« 『他者と向き合うイラン:歴史的視点によるアイデンティティーの境界』 | トップページ | オックスフォード大学中東研究センター »

2012年5月 5日 (土)

「中世末期・近世の知の歴史」プロジェクト連続講演会

先日、ご紹介したプロジェクトの連続講演会が始まっています。
ジャーミーの第2回に参加しましたが、非常に興味深いものでした。

IMPAcT Lecture Series Spring 2012

                   

Transmit, Transform, Transcend: IMPAcT lecture series on Late Medieval and Early Modern Islamicate Intellectual History

Trinity Term 2012, Tuesdays or Thursdays, 17:00-18:30                                                         Venue: Eccles Room, Pembroke College, Oxford

Week 1, Tuesday 24/4/2012
Matthew Melvin-Koushki
The occult challenge to philosophy in early 15th century Iran

Week 2, Tuesday 01/5/2012
Ertuğrul Ökten
Countering messianism in the 15th century: ‘Abd al-Rahman Jami’s recasting of Islamic spirituality in the 15th century

Week 4, Thursday 17/5/2012
Amalia Levanoni
The Mamluks and the ulama: A comfortable symbiosis or a growing process of Mamluk takeover?

Week 5, Thursday 24/5/2012
Wahid Amin
The ghost of Ghazali in the 13th century: Nasir al-Din Tusi and the question of ‘Islamic’ philosophy

Week 6, Thursday 31/5/2012
İlker Evrim Binbaş
The King’s Two Bodies in Islamic history: Reflections on Timurid and Ottoman political theology

Week 7, Friday 08/6/2012
Heidrun Eichner
To shape a discipline: Discourses on the definition and constitution of religious sciences during the Mongol period

« 『他者と向き合うイラン:歴史的視点によるアイデンティティーの境界』 | トップページ | オックスフォード大学中東研究センター »

海外学界情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「中世末期・近世の知の歴史」プロジェクト連続講演会:

« 『他者と向き合うイラン:歴史的視点によるアイデンティティーの境界』 | トップページ | オックスフォード大学中東研究センター »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ