« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

シンポジウム「イスラーム法と国家:教義と歴史」

秋葉さんに教えていただきました。私のテーマとかぶる発表があったり、友達がいきなり学会の会長になっていたりして、興味深いです。

-----------------------------------
VII Islamic Legal Studies Conference

"Islamic Law and the State: Doctrine and History"
"İslam Hukuku ve Devlet: Doktrin ve Tarih"

30 MAY 2012 WEDNESDAY / 30 MAYIS 2012 ÇARŞAMBA

09.30-10.00
AÇILIŞ / OPENING

Eugenia Kermeli-Ünal
On behalf of the organising commitee

Bahaeddin Yediyıldız
Atatürk Kültür, Dil ve Yüksek Kurumu Başkanı
ve Türk Tarih Kurumu Başkan V.

Robert Gleave
President of ISILS

Bülent Arınç
Başbakan Yardımcısı ve Devlet Bakanı (Teşrifleri Halinde)

10.00-10.30
Açılış Konuşması / Keynote Speaker: Halil İnalcık

10.30-11.00 Kahve Molası/Coffee Break

11:00 - 15-00 Panel I / I. Oturum:
Courts and the State / Mahkemeler ve Devlet

Morning session / Sabah oturumu:

Moderator: Asifa Quraishi-Landes
(University of Wisconsin Law School)

11:00-11.30 Steven Judd (Southern Connecticut State University) :
Implementation and Appeal of Qadis' Rulings during the Umayyad Period

11.30-12.00 Mathieu Tillier (IFPO, Damascus),:
"Constitutionalism" under the Abbasids: How Qadis Learned to Resist
Political Pressure in Theory and Practice

12.00-12.30 Nimrod Hurvitz (Ben Gurion University):
Tensions between Qadi Courts and Mazalim Tribunes in the Ahkam al-
Sultaniyya of al-Mawardi and Abu Ya`la

12.30-14.00 Öğle Yemeği/Lunch Break

14.00-15.00
Afternoon session / Öğleden sonra oturumu

Moderator: Yunus Apaydin (Erciyes University)

14.00-14.30 Yossef Rapoport (Queen Mary, University of London):
Siyasa and Shari`a under the Mamluks

14.30-15.00 Irene Schneider (University of Göttingen),:
Extra-Shari`a Jurisdiction? The Jurisdiction of `Urfi- and Shar`i-Courts
in Nineteenth-Century Iran

15.00-16.00 Panel
II/II- OTURUM: Muftis and the State / Müftüler ve Devlet

Moderator: Vardit Rispler - Chaim (University of Haifa)

15.00-15.30 Delfina Serrano (CSIC, Madrid):
Sharia and Rule under the Almoravids

15.30-16.00 Samy Ayoub (University of Arizona, Tucson):
The Egyptian Inheritance Statute: The Irrelevance of Territoriality?

16.00-16.30 Kahve Molası / Coffee Break

16.30-17.00 Muhammad al-Atawneh (Ben Gurion University):
The Search for an Islamic State: Debating Politics and Governance in
Contemporary Fatwas

17.00-17.30 Ron Shaham (Hebrew University):
Politics and Gender: Qaradawi on Women in Roles of Political Leadership

31 MAYIS 2012 PERŞEMBE / 31 MAY 2012 THURSDAY

9.00- 11.00 Panel III / III-OTURUM:
Jurists and the State / Hukukçular ve Devlet

Moderator: Nurit Tsafrir (Tel Aviv University)

9.00-9.30 Nejmeddine Hentati (Zaytuna University, Tunis):
Maliki Jurists in the Medieval Muslim West Between Submission and Revolt

9.30-10.00 Murteza Bedir (Istanbul University):
As-Siyasa ad-diniyya vs. as-siyasa al-hissiyya: al-Hasiri's (5th/11th
Century, Central Asia) Conception of the Relationship between Temporal
Power and Religious Power

10-10.30 Marion Katz (New York University):
Public Ritual and the Boundaries of Government Authority

10.30-11.00 Asma Afsaruddin (Indiana University):
Arguing the Caliphate: The Necessity of Political Authority in Islamic
Law

11.00-11.30 Kahve Molası / Coffee Break

11.30-13.00 Panel IV / IV-OTURUM:
Rulers and the Law / Hükümdarlar ve Hukuk

Moderator: Barbara Roberson (Salzburg University)

11.30-12.00 Maribel Fierro (CSIC, Madrid):
Codification of the Law in the Islamic West

12.00-12.30 Florence Hodous (SOAS):
The role of the Yasa and yarghuchis in the Ilkhanate

12.30-13.00 Asad Q. Ahmed (Washington University, St. Louis):
On Its Head: Categorizing the Shari`a in British India

13.00-14.30 Öğle Tatili / Lunch Break

14.30-16.00
Afternoon Session: Öğleden sonra oturumu

Moderator: Ali Bardakoğlu (Eski Diyanet İşleri Başkanı)

14.30-15.00 Susanne Dahlgren (Helsinki University):
'Not to Touch the Custom and Religion': Anglo-Muhammadan Law and the
Colonial State as a faqih

15.00-15.30 Katherine Hoffman (Northwestern University):
Islamic Law, Berber Custom, and Gender under the French Protectorate of
Morocco (1912-1956)

15.30.16.00 Russell Hopley (Bowdoin College):
Confronting the Colonizer: `Ali ibn `Abd al-Salam al-Tusuli and the
Early Jihad against the French Occupation of Algeria

16.00-16.30 Kahve Molası / Coffee Break

16.30-17.30 ISILS Toplantısı / ISILS Business Meeting
(for ISILS members only)

1 Haziran 2012 CUMA / 1 June 2012 FRIDAY

09.00- 11.00 Panel V / V. OTURUM:
Ottoman Law and the State/ Osmanlı Hukuku ve Devlet

Moderator: Mehmet Akif Aydın (İSAM Başkanı)

9.00-9.30 Timothy J. Fitzgerald (James Madison University):
Negotiated Fiat: Ottoman Provincial Law Codes and Governance in Theory
and Practice

9.30-10.00 Sabrina Joseph (Zayed University, Dubai):
Demarcating the Boundaries of State Power: Fatwās on waqfs and Peasant
Tenure in 17th- and 18th-Century Ottoman Syria

10.00-10.30 Engin Akarlı (Brown University):
The Processes of Law and Regulation Making in 18th-Century Ottoman
Istanbul

10.30-11.00 James Baldwin (Queen Mary, University of London):
Mazalim in Ottoman Cairo: The Role of the Sultan and the Provincial
Governor in Administering Justice

11.00-11.30 Kahve Molası / Cafe Break

11.30-13.00 Genel Değerlendirme / General Assessment
Moderator: Robert Gleave

Mehmet Akif Aydın, Ali Bardakoğlu, Ruud Peters, Frank Vogel

13.00-13:30 Wrap-up

13.30-14.30 Öğle Tatili / Lunch Break


2012年5月29日 (火)

1万アクセス突破

ぼーっとしているうちに、このブログも1万アクセスを突破しました。
きわめて特殊な話題しか扱わないのにかかわらず、皆さんに見ていただいて、ありがたいです。

記事数も増え、見にくくなってきましたので、研究ツール等は、別にページを作って、移そうと思います。

今後もよろしくお願いいたします。

2012年5月28日 (月)

ベイルート若手研究者報告会 発表者募集

またまた、宣伝で恐縮です。

--------------------------------------------------------------------
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)は、ベイルートの海外拠点Japan Center for Middle Eastern Studies において、若手研究者の研究報告と現地研究者との討議を中心とした若手研究者報告会を、下記の通り2012年12月1日に開催する予定です。

周囲の方々にお知らせ頂きたく、また該当する会員の方々には奮ってご応募頂きたく、お願い申し上げます。


【日程】 2012(平成24)年12月1日(土)
【会場】 Japan Center for Middle Eastern Studies (JaCMES)
【応募資格】 以下の条件を全て満たす者とします。
a. 日本において中東に関連する人文・社会科学研究(地域研究・歴史学・人類学・政治学・
 イスラーム学など)を専攻している者。国籍は問わない。
b. 2012年4月1日現在、年齢42歳未満の者。
c. 応募時に大学院博士後期課程に在籍している者、もしくはそれと同等以上の研究業績を有する者。
 博士号の有無、有職者であるか否かを問わない。
d.  応募時までに日本もしくは海外の学会等において研究報告を行った経験のある者。
【募集人数】 5名程度
【応募締切】 2012(平成24)年7月13日(金)(当日消印有効)
【選考結果通知】 2012(平成24)年8月上旬(予定)

*詳細は、募集要項(PDF)をご覧下さい

2012年5月27日 (日)

AA研フォーラム「アラビア語著作から読み解く西アフリカ・イスラーム知識人の宗教的・知的連関網」

宣伝で恐縮です。

------------------------------------------------------------------------

アジア・アフリカ言語文化研究所では、以下のようにAA研フォーラムを開催いた
します。
皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 記
日時 2012年6月14日(木) 13:30-15:30
会場: 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 マルチメディア会議
室(304)

内容: 
苅谷康太(AA研所員) 「アラビア語著作から読み解く西アフリカ・イスラーム知識人の宗教的・知的連関網」 概要: 苅谷康太『イスラームの宗教的・知的連関網:アラビア語著作から読み解く西ア フリカ』(東京大学出版会,2012年)の内容を中心に,発表者のこ れまでの研 究の概要を報告する。 使用言語:日本語 参加自由 無料 参考url: 中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成      http://meis2.aacore.jp/

2012年5月25日 (金)

オスマン朝写真アーカイヴズ

オランダの研究者、Machiel Kiel氏の写真コレクションのデジタル・アーカイヴズが公開されました。

http://www.nit-istanbul.org/kielarchive/

現時点では1300点のオスマン=イスラーム建築の写真が公開されています。碑文などもあり、楽しいです。
国としては、トルコ以外、ブルガリア、ギリシア、ハンガリーなどヨーロッパ地域のものです。

今後は、オスマン治下のキリスト教建築、トルコの建築が公開予定だそうです。

2012年5月23日 (水)

第一回国際オスマン世界学会 発表者募集

ちょっと怪しめの学会です。
-----------------------------------------------
1st International Ottoman World: Foundational Coexistences Conference

September 24-26, 2012
Karabuk University, Karabuk Turkey

For over 600 years until its dismemberment in the aftermath of the First World War, the Ottoman Empire was a multiethnic, polyglot, and multireligious entity with diverse political, cultural, and social backgrounds.  Ottomans ruled over a vast geography encompassing the present Middle East, with the exception of Iran, North Africa, and Southeast Europe and left their "imperial print" in those regions.  Describing the Ottoman Empire as a "gunpowder empire" establishing its sovereignty through military conquests and ironclad sultanic rule has certainly merit and historicity to a degree.  However, perpetuating a political entity over such huge distances and diverse communities for so long requires in-depth inquiries and broad analyses and syntheses through the lenses of an “Ottoman world” and "foundational coexistences."  Therefore, The 1st International Ottoman World: Foundational Coexistences Conference, 24-26 September 2012, organized by the Department of International Relations at the Faculty of Economics and Administrative Sciences in Karabuk University at Karabuk, Turkey, largely aims to look at the Ottoman Empire from the edges in terms of space and actors mainly from the late eighteenth century up until the end of the First World War while providing a venue for a thorough discussion of varied themes ranging from, but not confined to, the contention between the imperial center and provinces to Muslim and non-Muslim communities to foreigners and missionaries to religion and law to education to heterodox communities to land administration and fiscal systems to the demise of ancien regime to fine arts, literature, and architecture to military to merchants and bazaars to women in palace and society to press to modernization and industrialization to sufism and tasavvuf to secularization and constitutionalism to labor and bourgeoisie to crime and punishment to police forces and espionage to prisons and undergrounds and to the daily lives of commoners.

The Conference will be a panaromic view of a series of disparate postcards both from the center and the edges of the Ottoman World and is open to papers both in English and in Turkish.  Papers accepted by the Conference will be published and will be available online through a password provided shortly before the Conference date.  A collection of articles selected out of the papers presented in the Conference will be published by a major academic press in English.

Both Karabuk University and Safranbolu, which has been in the world heritage list of UNESCO as a whole town since 1994 particularly for its 600 years old konaqs of unique architecture, will provide a perfect location to look at the Ottoman World from the edges in spatial terms.

For any inquiries you might have, please send an e-mail to devrimumit@karabuk.edu.tr.  For further information and details about the Conference, please visit our website at

http://www.karabuk.edu.tr/ottoman/index.htm.

Abstract Deadline July  1st, 2012


2012年5月21日 (月)

ナショナル・アーカイヴズ

イラン史に関して、19世紀以降のイギリスの文書だと主にナショナル・アーカイヴズになります。ロンドンの西の端のキュー・ガーデンの近くにあります。

リーダーズ・チケットに必要な書類は、基本的に大英図書館と一緒ですが、たぶん日本語が通じないので、英語の住所を証明する書類を準備する必要があります。

 

サイト

http://www.nationalarchives.gov.uk/

 

さて、膨大な文書群のなかからどうやって目的の文書を見つけるか、気が遠くなりそうですが、とりあえずヒントだけ。カタログは電子化されていますが、ファイルの名前は基本的に昔につけられた通りで、キーワードが追加されているわけではありません。したがって、ファイル名がうまくついていればいいですが、 “Miscellaneous”などと書かれていると中身はそれ以上わかりません。

 もちろん、番号である程度絞れます。

たとえば、FO60 Foreign Office: Political and Other Departments: General Correspondence before 1906, Persia18071905年をカバーするそうです(全734ファイル)。

他には

FO248 Foreign Office and Foreign and Commonwealth Office: Embassy and Consulates, Iran (formerly Persia): General Correspondence (18071970) (1710ファイル)

FO60より詳しいですが、その分、目的に達するのはたいへんです。

 

実際に手にとって眺めてみないとわからないことが多いです。あと、昔はコピーを取るのがすごくたいへんだったのですが、今やデジカメで撮影できるので、すごく楽です。

リーダーズ・チケットがあれば文書の事前予約も可能です。

2012年5月19日 (土)

大英図書館とイギリス東インド会社

このようなことは、専門家の方は私よりもよくご存じですが、念のために、一応書いておきます。

近世になるとヨーロッパ語の史料を用いることが可能になります。
イギリス東インド会社関係の文書も、その一つです。

閲覧は、大英図書館のアジア・アフリカ部門で可能です。
アラビア語やペルシア語の写本とは異なって、これらの文書は検索することができます。
文書・写本専用のカタログはこちら

たとえば、バンダル・アッバースの旧名Gombroonで検索すると17世紀と18世紀の文書が90件もヒットします。すばらしいです。Gombroon Diary はきわめて詳細な史料で、多くの研究者が利用しています。

2012年5月17日 (木)

研究会「マムルーク絨毯に見られるトルコ民族の文化的影響」

以下の案内が届いています。参加できないのが残念です。

-----------------------------------------------------------
来る6月5日にトルコ文化財団イスタンブル局の美術史専門員、奥村純代氏をお迎えして、東文研セミナーを開催いたします。 ご著書『The Influence of Turkic Culture on Mamluk Carpets』(イスタンブル、2007年)のテーマについて、お話しくださるようお願いしております。 日本ではなかなか知る機会の少ないマムルーク朝絨毯に関する貴重なご発表です。 どうぞ奮ってご参加ください。 日時:2012年6月5日(火)、15時~17時 場所:東京大学東洋文化研究所3階、第1会議室 発表者:奥村純代氏(Art Historian, Turkish Cultural Foundation, Istanbul Office) テーマ:「マムルーク絨毯に見られるトルコ民族の文化的影響」 概要:15世紀、16世紀にエジプトのマムルーク朝時代に織られた絨毯は、独特の色合いや文様、構図を持ち、他の絨毯グループとは類を見ない。その背景には、キプチャク・トルコ民族が築いたマムルーク朝に、モンゴル征服から逃れてシリア、エジプトの地に移住したアジア、モンゴル出身のトルコ系民族の影響が見られる。エジプトに移住したトルコ系民族出身者は、自分たちの絨毯文化をエジプトへ持ち込み、絨毯を織り、使用し続けた。マムルーク絨毯は西欧、特にイタリアで嗜好され、輸出品や贈り物として特注され、重宝された。マムルーク絨毯の中央に見られる八角形文様とその構図は、エジプトのコプト織物、またはコプト建築の影響を受けたと考えられてきたが、歴史的背景から考察した際、トルコ民族がイスラム教改宗以前にアジアで信仰していた仏教やマニ教、シャーマニズムの文化的影響の一つの痕跡であり、元来の意味は全く消滅してしまっているが、一つの型、一つの装飾文様として、エジプト文化独自の文様と共に応用されたと考えられる。トルコ系民族そしてモンゴル人によってもたらされた、マムルーク絨毯に見られる八角形文様は、15世紀以降地中海地域で頻繁に用いられるようになり、アナトリアやスペイン南部でも独自の歴史や文化のアイデンティティを加えて、その土地特有の文様として絨毯に織り込まれ続ける。トルコ系民族がエジプトへもたらした文化的影響は、絨毯のみならず、建築や細密画など、他分野の美術においても見ることができる。 主催:東京大学東洋文化研究所班研究「イスラーム美術の諸相」 お問い合せ先:東京大学東洋文化研究所桝屋研究室

2012年5月15日 (火)

ナイル・デルタ研究会

「2012年度第1回ナイル・デルタ研究会」のお知らせ

日時:2012年5月25日(金曜日)16:30-18:30
場所:早稲田大学早稲田キャンパス120-1号館(旧早稲田実業学校)2階201-1号室


研究報告(1)
長谷部史彦(慶應義塾大学文学部教授) 「近世ナイル・デルタに関する環境史研究の現状と課題:アラン・ミカイルの近著をめぐって」 研究報告(2)
山口雄治
(徳島大学埋蔵文化財調査室、特任助教/同志社大学文化遺産情報科学研究センター、研究員) 「ナイル・デルタ中・西部におけるグランドトゥルースデータの取得-その方法と課題-」

2012年5月14日 (月)

日本オリエント学会公開講演会「オスマン帝国」

日本オリエント学会公開講演会

鈴木董「オスマン帝国:6世紀半の興亡の歴史」、
日時:平成24年5月19日(土)、13:30-15:00.
会場:東京都千代田区神田錦町1-9東京天理教館9階

総会の前に行われるようです。学会ホームページに掲載されていないのは、総会で、てんてこまいだからでしょうか。

2012年5月13日 (日)

シンポジウム「インドの学問をペルシア語に訳すこと、ペルシア語で書くこと」

以前、少しご紹介したPerso-Indicaプロジェクトのシンポジウムの案内を友人が送ってくれたのでご紹介します。
暇だったら行ってみたいところですが・・・

The 1st Perso-Indica Conference
TRANSLATING AND WRITING INDIC LEARNING IN PERSIAN
30-31 mai 2012
Paris
Université Sorbonne
Nouvelle Paris 3

Mercredi 30 mai 2012, Université Sorbonne Nouvelle Paris 3
salle Claude Simon, 4 rue des Irlandais 75005 Paris
10h00 : Françoise ‘Nalini’ Delvoye,
«Indo‐Persian Texts on Music in the Sultanate Period (13th‐15th Century)»
11h15 : Anna Martin,
«A Study on the Translation Methods Used in the Indo‐Persian Translation Literature of the Mughal Period (16th‐18th century)»
14h00 : Audrey Truschke,
«Contested Translation in Akbar’s Persian Ramayana»
14h45 : Prashant Keshavmurthy,
«Reading Puranic Time: Mirza Bedil and his Brahman Interlocutor »
16h00 : Sreeramula Rajeswara Sarma,
«From Persian to Sanskrit Texts, Translations/Adaptations and Patrons/Authors»
16h45 : Christopher Minkowski,
«Jyotiṣa Authors at the Mughal Court: Muhūrta and Tājika»

Jeudi 31 mai 2012, Université Sorbonne Nouvelle Paris 3,
salle Bourjac, 17 rue de la Sorbonne 75005 Paris
09h30 : Susanne Kurz,
«Role and relationship of Graeco‐Islamic and Indian elements in Persian adaptations of the Koka Shastra»
10h15 : Carl W. Ernst,
«Indian Lovers in Arabic and Persian Guise: Azad Bilgrami’s Depiction of nayikas»
11h30 : Eloïse Brac de la Perrière,
« Persian paintings on Indian learned traditions »
14h15 : Supriya Gandhi,
«Commanding Right and Forbidding Wrong in the Mazhab of the Hindus" : Situating Persian Translations of Dharmaśāstra texts»
15h00 : Thibaut d'Hubert ‐ Jacques Leider,
«Early Orientalism and Arakanese archives: The Persian Buddhist texts of the
Staatsbibliothek, Berlin»
16h15 : Claire Gallien,
«Rewriting the History of India Before the ‘Oriental Renaissance’: From Classical to Persian Sources»

2012年5月11日 (金)

博士論文「サファヴィー朝末期におけるシーア派高等教育とソルターニー・マドラサの役割」

Maryam Moazzen,
"Shi‘ite Higher Learning and the Role of the Madrasa-yi Sulṭānī in Late Safavid Iran"
Ph.D. Dissertation, University of Toronto. 2011.

トロントの学会にいったときに、著者には会ったことがあります。
イランでも噂を聞いていました。あのSubtelnyさんのお弟子さんです。
ついに提出したようです。

未公刊のワクフ証書は一通しか使っておらず、その点はちょっと拍子抜けの感じです。

なお、間違ってDissertation Expressで買ってしまいましたが、トロント大学の図書館ホームページからダウンロード可能です。

http://hdl.handle.net/1807/29816

 

2012年5月 9日 (水)

ヨーロッパ・イラン学会第7回大会 プロスィーディングス

クラクフで見たような気もするのですが、図書館で中身を確認しました。

Maria Szuppe, Anna Krasnowolska  and Claus V. Pedersen ed.
Medieval and Modern Iranian Studies. Proceedings of the 6th European Conference of Iranian Studies held in Vienna on 18-22 September 2007 by the Societas Iranologica Europaea
Paris: Association pour l'avancement de etudes iranienne. 2011

思ったより薄いです。近世関係だけ抜き出しておきます。

Javad ABBASI (Ferdowsi University of Mashhad),
Report of dread: Diaries on the situation iin southern Khorasan at the time of the fall of the Safavid dynasty

Eugenio GALDIERI (ICOMOS, Rome)
Escaliers : un moyen architectural au temps des rois safavides

Laura E. PARODI (Genoa, Italy)
Of Shaykhs, Bibis and Begims: sources on early Mughal marriage connections and the patronage of Babur's tomb

Claus V. PEDERSEN (University of Copenhagen)
The novel in early modern Persian literature.

Giorgio ROTA (Institut fur Iranistik,OAW, Wien)
The mask of Shah'Abbas I

2012年5月 7日 (月)

オックスフォード大学中東研究センター

今日は、オックスフォード大学中東研究センター(Middle East Centre, St. Antony's College, University of Oxford) の紹介です。

といっても、大昔に中岡先生が書かれた紹介があり(『アジア経済』13-8(1972): 88-91).、また、日本の研究者で訪れた人も多いでしょうから、私が述べるようなことはあまりないのですが。

とりあえず、サイト
http://www.sant.ox.ac.uk/mec/

St. Antony's collegeは大学院生のためのカレッジで、地域研究系のセンターが8つあり、中東研究センターそのうちの一つです。(ちなみに日本研究はNissan Instituteです。)カレッジ本体より北に少し行ったところの、古そうな小さな建物がそれです。その有名さからすると、少し驚きます。ちなみに、新しい建物を造ることになっており、そのデザインもサイトに載っています。

基本的には19世紀以降を対象にしており、18世紀以前は東洋学部(Oriental Institute)が扱うそうです。しばしば講演や研究会が開かれるのですが、その場所は1Fの図書館の閲覧室が用いられます。30人も入ればいっぱいです。一度私が行った研究会は、参加者6人くらいでした。

図書室は基本的に図書を貸し出してくれるので、ありがたい存在です。貴重なものとしては、文書館もあって、パレスチナ委任統治期と1970年代のオマーンについて、文書があるそうです。

イラン関係の研究はHoma Katouzian氏が引っ張っています。文学も現代史をも専門とする幅の広さと多くの講演会を企画する企画力が際だっており、学生にも非常に慕われています。

2012年5月 5日 (土)

「中世末期・近世の知の歴史」プロジェクト連続講演会

先日、ご紹介したプロジェクトの連続講演会が始まっています。
ジャーミーの第2回に参加しましたが、非常に興味深いものでした。

IMPAcT Lecture Series Spring 2012

                   

Transmit, Transform, Transcend: IMPAcT lecture series on Late Medieval and Early Modern Islamicate Intellectual History

Trinity Term 2012, Tuesdays or Thursdays, 17:00-18:30                                                         Venue: Eccles Room, Pembroke College, Oxford

Week 1, Tuesday 24/4/2012
Matthew Melvin-Koushki
The occult challenge to philosophy in early 15th century Iran

Week 2, Tuesday 01/5/2012
Ertuğrul Ökten
Countering messianism in the 15th century: ‘Abd al-Rahman Jami’s recasting of Islamic spirituality in the 15th century

Week 4, Thursday 17/5/2012
Amalia Levanoni
The Mamluks and the ulama: A comfortable symbiosis or a growing process of Mamluk takeover?

Week 5, Thursday 24/5/2012
Wahid Amin
The ghost of Ghazali in the 13th century: Nasir al-Din Tusi and the question of ‘Islamic’ philosophy

Week 6, Thursday 31/5/2012
İlker Evrim Binbaş
The King’s Two Bodies in Islamic history: Reflections on Timurid and Ottoman political theology

Week 7, Friday 08/6/2012
Heidrun Eichner
To shape a discipline: Discourses on the definition and constitution of religious sciences during the Mongol period

2012年5月 3日 (木)

『他者と向き合うイラン:歴史的視点によるアイデンティティーの境界』

Abbas Amanat and Farzin Vajdani. Iran Facing Others: Identity Boundaries in a Historical Perspective. New York: Palgrave Macmillan. 2012. 306p.

イラン人のアイデンティティーの境界に関する本です。結構知っている人が書いています。アターバキーさんのはAA研のシンポジウムで発表されたものです。

Iran and Aniran: The Shaping of a Legend. Dick Davis

Redrawing the Boundaries of ‘Ajam in Early Modern Iran. Sunil Sharma

Iranian History of Transition: Recasting Symbolic Identity of Babak Khorramdin. Touraj Atabaki.

Rebels and Renegades on Ottoman-Iranian Borderlands: Porous Frontier and Hybrid Identities. Fariba Zarinebaf

Facing a Rude and Barbarous Neighbor: Iranian Perceptions on Russia and the Russians from the Safavids to the Qajars. Rudi Matthee

Through the Persian Eyes: Anglophilia and Anglophobia in Modern Iranian History. Abbas Amanat

British Imperialism, Regionalism and Nationalism in Iran, 1820–1912. H. Lyman Stebinns

2012年5月 1日 (火)

日本中東学会大会

5月12日-13日に東洋大学白山キャンパスで開催される日本中東学会の今年の大会プログラムが公開されています。

http://www.james1985.org/meetings/annual28_program.pdf

近世・近代史関係では、共同研究員の小笠原さんをはじめ、以下の発表があります。

小笠原弘幸(東洋大学)
「古典期オスマン帝国における『系譜書』―写本、系譜意識、ミニアチュール―」
齊藤優子(日本学術振興会)
「コレラの発生と検疫所の設置から見るオスマン帝国の公衆衛生改革―ルメリ鉄道沿線を事例として―」
鎌田由美子(早稲田大学)
「17-18世紀のデカン地方における絨毯生産―デカン美術の観点から―」
小澤一郎(東京大学)
「19世紀後半における西ヨーロッパ諸国からガージャール朝への武器供与」
藤波伸嘉(東京大学)
「パヴロ・カロリディのオスマン近代」

全般的には、歴史学の退潮著しい今大会です。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ