« 第9回国際イラン学会隔年大会@イスタンブル 1 | トップページ | 第9回国際イラン学会隔年大会@イスタンブル 2 »

2012年3月30日 (金)

イラン研究会プログラム

週末のイラン研究会のプログラムが届きました。

------------------------------------
2011年度イラン研究会プログラム

会場:東京外国語大学事務棟二階中会議室(〒183-8534東京都府中市朝日町3-11-1)

第一日 3月31日(土)
13:00~13:10
開会の辞
13:10~13:40
山本久美子「『バルズ-ナーマ』:叙事詩と口頭伝承」
13:40~14:10
田熊友加里「19世紀末ベルリンにおける絨毯コレクショの形成とそ影響
―東欧ユダヤ系イェームズ家の動向を手がかりに」
14:10~14:40
森田豊子「家族保護法に関する一考察」
14:40~15:10
藤元優子「S.ダーネシュヴァル「蛇と男」を読む」
15:10~16:00
休憩(50分) ※プログラム調整時間
16:00~16:30
大塚修「ペルシア語文化圏における古代史の創造―シャラフィーカズウィーニ著『ペルシア諸王列伝』写本の流行を中心に」
16:30~17:00
阿部尚史「19世紀タブリーズの住民と世帯」
17:00~17:30
アリー・ゴルモハンマディー
"The Historical Background of Modernization in Qajar Iran and Edo Japan"
17:30~18:00
コンフェッショ① (1日目のみ参加の方)
18:15~ 懇親会 (会場:なにわ)

第二日 4月1日(日)
10:00~10:30
中村菜穂 「立憲革命期の詩人たち」
10:30~11:00
前田君江「1979年の詩『この行き止まりで』(アフマド・シャームルー)の受容と技法の革命命から「緑の運動」までまで――」
11:00~11:30
斉藤正道「反西欧主義の源流探訪」
11:30~12:00
徳原靖浩「ナーセル・ホスロウ著作にみられる特殊語彙“jakuljakul”について」
(休憩・昼食休憩・昼食)1時間半
13:30~14:00
鈴木均「アフガニスタン近代史再考」
14:00~14:30
深見和子「イランの遊牧地域における染料植物調査ついて」
14:30~15:20
コンフェッショ②
15:20~15:30
閉会の辞

« 第9回国際イラン学会隔年大会@イスタンブル 1 | トップページ | 第9回国際イラン学会隔年大会@イスタンブル 2 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラン研究会プログラム:

« 第9回国際イラン学会隔年大会@イスタンブル 1 | トップページ | 第9回国際イラン学会隔年大会@イスタンブル 2 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ