« オックスフォード大学中東研究センター | トップページ | 博士論文「サファヴィー朝末期におけるシーア派高等教育とソルターニー・マドラサの役割」 »

2012年5月 9日 (水)

ヨーロッパ・イラン学会第7回大会 プロスィーディングス

クラクフで見たような気もするのですが、図書館で中身を確認しました。

Maria Szuppe, Anna Krasnowolska  and Claus V. Pedersen ed.
Medieval and Modern Iranian Studies. Proceedings of the 6th European Conference of Iranian Studies held in Vienna on 18-22 September 2007 by the Societas Iranologica Europaea
Paris: Association pour l'avancement de etudes iranienne. 2011

思ったより薄いです。近世関係だけ抜き出しておきます。

Javad ABBASI (Ferdowsi University of Mashhad),
Report of dread: Diaries on the situation iin southern Khorasan at the time of the fall of the Safavid dynasty

Eugenio GALDIERI (ICOMOS, Rome)
Escaliers : un moyen architectural au temps des rois safavides

Laura E. PARODI (Genoa, Italy)
Of Shaykhs, Bibis and Begims: sources on early Mughal marriage connections and the patronage of Babur's tomb

Claus V. PEDERSEN (University of Copenhagen)
The novel in early modern Persian literature.

Giorgio ROTA (Institut fur Iranistik,OAW, Wien)
The mask of Shah'Abbas I

« オックスフォード大学中東研究センター | トップページ | 博士論文「サファヴィー朝末期におけるシーア派高等教育とソルターニー・マドラサの役割」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパ・イラン学会第7回大会 プロスィーディングス:

« オックスフォード大学中東研究センター | トップページ | 博士論文「サファヴィー朝末期におけるシーア派高等教育とソルターニー・マドラサの役割」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ