« ヨーロッパ・イラン学会第7回大会 プロスィーディングス | トップページ | シンポジウム「インドの学問をペルシア語に訳すこと、ペルシア語で書くこと」 »

2012年5月11日 (金)

博士論文「サファヴィー朝末期におけるシーア派高等教育とソルターニー・マドラサの役割」

Maryam Moazzen,
"Shi‘ite Higher Learning and the Role of the Madrasa-yi Sulṭānī in Late Safavid Iran"
Ph.D. Dissertation, University of Toronto. 2011.

トロントの学会にいったときに、著者には会ったことがあります。
イランでも噂を聞いていました。あのSubtelnyさんのお弟子さんです。
ついに提出したようです。

未公刊のワクフ証書は一通しか使っておらず、その点はちょっと拍子抜けの感じです。

なお、間違ってDissertation Expressで買ってしまいましたが、トロント大学の図書館ホームページからダウンロード可能です。

http://hdl.handle.net/1807/29816

 

« ヨーロッパ・イラン学会第7回大会 プロスィーディングス | トップページ | シンポジウム「インドの学問をペルシア語に訳すこと、ペルシア語で書くこと」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヨーロッパ・イラン学会第7回大会 プロスィーディングス | トップページ | シンポジウム「インドの学問をペルシア語に訳すこと、ペルシア語で書くこと」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ