« 第19回中央ユーラシア学会大会@インディアナ大学 | トップページ | ハウザ・プロジェクト 最終シンポジウム »

2012年2月26日 (日)

研究会「オスマン帝国と立憲政」

東京大学東洋文化研究所の研究会のお知らせです。

-------------------------------------------------------------
下記の要領で第45回セミナーを開催いたしますので、ご案内いたします。
参加申し込みは必要ありませんので、奮ってご参加下さい。

日時:2012年3月1日(木)17:00-18:00
会場:東京大学東洋文化研究所 2階 第3会議室(206室)
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/access/index.html
報告者:藤波伸嘉(日本学術振興会特別研究員PD)

報告要旨
昨年末に報告者の単著『オスマン帝国と立憲政』が刊行された。その主題は、
1908年の青年トルコ革命後、20世紀初頭のオスマン帝国で展開された多民族多宗
教的な立憲政の実態を明らかにすると共に、それを立憲主義論や政治学の議論に
も架橋し、また同時代他帝国の事例との比較を行なおうとするところにあった。
今回の報告では本書の内容紹介を中心としつつ、今後更に深められるべき論点に
ついて、議論を試みることとしたい。

お問合せ先:日本・アジアに関する教育研究ネットワーク(ASNET)

« 第19回中央ユーラシア学会大会@インディアナ大学 | トップページ | ハウザ・プロジェクト 最終シンポジウム »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研究会「オスマン帝国と立憲政」:

« 第19回中央ユーラシア学会大会@インディアナ大学 | トップページ | ハウザ・プロジェクト 最終シンポジウム »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ