムです。川島先生もご発表されています。


International Workshop: Programme

From Anatolia to Aceh: Ottomans, Turks and Southeast Asia

Banda Aceh, Indonesia, 11-12 January 2012

 

Wednesday 11 January

Qur’an recitation, Welcome Address and Opening Speeches

Keynote address 1:

Azyumardi Azra (UIN Hidayatullah, Jakarta), TheBenua Ruhumand Nusantara: The Origins of the Ottoman, Turkish and Indonesian Connections

Keynote address 2:

Anthony Reid (ANU, Canberra), Rum and Jawa: The vicissitudes of documenting a long-distance relationship

Panel One: Technological and intellectual exchange, 16th-19th centuries 

Giancarlo Casale (Michigan), The Ottoman-Southeast Asian axis and the military revolution: the technology of oceanic warfare in the 16th century

Andrew Peacock (St. Andrews), “Divine gifts” for Java: the seventeenth century Ottoman ‘alim Muhammad b. ‘Alan of Mecca and the sultanate of Banten

Oman Fathurrahman (UIN Hidayatullah), Nine manuscript copies of Ithaf al-dhaki in the Süleymaniye Library: from Aceh to Haramayn to Istanbul

Jeyamalar Kathirathimby-Wells (Cambridge), Hadrami purveyors of Ottoman influence in Southeast Asia

Thursday 12 January

Panel Three: Links in Art and Material Culture

Fiona Kerlogue (Horniman Museum, London), Traces of Ottoman influence in Southeast Asian material culture

Mohd. Zahamri Nizar (Universiti Malaya, Kuala Lumpur), The iconography of Zulfikar in the art of war: links between the Ottoman Caliphate and Malay sultanates in the Straits of Malacca 

Annabel Gallop (British Library, London), Ottoman influences on Islamic seals from Southeast Asia

Ali Akbar (Bayt al-Qur’an & Museum Istiqlal, Jakarta), The influence of Turkish Qur’ans in Indonesia throughout the Ages

Panel Four: Southeast Asia and the Ottoman Pan-Islamic Vision, 19th-early 20th centuries

İsmail Hakkı Kadı (Istanbul Medeniyet University), Southeast Asian origins of Ottoman Pan-Islamism

İsmail Hakkı Göksoy (Suleyman Demirel University, Isparta), Acehnese attempts for Ottoman Turkish protection in the late nineteenth century

William Clarence-Smith (SOAS, London), Ottomans in the Philippines during the crisis of World War I

 

Midori Kawashima (Sophia University, Tokyo), Dispatch of an Islamic missionary from the Ottoman Empire to the Southern Philippines in 1914

Panel Five: Turkish Connections with Southeast Asia in the Modern Era

Chiara Formichi (City University, Hong Kong), Ideologies in Context: the transfer of ‘Kemalism’ from Turkey to Indonesia

Carool Kersten (King’s College, London), Religion and Public life in the Republics of Indonesia and Turkey: Parallels, Commonalities and Contrasts

近世においては、ムガル朝やサファヴィー朝を飛び越えて、どの程度の関係があったのか知りたいところです。印章なんて、インドタイプじゃないんでしょうか。

2012年6月13日 (水)

ブルヌティアン先生講演会

イラン・アルメニア史研究の第一人者George Bournoutian氏が来日されるそうです。
参加できなくてすごく残念です。

第2回の講演と関係ありそうな記事はこちら
-----------------------------------------------------------------
第一回;7月4日(水)17:00~19:00 演題; Armenian Chronicles and Archival Documents as Primary Sources on the History of Iran in the 18th Century. 場所;上智大学四谷キャンパスL-911会議室 第二回;7月7日(土)15:00~17:00 演題;The russian surveys Conductedin 1823 and 1829-1831 in the Former Khanates of Karabagh, Yerevan and Nakhichevan as Primary Sources on the Demography and Socioeconomic Conditions of Transcaucasia in the Last Years of Iranian Rule 場所;上智大学四谷キャンパス2-510会議室 使用言語;いずれも英語(通訳なし) 入場;無料  ただし、7月4日の会場であるL号館(中央図書館)にお入りの際は、上智大学関係者
以外の方は、1階受付で「講演会参加のため」である旨係員にお伝え下さい。
--------------------------------------------------------------------

最新の本は
George A. Bournoutian
The 1823 Russian Survey of the Karabagh Province: A Primary Source on the
Demography and Economy of Karabagh in the Early 19th Century.

Costa Mesa, Cal: Mazda. 2011.

未見なので、内容はわかりませんが、上に引用した記事によればカラバフの1823年の
人口95%がアルメニア人だということを証明するものだそうです。
もっとも、彼は以前に同様にエレヴァン州の人口のマジョリティがムスリムであった
ことを証明してしまっているわけですが。

2012年6月11日 (月)

ホスローネジャード氏来日

あまり、近世とは関係ないのですが、スコットランドのSt. Andrews大学のPedram Khosronejad氏が来日されます。シーア派関係では、先日紹介した『イラン・シーア派の芸術と物質文化』のほか、今後次々と編著の書物が関係されるそうです。

研究会は以下のように行われます。

第一回
6月23日(土), 14:00-17:00

TIAS Conference 
“Basic Research on Religious Culture and Politics in Central Asian Mountain
Areas in the Last Three  Centuries.”
Dr. Pedram Khosronejad
(Department of Social Anthropology, University of St. Andrews, Scotland) "Some Reflections on the Diversity and Religious Functions of the Sacred Stones
and Holy Places of the Bakhtiyari Nomads from the South-west of Iran"
司会:澤田稔(富山大学)
紹介:守川知子(北海道大学) 於:東京大学本郷キャンパス法文一号館217教室


第2回
6月25日(月) 18:00-20:20
“First days of Iran-Iraq War and Creation of Sacred Defense Cinema” Following by film presentation: Living in Highlands, Documentary, Hamidnejad, Azizollah. 1986. (48 mns) 於:早稲田大学早稲田キャンパス26号館702教室
  http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html


第3回
6月26日(火) 14:00-16:00
"Can Winds Be Settled: Zar (spirit possession ritual) in Iranian
Ethnographic Films" Following by film presentation: The Other Side of Burka (Az pas-e Burqeh), Oskoui, Mehrdad (2004) / 52’ / Iran 於:国立民族学博物館2階第5セミナー室

司会:山中由里子(国立民族学博物館)  紹介:川瀬慈(国立民族学博物館)

2012年6月 9日 (土)

イスラーム地域研究・若手研究者の会6月例会のお知らせ

イスラーム地域研究・若手研究者の会6月例会のお知らせ

6月例会の報告は、東京大学大学院人文社会系研究科・博士課程の佐治奈通子さんに
お願いしました。

本報告では、オスマン朝が鉱山地域に対して定めたカーヌーンナーメの中で何が定め
られたのか、また、それらの規定からオスマン朝の鉱山運営に対するどの様な姿勢が
読み取れるのかを明らかにして頂く予定です。 今回は日曜日の開催となりますのでご注意ください。 これまで以上の多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。            記 日時:6月24日(日)14時~ 場所:東京大学(本郷キャンパス)法文1号館317教室 報告者:佐治奈通子氏(東京大学大学院人文社会系研究科・博士課程) コメンテーター:澤井一彰氏(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・ ジュニア・フェロー) 題目:『バルカンの諸鉱山に見るオスマン朝の鉱業政策 -メフメト2世・バヤズィ ト2世期のカーヌーンナーメの分析から-』 会場は、東大正門から入って銀杏並木を直進し、左側2番目の棟です。銀杏並木沿い の扉から入り、正面の階段で3階にお越しください。 (地図:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html)

2012年6月 7日 (木)

2012年三田史学会東洋史部会

2012年度三田史学会大会

期日 2012年6月23日(土)
会場 慶應義塾大学三田キャンパス(〒108-8345 東京都港区三田2-15-45)

東洋史部会(10:00~)西校舎 513番教室
1.重慶国民政府の西南国境防衛政策 1939-1940
慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程 藤井 元博

2.康有為のシンガポール滞在(1900年)とその華人社会への影響
慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程 持田 洋平

3.ペルシア語鷹書研究序説 ―アリー・アフマド・ナサウィー『鷹の書』を中心に―
慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程 爲永 憲司

4.アフシャール朝の首都マシュハド ―ナーデル・シャーの治世を中心に
早稲田大学イスラーム地域研究機構招聘研究員 杉山 隆一

会員・非会員を問わずどなたでも自由に参加できます。

2012年6月 5日 (火)

新刊『イラン・シーア派の芸術と物質文化』

2006年7月にオックスフォードで行われたシンポジウムの論文集です。
図像がたくさん入った楽しい本です。

編者のホスロウネジャード氏は今月末に来日予定だそうです。

Ptdc0010_2

Pedram Khosronejad ed.
The Art and Material Culture of Iranian Shi'ism: Iconography and Religious Devotion in Shi'i Islam.
London and New York: I.B. Tauris. 2012

Icon and Contemplation: Between Popular Art and Sufism in Imami Shi'ism - Mohammad Ali Amir-Moezzi

When Nubuvvat Encounters Velayat: Safavid Paintings of the Prophet Mohammad's Mi'raj, ca.1500-1550 - Christiane Gruber

The Pictorial Representation of Shi'i Themes in Lithographed Books of the Qajar Period - Ulrich Marzolph

The Lion of 'Ali in Anatolia: History, Symbolism and Iconology - Thierry Zarcone
Calligraphic Lions Symbolizing the Esoteric Dimension of 'Ali's Nature - Raya Shani

The Votive Image in Iranian Shi'ism - Ingvild Flaskerud

The Horse of Imam Hossein: Notes on the Iconography of Shi'i Devotional Posters from Pakistan and India - Jürgen Wasim Frembgen

Lions' Representation in Bakhtiari Oral Tradition and Material Culture - Pedram Khosronejad

The Iconography of 'Ali as the Lion of God in Shi'i Art and Material Culture - Fahmida Suleman

Prayer and Prostration: Imami Shi'i Discussions of al-sujud 'ala al-turba al-Husayniyya - Robert Gleave

Talismans from the Iranian World: A Millenary Tradition - Ziva Vesel

2012年6月 3日 (日)

オンライン百科事典

イラン・シーア派関係の百科事典を知りましたので、ご紹介しておきます。

1. シーア・ペディア
http://www.shiastudies.org/shiapedia

Centre for Islamic Shi'i Studiesのサイトにあります。
これもイラク系の在ロンドン・シーア派研究機関です。Bahr al-`Ulumという有名なウラマー家系の人が主宰しているようです。
内容は概説的ですが、英語なので、誰でも使えます。

2. イスラーム大百科
http://www.cgie.org.ir/debaf.asp?id=121

テヘラン北部にあるMarkaz-e Da'eratol-Bozorg-e Eslami刊行の有名な事典(ペルシア語)がオンラインで読むことができます。

ちなみにこれの英語版Encyclopaedica IslamicaもBrillから刊行中ですが、さすがにこれはお金を払わないと見られません。

3. Encyclopaedia Iranica
最高水準のイラン百科事典。英語です。以前、朝日新聞の記事にも載っていました。
買うと高いですが、ネットで見られるのはすばらしい。
また、出版前の項目でも、すでにアップされているのがあります。
http://www.iranicaonline.org/

2012年6月 1日 (金)

研究会「近代・イスラームの比較教育社会史」

■研究会「近代・イスラームの比較教育社会史」(6/16)■

NIHUプログラム・イスラーム地域研究東洋文庫拠点では、研究会「近代・イスラームの比較教育社会史」を、科研費基盤C「オスマン帝国における教育の連続性と変化(19世紀~20世紀初頭)」(代表:秋葉淳)と共催で下記の要領で開催します。

日時:2012年6月16日(土) 12:55~17:15
場所:東洋文庫7階会議室(東京都文京区本駒込2-28-21)
会場アクセス:http://www.toyo-bunko.or.jp/about/access.html

12:55 趣旨説明
13:00 報告1 平野淳一(日本学術振興会)「想像のイスラーム共同体―出版メ
ディアとイスラーム改革思想」
14:00 報告2 米岡大輔(日本学術振興会)「ハプスブルクとオスマンの間で―
ボスニア・ムスリム知識人の教育改革論」
15:00 休憩
15:15 報告3 小笠原弘幸((財)政治経済研究所)「学問・教科としての歴史
―オスマン帝国の場合」
16:15 総合討論
17:15 閉会

[連絡先]
秋葉 淳
千葉大学文学部・東洋文庫

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ