« シンポジウム「現代ペルシア語言語文化」 | トップページ | 大英図書館の落とし穴3 写本の閲覧 »

2012年4月17日 (火)

大英図書館の落とし穴2 刊本の閲覧

大英図書館で、すべての図書の請求は、オンラインで行われます。スタートはこのページです。

Explore the British Library

ただし、電話やファックス、メールで予約することもできることになっています。ただし、この場合は、4日以上前にしなければなりません。
http://www.bl.uk/reshelp/inrrooms/stp/order/advancereq/stpadvorder.html

また、アジア・アフリカ諸語のコレクションの現状は以下の通りです。
1850年以前出版の図書(アラビア語は1900年以前出版の図書)
 ロンドンから動かないものの、使用不可
1850~1985年出版の図書(アラビア語は1900~1985年出版の図書)
 ロンドンから移動中、使用不可
1985年以降出版の図書
  新書庫に所蔵。土日を除いて48時間ないとロンドンに届かない。(例:木曜日の16:00以降に頼んだものは次の火曜日まで届かない)。

というわけで、移動が終わっても、1850年以後(アラビア語は1900年以後)の刊本の閲覧にはかなりの時間的余裕が必要です。

代替手段として、スキャンしてPDFで送ってもらうというのもあります。ただ、お金がかかる上に、著作権上どこまで許されるかよくわかりません。そもそもそれだったら日本で注文しても一緒ですよね。

« シンポジウム「現代ペルシア語言語文化」 | トップページ | 大英図書館の落とし穴3 写本の閲覧 »

研究機関・図書館・文書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大英図書館の落とし穴2 刊本の閲覧:

« シンポジウム「現代ペルシア語言語文化」 | トップページ | 大英図書館の落とし穴3 写本の閲覧 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ