« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

ペルシア語文献のデジタルライブラリー2

手元に本がないとデジタルライブラリーに頼りがちです。
怪我の功名で見つけたサイトを紹介します。

1. KetabFarsi.com
http://www.ketabfarsi.org/

刊本も雑誌もあります。冊数も多く、アルメニア人の雑誌など変わったものが含まれています。ダウンロード可。多くは無料、一部有料。

2. ヌール・デジタルライブラリー
http://www.noorlib.ir/

刊本のみ。登録すると無料で閲覧だけできます。でも、ときどき図書館にない本があって重宝します。

3. ヌール・雑誌ライブラリー
http://www.noormags.com/

イランの主な学術雑誌をカバーしており、検索も簡単、PDFでダウンロードできます。
すばらしいです。以前は、確かお金を払わなければならず、しかも国外からは払えない仕組みだったように思うのですが、今や無料です。登録が必要ですが、ユーザーIDとパスワードは、2.と共通です。
今のうちに、いろいろダウンロードしておこうと思っています。

2012年4月27日 (金)

第5回ペルシア語文化圏学会隔年大会@ハイダラバード

すでに、1月初めに終了してしまった学会ですが、プログラムとアブストラクトがサイトに掲載されています。

予定はもっと早かったはずですが、延期されてこうなりました。アメリカの学会ですが、コーカサスやインドなどイラン周辺地域の研究者が多く参加するところが特徴です。

The Fifth Biennial Convention of the Association for the Study of Persianate Societies
Hyderabad, India, January 4-8, 2012

http://www.persianatesocieties.org/content/conference.htm

近世のパネルとしては
1. Persianate Court Culture in India
Understanding Power and Court Ceremonial of the Qutb Shahis
Salma Farooqui
Maulana Azad National Urdu University, Hyderabad

The Power of Poetry or How a Few Well Written Lines made a Battle-hardened Warrior Change his Mind
Benedek Péri
Eötvös Loránd University, Budapest

Mughal Agra/Akbarabad as reflected in the Persian tazkiras
Zarina Khan
Womens College, Aligarh Muslim University

Sarkar-e-Khodadad: Persian in the Court of Tipu Sultan of Mysore, 1782-99
Madhabi Rupa Roy
Independent Scholar

3. Hyderabad: Society and Culture
The Devotion of Hyderabadi Urdu Poets to Hazarat ‘Abbas b. ‘Ali (A.S.)
Sadiq Naqvi
Osmania University (retired)

Medical and Historical significance of Darul Shifa: A General Hospital in Hyderabad, Deccan, during the 16th Century
Syed Ayub Ali
Kakatiya University
Warangal, Andhra Pradesh

Analysis and Investigation of “The Report of the Siege of Hyderabad” Based on Iranian Libraries Manuscripts
Mohammad Hakimazar
Islamic Azad University, Shahrekord

Indo-Muslim Culture in Hyderabad: Old City Neighborhoods in the Nineteenth Century
Karen Leonard
UC Irvine

Hyderabad in Two Unknown Persian Manuscripts
Farnaz Naghizade
Islamic Azad University, Islamabad Gharb Branch, Iran

あとばらばらに入っているもののなかでは

Mir’āt al-Quds or the Holy Mirror: The Making of the Fifth Mughal Book of Gospels
Gulfishan Khan
Aligarh Muslim University

Hasaniya’s Treatise: Shi’ism, Translation, and the Risāla in Early Safavid Period
Rosemary Stanfield-Johnson
University of Minnesota, Duluth

A New Glance at Persian Historiography in India: Case Study: History of Firashtah
Ali Mohammad Tarafdari
Encyclopeaedia Islamica Foundation

Isfahan, as a Chahār-bāgh Conceived Garden City
Dariush Borbor
Independent Scholar

Diplomacy and Poetry: Khosrow Mirza’s Commemorative Inscription Revisited
Grigol Beradze
G. Tsereteli Institute of Oriental Studies, Tbilisi

Role and Influence of Safavid Iran in the Formation of Modern Diplomacy
Aurélie Chabrier
University of Toulouse II-Le Mirail

Some Observations on the New Findings on Slavery in the Safavid Era
Rasool Jafarian

The Majles Library and the University of Tehran
Several tughrākash in the Service of Mirzā Habibullāh Sadr-e Mamālik-e Mahrusa
Omid Reza’i
Institute for Humanities and Cultural Studies, Tehran

A Mughal Shāhnāma from Ahmedabad: Sub-Imperial or Provincial?
Sunil Sharma
Boston University

The Poet as Anthologist: Defining a Fresh Tradition in the Bayāz of Sā’eb Tabrizi
Paul Losensky
Indiana University

などがありました。結構大物の名前がありますが、みんなちゃんと参加したんでしょうか。

2012年4月25日 (水)

ペルシア語辞書もろもろ

新学期になり、東京外大の辞書案内がまとめられています。アラビア語は、全く使えない上に、アラビア語の印刷が逆になっていますが。
http://www.tufs.ac.jp/common/library/guide/biblio/tufsbiblio.html#zisho

以前、書いたペルシア語オンライン辞書ですが、http://www.rismoon.comのモイーンがいつのまにか、無くなってしまいました。その代わりに、隠れモイーンがどうどうとモイーンを名乗り、デホダーと切り替えられるようになっています。(ただし、このモイーンは短縮版です。)
http://www.jasjoo.com/books/wordbook/fa/

あと、最近発見したペルシア語辞書では、無名のペルシア語-ペルシア語辞書が優れています。詮索するとなくなりそうなので、このまま紹介します。
http://farsilookup.com/p2p/seek.jsp?lang=fa

スマートフォンだとこれら辞書も使えるのですが、スマートフォン専用のアプリもあります。もちろんその方が検索が早いです。

1. iFarsi  比較的早く完成。英-ペ、ペ-英 両方有り。i-phone, android両方あり。
訳語が簡単すぎて、あまり使えない。無料。

2. Fast Dictionary 英-ペ、ペ-英 両方有り。i-phone, android両方あり。
1. よりは訳語が多い。無料

3. Moin Dictionary  モイーンの短縮版。i-phoneのみ。現在、150円

4. Dekhoda Dictionary デホダーの短縮版だが、結構使える。i-phoneのみ。現在450円。

いくら短縮版でもデホダー450円は衝撃の価格です。

アンドロイドはイラン製のものがもっとあると思うのですが、あいにく自分が持っていないので、ちゃんと探していません。(私もほとんど、ただの辞書マニアになりつつあります。)でも、スマホで動くアプリも今後は増えそうですね。重い辞書を担いで授業に行ったのが、完全に昔話になるかもしれません。

2012年4月23日 (月)

学会「アフル・アル=バイトの墓廟:建築、儀礼、表象と教育」

おもしろそうな学会です。知り合いも何人か発表するし、行きたいところですが、場所がアブダビというのが、ハードルです。

--------------------------------------------------------------------
Shrines of Ahl al-Bayt:  Architecture, Ritual, Representation and Education
May 7-8, 2012
NYUAD Downtown Campus

Convened by:  Yasser Tabbaa,  NYUAD
Film Program:  Pedram Khosronejad,  University of St. Andrews

Art historians, historians, anthropologists, and film historians examine the resonant and affective concept of Ahl al-Bayt  (Family of the Prophet), focusing particularly on their shrine complexes in the Arab World and Iran.  Examining the architectural, ritual, iconographic, theological, and educational dimensions of these shrines, the Conference highlights the inclusive pieties historically practiced in these shrines and their continuing significance in the contemporary world.

MONDAY MAY 7 | DAY 1

10:00 – 12:00 AM        Session I: Ahl al-Bayt:  Architecture and Patronage

10:00-10:30    
The Relationship of Shrine Architecture to Shi’i Ritual
        James W. Allan, Emeritus, University of Oxford

10:30-11:00    
Sharing in Piety: Sunnis and Shi’is as Patrons of the ‘Alid Shrines in Damascus
        Stephennie Mulder,  University of Texas Austin

11:00-11:30            
Redefining Political legitimacy:  The Mashhad Shrine under Nadir Shah Afshar
         May Farhat,  American University of Beirut

12:20 – 1:35 PM Session II:  Ritual Practice:  Normative Contexts
12:20-12:50    
Negotiating the Intersection of Text and Place at Ali’s Shrine in Najaf
Rose Aslan University of North Carolina at Chapel Hill

12:50-1:20      
“Why did the Qajars Become Such Enthusiastic Patrons of Ta’ziyeh? A Simple Question with a Complex Answer.”
         Kamran Scott Aghaei   University of Texas Austin

2:40 – 4:00 PM  Session III  Ritual Practice:  New Contexts
2:40-3:10      
Affecting ‘Ashura:  Rethinking Revolution and Redemption in Contemporary Syrian Twelver Shi‘i Mourning Rituals
        Edith Szanto, American University of Suleymaniyya

3:10-3:40      
Shrines and Sacred Memorials of Unknown Martyrs of Iran-Iraq War
        Pedram Khosronejad, University of St. Andrews

4:30 – 6:00 PM  Session IV:  Ritual Practice:  New and Virtual Contexts
4:30-5:00      
Tashabih – The Shi’ite Religious Theatre in Western Migration
        Ingvild Flaskerud, University of Bergen

5:00-5:30      
Mediated Pilgrimage Among Shi’ite Muslims: A case study of Imam Reza Holy Shrine
        Mahrou Zia,  University of Lancaster

TUESDAY MAY 8 | DAY 2
9:30 – 11:00 AM Session V: Hawza  and the Transmission of Knowledge
9:30-10:00      
Hawza and Haram: The Scholarly-Shrine Relationship in Shi’i Islam
        Robert Gleave,  University of Exeter

10:00-10:30    
Najaf, Past and Present                         
        Sabrina Mervin, CNRS/ Le Centre d'Etudes Interdisciplinaires des Faits Religieux

11:30 AM – 1:00 PM      Session VI: Representation and Iconography
11:30-12:00    
Iconography and Ideology: Commemorating the Cult of Shi‛i Imams in Early Safavid Iran
         Kishwar Rizvi, Yale University

12:00-12:30    
Tell your Cousin to Place a Ring on his Right Hand and Set it with a Carnelian: Notes on Wearing the Ring on the Right Hand among Shi'ites
         Khalid Sindawi The Max Stern Academic College of Emek Yezreel & Tel Aviv University  (Paper read by Yasser Tabbaa)

2:00 – 3:30 PM  Session VII: Representation and Iconography
2:00-2:30                     
The Ta'zieyh and Iranian Cinema
          Negar Mottahedeh, Duke University

2:30-3:00               
The Light Within:  Radiant and Luminescent Ornament in Shi’i Shrines
          Yasser Tabbaa, NYU Abu Dhabi

2012年4月21日 (土)

博士論文「コスモポリタンな出会い:ムガル朝宮廷におけるサンスクリット語とペルシア語」

小倉さんに教えていただきました。

Audrey Angeline Truschke
"Cosmopolitan Encounters: Sanskrit and Persian at the Mughal Court"
Ph.D.Dissertation, Columbia University. 2012.

以下のページから無料で、ダウンロード可能です。
http://academiccommons.columbia.edu/item/ac:145903

簡単な目次は以下の通り
INTRODUCTION
1. SANSKRIT LITERATI AND LITERATURE AT THE MUGHAL COURT
2. JAIN ACCOUNTS OF THE MUGHAL COURT
3. IMPERIAL TRANSLATION: THE PERSIAN MAHĀBHĀRATA
4. INDO-PERSIAN RECEPTIONS: COURTLY TREATMENTS OF SANSKRIT KNOWLEDGE AND LITERATURE
CONCLUSION

サンスクリットの側から見るとムガル朝もずいぶん違って見えそうです。
個人的には、サンスクリットが17世紀半ば以降、「ヒンディー」などの俗語に取って代わられていき、力を失うという話が、おもしろかったです。しかし、いまのヒンディー語はもっと遅くに成立したものですから、この「ヒンディー」はなんなんでしょうね。

ついでに、サンスクリット語文献のペルシア語訳に関するプロジェクトを紹介しておきます。
Perso Indicaです。
http://www.perso-indica.net/

今年の5月30-31日にはパリで第一回の国際会議が開かれるそうです。
出版も計画されているとのことで、今後が楽しみです。

2012年4月19日 (木)

大英図書館の落とし穴3 写本の閲覧

48時間見ないといけないとはいえ、刊本がカタログから簡単に請求できるのに対して、写本はさらに面倒です。刊本同様、スタートは館内にいてもそうでなくても、次のページです。

Explore the British Library 

右端からLoginし、検索はせずに、Reservation Listへ行きます。
そうすると下に、Asia, Pacific and Africa Collections というのが出てきます。

その中で、Oriental Manuscriptsというのを選び、Shelfmarkと題名、著者名を入力します。
'Go'の赤いボタンをクリック。

その後、右上の赤い"Reservation List"をクリックし、出てきた画面でavailableであれば、閲覧日を調整して、"request"をクリック。

これで完了です。通常は70分かかるという風に出ます。前もって予約することもできます。
状況はExplore the British Library から"My Reading Room Request"にログインすることで、確認できます。

落とし穴は、Shelfmarkにあります。
これが正しく入らないと、予約できません。
古いカタログに載っている Or やAddで始まる番号があれば、それを入力すればいいのですが、これはもちろん現時点では紙のカタログを見なければわかりません。大英図書館のサイトで調べることはできないのです。

さらにコレクションによっては、Shelfmarkをどう入力していいかわかりません。
ペルシア語写本はIndian Officeのものも結構あるのですが、それは
IO Islamic
に番号を加えなければなりません。他の形で入れると、機械が受け付けてくれません。

実際のところ、紙のカタログと請求番号の対応関係は、ロンドンのReading Roomで目録を見ないとわからないことになっています。カタログに一枚紙が挟んであり、そこに書いてあるのです。ですので、通常のカタログとIndian Office以外のものの場合には、Reading Roomに行かないと、請求は無理です。

便利なようで、紙のカタログに頼らなければならないところが、まだまだですね。



2012年4月17日 (火)

大英図書館の落とし穴2 刊本の閲覧

大英図書館で、すべての図書の請求は、オンラインで行われます。スタートはこのページです。

Explore the British Library

ただし、電話やファックス、メールで予約することもできることになっています。ただし、この場合は、4日以上前にしなければなりません。
http://www.bl.uk/reshelp/inrrooms/stp/order/advancereq/stpadvorder.html

また、アジア・アフリカ諸語のコレクションの現状は以下の通りです。
1850年以前出版の図書(アラビア語は1900年以前出版の図書)
 ロンドンから動かないものの、使用不可
1850~1985年出版の図書(アラビア語は1900~1985年出版の図書)
 ロンドンから移動中、使用不可
1985年以降出版の図書
  新書庫に所蔵。土日を除いて48時間ないとロンドンに届かない。(例:木曜日の16:00以降に頼んだものは次の火曜日まで届かない)。

というわけで、移動が終わっても、1850年以後(アラビア語は1900年以後)の刊本の閲覧にはかなりの時間的余裕が必要です。

代替手段として、スキャンしてPDFで送ってもらうというのもあります。ただ、お金がかかる上に、著作権上どこまで許されるかよくわかりません。そもそもそれだったら日本で注文しても一緒ですよね。

2012年4月15日 (日)

シンポジウム「現代ペルシア語言語文化」

シンポジウム、開催中です。現代ですが、ペルシア語文化圏の言語文化に関するもので、興味があり、参加中です。

------------------------------------------------------------------
Conference
Contemporary Persian Verbal Culture: A Symposium
14-15 April 2012, St. John’s College, Oxford

Programme
Saturday 14 April

9.30-10.30am     Keynote : William O. Beeman (University of Minnesota): “Persian, Dari and Tajik: A Shifting Linguistic Landscape.”

11.00am-1pm     Panel 1: Living Vernacular Traditions in the Persianate World
Chair: Edmund Herzig (University of Oxford)
Margaret A. Mills (Ohio State University): “Life in War/War in Life: Afghan Personal   Narratives, Traditional Speech Genres and Cultural Loss.”

Gabrielle van den Berg (Leiden University): “Language and Performance: Oral Traditions in Tajik Badakhshan.”

Dominic Parviz Brookshaw (Stanford University): “Vernacular Identity: Tehran’s Relationship with the Colloquial.”

2.30-4.30pm     Panel 2: New Media: Blogs and Broadcasting at Home and in the Diaspora
Chair: Stephanie Cronin (University of Oxford)
Orkideh Behrouzan (University of Texas Medical Branch at Galveston): “Dépréshen Translated: Memory Work and Emerging Psychiatric Discourses in Iranian Blogs.”

Sima Shakhsari (University of Houston): “Blogging for a Living and Politics of Rightful Killing: Persian Blogging, Gendered Soldiers, and Neoliberal Diasporic Entrepreneurship.”

Samad Alavi (UC Berkeley): “Parazit: Persian Satire in the Facebook Age”

5.30-7.30pm     Film Screening: Dar Nimparde-ye Shab, Avaz-e Aftab (in Persian without subtitles) and presentation/performance with Abdi Behravanfar on “The Repertoire of the Bakhshis [Traditional Master Musicians] of Northern Khorasan” (in Persian with translated handout; The Barn)


Sunday 15 April

11am-1pm     Panel 3: Genre, Gender and Generation in Post-Revolutionary Iranian Texts
Chair: Homa Katouzian (University of Oxford)
Niki Akhavan (Catholic University of America): “The Simple Language of War: Women Writers and the ‘Literature of the Holy Defense’.”

Fatemeh Shams Esmaeili (University of Oxford): “From Bullet to Bread: Verbal and Ideological Transformations in Qaysar Aminpur’s Poetic Discourse”

Nahid Siamdoust (University of Oxford): “Out of Tune: Islam as a Contested Idiom in Iranian Rap, Rock and Pop Music”

2.30-4.30pm     Panel 4: Poetry as Life, Belief and Social Resource
Chair: Domenico Ingenito (University of Oxford)
Setrag Manoukian (McGill University): “Poetry as a Mode of Existence in Modern Iran.”

Zuzanna Olszewska (University of Oxford): “Generational Conflict and Authenticity of Expression in Afghan Poetry Circles.”

Benjamin Gatling (Ohio State University): “Mavlavi Jununi and New Sufi Poetics in Tajikistan.”

2012年4月13日 (金)

大英図書館の落とし穴1 閲覧証の獲得

最近、大英図書館(British Library)にも出かけていますが、写本閲覧の過程で、得た経験を書いておきます。システムもよく変わるので、あくまで現状紹介ということで。

何でもホームページに載っているはずなのですが、サイトがあまりに巨大すぎて、すぐ迷ってしまいます。

今日は、閲覧証の獲得編です。

基本的に2種の書類が必要です。1つはパスポートで問題がないのですが、もう1つの住所を証明する必要が難題です。

国際免許証が一番簡単だという話ですが、私のように免許を持っていない人間はどうしようもありません。幸い大英図書館には日本語担当の司書がいるので、日本語の書類も有効です(若干、司書の方を呼ぶので時間がかかります)。したがって、たとえば、日本語のクレジット・カードの請求書を持って行けばいまのところ大丈夫です。

最近は、(少なくともイギリスでは)、クレジット払いが多いのでいろいろな領収書がプリントアウトでしかもらえないことが多いのですが、プリントアウトの書類は全く受け付けられませんので、ご注意ください。あるいは、所属先の英文紹介状に住所も含めてもらって、公印を押してもらうというのがいいかもしれません。

ちなみに、更新の際も同じように2種の書類がいるそうです。有効期間は3年、すぐ経ってしまいそうです。


2012年4月11日 (水)

研究会「帝国の時代の想像力:オスマン帝国とロシア」

研究会のお知らせです。それにしても、何でもいいけど、「スルタン・カブース」だけは何とかして欲しい。

--------------------------------------------------------------------
中東地域研究センターは、ロシア史研究会と、下記の定例研究会を開催します。
詳細につきましては、こちら(PDFファイル)をご覧ください。

「帝国の時代の想像力:オスマンとロシア」
報告者:鶴見太郎(東京大学・明治学院大非常勤講師)
     藤波伸嘉(東京大学特任助教)
日時:2012年5月26日(土)14:00~17:00 参加の事前連絡は不要です。
会場:東京大学駒場キャンパス18号館4階
    コラボレーションルーム 2(会場へのアクセスは、こちらをご覧ください。

2012年4月 9日 (月)

『伝記のレトリック:ペルシア語文化圏で人生を語ること』

昨年、出版された本ですが、まだ、日本の大学図書館には入っていないようなので、紹介します。薄い本ですが、内容は意外に充実しています。自分の研究とも結構ダブっています。

L. Marlow
The Rhetoric of Biography : Narrating Lives in Persianate Societies
Boston, Mass. : Ilex Foundation
177p.

内容
Olga M. Davidson
The Testing of the Shahnama in the "Life of Ferdowsi" Narratives

MohammadJafar Mahallati
Biography and the Image of a Medieval Historian:
The Tarikh-i jahan-gosha of 'Ata-Malek Jovayni

Maria Szuppe
AGlorious Past and an Outstanding Present:
Writing a Collection of Biographies in Late Persianate Central Asia

Stephen Dale
Autobiography and Biography: The Turco-Mongol Case: Babur. Haydar Mirza, Gulbadan Begim and Jahangir

Devin Stewart
Women's Biographies in Islamic Societies:
Mirza 'Abd Allah al-Isfahani's Riyad al-'ulama'

Michael Cooperson
AI-Ma'miin and 'Ali al-Rida (Emam Reza) on Iranian Television

2012年4月 7日 (土)

平成24年度 中東☆イスラーム教育セミナー 受講生募集

宣伝で恐縮です。共同研究員の山口さんにも講義をお願いいたしました。
---------------------------------------------------------------

平成24年度 「中東★イスラーム教育セミナー」 募集要項

【開催期間】     平成24年9月14日(金)~17日(月・祝)の4日間
【開催場所】     東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
【講師】
西井凉子(人類学:東南アジア研究)、小林春夫(イスラーム思想研究)、中山紀子(社会人類学:トルコ研究)、山口昭彦(歴史学:イラン・クルド史研究)、大石高志(南アジア近現代史・地域研究)、錦田愛子(パレスチナ/イスラエル研究)
【その他スタッフ】
飯塚正人、黒木英充、髙松洋一、近藤信彰、床呂郁哉、福島康博、大川真由子 その他交渉中

【応募資格】     イスラームもしくは中東に関連する人文・社会科学研究(地域研究・歴史学・人類学・政治学・経済学・社会学・国際関係論・移民研究など。たとえば「東南アジアにおけるイスラーム教育」「ヨーロッパのムスリム移民」なども含む)を志す大学院生、またはそれに相当する研究歴を持つ者で、受講期間を通じて講義に出席し、討論に積極的に参加する意思を持つ者。
【募集人数】     25名程度。
【応募締切】     平成24年6月22日(金)(当日消印有効)

* 持参の場合は6月25日(月) 15時まで受付
* 受講者は選考のうえ、7月上旬頃に応募者に通知します。
* 詳細は、平成24年度 中東☆イスラーム教育セミナー 募集要項(PDF)をご覧下さい。

2012年4月 5日 (木)

オスマン帝国史料解題

http://www.tbias.jp/ottomandocuments/

イスラーム地域研究、東洋文庫拠点のページに掲載されました。

枢機勅令簿/カーヌーンナーメ/シャリーア法廷台帳/勅旨/修史官年代記/地理書/
法令集Düstur/新聞(1870年代まで)/雑誌(青年トルコ革命以前)/ カラマン語史料
の十項目が扱われています。

初学者のために、最初にオスマン史料全体を見渡すような総論ができるといいですね。
年3回更新だそうで、今後も期待されます。

2012年4月 3日 (火)

新刊『オスマン帝国史の諸相』

日本から目次を教えていただきましたので、ご紹介します。
オスマン関係論文がこれだけ並ぶと、壮観です。

------------------------------------------------------

鈴木董編『オスマン帝国史の諸相』山川出版社.2012年.480ページ.定価6,000円

序- 本邦におけるオスマン史研究史私観     鈴木 董
第Ⅰ部 国際関係と交易
近代オスマン帝国の外交網の拡大過程  鈴木 董
ヴェネツィア人領事が見たエジプトとその周辺   堀井 優
オスマン帝国におけるフィレンツ絹織物および毛織物の販売 鴨野洋一郎
穀物問題に見るオスマン朝と地中海世界        澤井 一彰
オスマン帝国の「条約の書」にみる最恵国条項   松井真子
一八〇二年ワラキア・モルドヴァ公宛て勅令の意義こついて 黛 秋津

第Ⅱ部 前近代のオスマン帝国
オスマン王統譜における始祖たちの変容   小笠原弘幸
十八世紀後半オスマン朝の官僚機構における情報共有  高松洋一
オスマン朝の財政機構  清水保尚
部族から県へ 齋藤久美子
オスマン朝「軍人法官」の実像 松尾有里子

第Ⅲ部 帝国の西洋化改革から国民国家形成へ
オスマン帝国の制定法裁判所制度   秋葉 淳
オスマン帝国の税制近代化と資産税  大河原知樹
オスマン帝国における「公教育」と非ムスリム  長谷部圭彦
非ムスリムのオスマン官界への参入  上野雅由樹
トルコ正教会独立遊動とトルコ入念織  石丸由美
現代トルコの民族主裁者行軌党(MHP)とイスラーム 宮下(関口)陽子

---------------------------------------------------------
なお、編者の鈴木先生からご恵贈いただきました(4/3)。誠にありがとうございました。

2012年4月 1日 (日)

第9回国際イラン学会隔年大会@イスタンブル 3

今日は第4日目のプログラムのご紹介。
アメリカでは近世史が盛んだというのがよくわかります。
逆にガージャール朝史は今ひとつ少ないです。

あと、思ったよりイランからの参加者が少ないです。

Panel 101: Sources in Safavid Studies (II): Art and Craft
Michael Chagnon New York University, US
    “Cloath’d in Several Modes”: Ethnic Description in Later Safavid Painting
Amy Landau Johns Hopkins University, US
    Armenian Textual Sources for the Study of Seventeenth-Century Safavid Art and
  Architecture
Jake Benson University of Maryland, College Park, US
    Naqsh Bar Āb: The Transfer of Paper Marbling Techniques between India, Iran and
  Turkey
Aslihan Erkmen Istanbul Technical University, Turkey
    A Unique Illustrated Tazkira of Shaykh Safi al-Din at the Aga Khan Museum Collection

Panel 117: Isfahan and Beyond: Royal and Ordinary Lives in Cities from the Safavid to Early Qajar Periods
Yukako Goto Kwansei Gakuin University, Japan
    Safavid Subcenters and Their Functions
Houri Berberian California State University, Long Beach, US
    The Lives of Julfan Armenian Women and Early Modern Laws
Armin Yavari Independent Scholar, UK
    Paradise Regained: the Eclipse and Re-Ascent of Isfahan’s Fortunes, 1722-1825

Panel 121: Perspectives on Persian Art in Istanbul Collections (ILEX-sponsored panel)
Sheila Canby The Metropolitan Museum, New York, US
    The Demimonde in Safavid Painting
Charles Melville Cambridge University, UK
    The “Big Head” Shāhnāma and its Unique Features
David Roxburgh Harvard University, US
    Artistic Production in Herat, Shiraz, Tabriz and Baghdad: the 1450s and 1460s
Marianna Shreve Simpson President, Historians of Islamic Art Association, US
    In the Beginning: The Earliest Dated and Illustrated Shāhnāma of Ferdowsi (TSMK
  H.1479)
Laura Weinstein Museum of Fine Arts, Boston, US
    Ottoman Form, Dakani Words: A Calligraphy Album from the Deccani Sultanate of
  Golconda

Panel 122: Religious Manifestations and Transformations in 16th and 17th Century
Farida Stickel University of Zurich, Switzerland
    Converting Iran: Religious Policy under the Early Safavids
Walter Posch German Institute for International and Security Affairs (SWP), Germany
    Sufi Path and Noble Lineage: Some Remarks on the Life of İbrahim Gülşeni
Sarah Morrell Indiana University, US
    Muhammad, Safi al-Din and the Eschaton: Visual Millenarianism in a Late
  16th-Century Manuscript of the Safwat al-Safa
Ata Anzali Rice University, US
    Some Reflections on the Early Developments of the Dhahabiya Sufi Order

Panel 124: Desire in the City: Exploring Shahrâshûb (Şehrâşûb) and Shahrangîz (Şehrengîz) in Poetry and Manuscript Illustration
Dominic Brookshaw Stanford University, US
    Shahrangîz Meets Shahrâshûb: Commonalities and Divergences in Two Early
  Sixteenth-Century Persian City-Disturber Panegyrics
Selim Kuru University of Washington, US
    Şehrengîz is Not Şehrâşûb: Trials and Tribulations of Two Genres in Two Languages
Oya Pancaroglu Boğaziçi University, Turkey
    Market Conditions and the Settings of Love in the Romance of Varqa va Gulshâh
George Dedes School of Oriental and African Studies, UK
    Lâmi'î’s Şehrengîz-i Borusâ: the Coming of Age of an Ottoman Genre?

Panel 128: The Shomal in Historical Perspective (Safavid Period)
Rula Abisaab McGill University, Canada
    The Safavid Shahs, the Mujtahids and Peasant Revolts in Astarabad
Alberto Tiburcio McGill University, Canada
    Toward a Historiography of Plagues in Northern Iran
Sinem Arcak University of Minnesota, Twin Cities, US
    Picturing Conquest in the Ottoman-Safavid Wars (1578-1590)
Nazak Birjandifar McGill University, Canada
    Religion in Gilan during the Safavid Period

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ