« 『伝記のレトリック:ペルシア語文化圏で人生を語ること』 | トップページ | 大英図書館の落とし穴1 閲覧証の獲得 »

2012年4月11日 (水)

研究会「帝国の時代の想像力:オスマン帝国とロシア」

研究会のお知らせです。それにしても、何でもいいけど、「スルタン・カブース」だけは何とかして欲しい。

--------------------------------------------------------------------
中東地域研究センターは、ロシア史研究会と、下記の定例研究会を開催します。
詳細につきましては、こちら(PDFファイル)をご覧ください。

「帝国の時代の想像力:オスマンとロシア」
報告者:鶴見太郎(東京大学・明治学院大非常勤講師)
     藤波伸嘉(東京大学特任助教)
日時:2012年5月26日(土)14:00~17:00 参加の事前連絡は不要です。
会場:東京大学駒場キャンパス18号館4階
    コラボレーションルーム 2(会場へのアクセスは、こちらをご覧ください。

« 『伝記のレトリック:ペルシア語文化圏で人生を語ること』 | トップページ | 大英図書館の落とし穴1 閲覧証の獲得 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研究会「帝国の時代の想像力:オスマン帝国とロシア」:

« 『伝記のレトリック:ペルシア語文化圏で人生を語ること』 | トップページ | 大英図書館の落とし穴1 閲覧証の獲得 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ