« 鈴木董教授最終研究発表会 | トップページ | 「シャー・ナーメのフォルードの章における見出しと章題」 »

2012年2月15日 (水)

ハラム文書に関する新論文

友人とハラム文書が話題となり、おさらいをしようとして、次のような論文を見つけました。

Christian Müller. "THE HARAM AL-ŠARĪF COLLECTION OF ARABIC LEGAL DOCUMENTS IN JERUSALEM: A MAMLŪK COURT ARCHIVE?"
Al-QANṬARA 32-2(2011): 435-459.

よくわかりませんが、現時点ではここからダウンロード可能です。
最後の方にオスマン朝との比較もでてきます。

著者の主宰しているプロジェクト「イスラーム法の実体化」についてはこちら
http://www.irht.cnrs.fr/en/recherche/ilm-project

« 鈴木董教授最終研究発表会 | トップページ | 「シャー・ナーメのフォルードの章における見出しと章題」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハラム文書に関する新論文:

« 鈴木董教授最終研究発表会 | トップページ | 「シャー・ナーメのフォルードの章における見出しと章題」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ