« 日本中東学会大会 | トップページ | 「中世末期・近世の知の歴史」プロジェクト連続講演会 »

2012年5月 3日 (木)

『他者と向き合うイラン:歴史的視点によるアイデンティティーの境界』

Abbas Amanat and Farzin Vajdani. Iran Facing Others: Identity Boundaries in a Historical Perspective. New York: Palgrave Macmillan. 2012. 306p.

イラン人のアイデンティティーの境界に関する本です。結構知っている人が書いています。アターバキーさんのはAA研のシンポジウムで発表されたものです。

Iran and Aniran: The Shaping of a Legend. Dick Davis

Redrawing the Boundaries of ‘Ajam in Early Modern Iran. Sunil Sharma

Iranian History of Transition: Recasting Symbolic Identity of Babak Khorramdin. Touraj Atabaki.

Rebels and Renegades on Ottoman-Iranian Borderlands: Porous Frontier and Hybrid Identities. Fariba Zarinebaf

Facing a Rude and Barbarous Neighbor: Iranian Perceptions on Russia and the Russians from the Safavids to the Qajars. Rudi Matthee

Through the Persian Eyes: Anglophilia and Anglophobia in Modern Iranian History. Abbas Amanat

British Imperialism, Regionalism and Nationalism in Iran, 1820–1912. H. Lyman Stebinns

« 日本中東学会大会 | トップページ | 「中世末期・近世の知の歴史」プロジェクト連続講演会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 日本中東学会大会 | トップページ | 「中世末期・近世の知の歴史」プロジェクト連続講演会 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ