« プロジェクト「アナトリアのイスラーム化, 1100-1500年頃」ポスドク2名募集 | トップページ | ハラム文書に関する新論文 »

2012年2月13日 (月)

鈴木董教授最終研究発表会

長年、オスマン史研究をリードされてきた鈴木先生の最終研究発表会です。
------------------------------------------------------------------------

本年3月末日をもって東洋文化研究所を去られる鈴木董教授の最終研究発表会が、 下記のとおり行われることになりました。 皆様にご参集いただきたく、ご案内申し上げます。                    記 日時:  3月15日(木) 16時~17時半   場所:  東京大学東洋文化研究所 3階大会議室 題目:  文字世界としての文化世界・アラビア文字世界としてのイスラム         世界・そしてオスマン帝国 ―比較史への我が道の一到達点― 発表者: 鈴木 董 (東洋文化研究所・教授)  司会:  長澤 榮治 (東洋文化研究所・教授)

« プロジェクト「アナトリアのイスラーム化, 1100-1500年頃」ポスドク2名募集 | トップページ | ハラム文書に関する新論文 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木董教授最終研究発表会:

« プロジェクト「アナトリアのイスラーム化, 1100-1500年頃」ポスドク2名募集 | トップページ | ハラム文書に関する新論文 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ