« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

ハウザ・プロジェクト 最終シンポジウム

Exeter大学を中心に行われていたハウザ・プロジェクト、最終シンポジウムのプログラムができました。現代ものが多数を占めており、近世とは言い難いのですが・・・・。

ちなみに、先日紹介したサファヴィー朝期の哀悼行事の彼は、「シーア派フェイスブック」の発表です(笑)。会っても何の話をしたらいいものやら。

プロジェクトのホームページはこちら

Keble College
University of Oxford
OX1 3PG
Oxford

Clerical Authority in Shi’ite Islam: Studying the Hawza

A conference of the “Clerical Authority in Shi’ite Islam” project
Sponsored by the British Academy,
The British Institute of Persian Studies,
The British Society for Middle Eastern Studies
Project Director: Robert Gleave (University of Exeter)

28th-30th March 2012

Day 1 - Wednesday 28th March 2012

11.00 Introduction and Welcome: Robert Gleave

11.30 Keynote address: Professor Augustus Richard Norton (Boston College)
Irshad (guidance) not Quietism: the Hawza in contemporary Iraq

13.30 Jasim Husain, The future of Shia religious authority: the impact of modern technologies and the need for professionalisation

14.00 Morgan Clark, Scholarly legacies and cumulative change within the Shi‘i tradition: The example of Ayatollah Fadlallah

14.30 Mirjam Kunkler, The transnational network of Jami’at al-Zahra

15.00 Muhammad Reza Tajri, The Decentralisation of the Hawza System and the Disintegration of A‘lamiyyah

16.00 Fatemeh Masjedi, Female religious leaders in Qom

16.30 Ahmad Snobar, Reform through Tradition in the Hawza of Qom: Grand Ayatollah Sanee’s Approach to Women’s Issue in Fiqh

17.00 Massimiliano Fusari, Behind a camera in front a Hawza. Constructing a Visual Ethnography of the Hawza

Day 2 - Thursday 29th March 2012

09.00 Keynote address: Professor Sabrina Mervin (CNRS): Organising disorder : The Hawza and marja‘iyya as institutions

10.30 Hamid Maqsoodi, The “Non-political” Iranian Hawza: A Disappearing Entity

11.00 Mohammadreza Jalaiepour, Prospects of Nine Units in the Organizational Structure of Modern Hawza at Qom

11.30 Julien Pelissier, Islamic banking and the Hawza of Qom during the last 40 years

12.00 Mariam Rutner, Women’s religious training in contemporary Iran

13.30 Toby Matthiesen, Re-defining the relationship to the centres of Shia learning: local Usuli Hawzas in the Gulf and their role as domestic political actors

14.00 Samer El-Karanshawy, The Hawza, and the Evolution of Majalis al-Aza’.

14.30 Sajjad Rizvi, Charisma and Authority in the Contemporary Gulf: The Shaykhīya in Kuwait

15.30 Robert Riggs, The globalization of religious authority as a challenge to the contemporary Hawza?

16.00 Bashir Damji and Alihusain Datoo, The dawn of new Najaf: iMaraja, modernity and traditional leadership: opportunities and challenges

16.30 Babak Rahimi, The Shia Facebook: How Cyber Social networking sites are changing the Hawza

17.00 Ali Hussain Al-Hakim, The challenges of remaining independent with a view to emerging Mujtahids and Maraje

Day 3 - Friday 30th March 2012

Keynote address: Professor Roy Mottahedeh (Harvard University) :
“The Risala Amaliyya, the Hawza and Clerical Authority in the Shiite Islam”

10.20 Zackery M. Heern, Origins of the First Shi‘i Seminary (Hawza) in Najaf, Iraq

10.50 Nobuaki Kondo, Development of Hawzas in Qajar Tehran

11.20 Miriam Younes, Ideological transformation processes in Reformist writings in the Shi’ite journal al‐‘Irfan the hawzas of Najaf in the early 20th century

11.50 Mohammad Mesbahi, Maraje Thalath and collective leadership

12.20 Mohammadjavad Ardalan, Religio-educational renaissance in the hawzah: Ayatollah Burujirdi’s administration in Qum (1944-1911)

12.50 Closing remarks: Robert Gleave

2012年2月26日 (日)

研究会「オスマン帝国と立憲政」

東京大学東洋文化研究所の研究会のお知らせです。

-------------------------------------------------------------
下記の要領で第45回セミナーを開催いたしますので、ご案内いたします。
参加申し込みは必要ありませんので、奮ってご参加下さい。

日時:2012年3月1日(木)17:00-18:00
会場:東京大学東洋文化研究所 2階 第3会議室(206室)
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/access/index.html
報告者:藤波伸嘉(日本学術振興会特別研究員PD)

報告要旨
昨年末に報告者の単著『オスマン帝国と立憲政』が刊行された。その主題は、
1908年の青年トルコ革命後、20世紀初頭のオスマン帝国で展開された多民族多宗
教的な立憲政の実態を明らかにすると共に、それを立憲主義論や政治学の議論に
も架橋し、また同時代他帝国の事例との比較を行なおうとするところにあった。
今回の報告では本書の内容紹介を中心としつつ、今後更に深められるべき論点に
ついて、議論を試みることとしたい。

お問合せ先:日本・アジアに関する教育研究ネットワーク(ASNET)

2012年2月25日 (土)

第19回中央ユーラシア学会大会@インディアナ大学

3月3日、インディアナ大学で開催です。日本からも参加者があるCentral Eurasian Studies Society (CESS)とは別のthe Association of Central Eurasian Students at Indiana University(ACES)の学会です。

部屋が4つに次のように分かれています。
Xinjiang Studies
Mongolian and Tibetan Studies
Central Asian Studies
Iranian and Turkish Studies

関連する部会は

Session 2: Turkish and Ottoman Studies
10:30 - 12:15
Chair: Öner Özçelik
Alev Onder
Multiculturalism in Turkish Literature after 1980: The Case of Saýt Faýk
Zeynep Elbasan
A Multidimensional Understanding of the Relation between the Poet and the Patron in Ottoman Empire
Sean Singer
Anatolian Clock Towers and Blended Modernity in the Late Ottoman Empire

Session 3: Studies on the History of Religion in Iran
1:30 - 3:15
Chair: Jamsheed Choksy
Donna Hamil
Doquz Khatun and the Influence of Christian Religious Politics on Ilkhan Foreign Relations
Mohammad Widigdo
The Advancements of Sunni Scholarship in Medieval Nishapur
John Dechant
Zayn al-Din-i Taybadi and the Construction of Sacred Space in Khurasan
Daniel Beben
The Naqshbandiyya of Herat in the Eighteenth and Nineteenth Centuries

結構ばらばらですね。中央アジア部会では、来日経験もあるMuminovさんが報告するようです。

詳細は
こちら

2012年2月23日 (木)

SOASイラン研究センター

オスマン研究センターをご紹介したので、イラン研究センターのご紹介です。

先日、ロンドンに行ったとき、ロンドン大学SOASに新しい研究センターができていることを知りました。

Centre for Iranian Studies
http://www.soas.ac.uk/lmei-cis/

「すばらしい」と思ったのですが、28名もいるメンバーを見るとやや驚きます。

AA研によくいらっしゃる言語学者Peter Austin(アボリジニがもともとの専門だったはず)とか、中央アジアのイラン系言語の研究で有名なSims-Williamsとか、カイロの建築の研究で有名なBehrens-Abouseifとか、普通のイラン研究のイメージと違うひとがたくさん入っているのです。

もちろん、イラン系の学者やFrançois de Blois(ストーレイのペルシア語文献史の文学作品を担当されている方)も入ってはいるのですが。

どちらかと言えば、無理矢理作った感は否めません。
イラン系のファンドの受け皿か、あるいはイベント開催母体として必要だったのでしょうか。

でも、この政治状況でセンターがあるだけ、たいしたものだとは思います。

2012年2月21日 (火)

イラン研究会のご案内 (第二報)

  イラン研究会の案内、第2報が届きました


イラン研究会のご案内 (第二報)          2012217

 

イラン研究会は、既に30年以上の歴史を持つ集りですが、会長もいなければ、いわゆる学会組織もありません。ただ、毎年の年度末に、イラン研究者やイランに関心を持つ者たちが自発的に集まり、日ごろの成果を発表し、皆でそれを共有するための機会です。

これまで、日本全国の関係者がいるところを会場に開催されてきましたが、今年は、東京外国語大学が引き受けることとなりました。報告希望者も既に十名を超えていますが、飛び入り報告も可です。従って、報告の日時は都合に合わせて、臨機応変に組まれます。

 予約は不要、どなたでも自由に参加できます。また、懇親会費(自由参加)以外の費用はかかりません。

関心のある方はどうぞ、ふるって参加してみてください。

 

1.日時:

2012年 3月31日(土)13:00~18:00(終了後に懇親会を予定)

4月 1日(日) 9:00~13:00

 

2.場所:

東京外国語大学事務棟二階中会議室(〒183-8534東京都府中市朝日町3-11-1)

  (1)最寄駅:多磨駅(西武多磨線) アクセスhttp://www.tufs.ac.jp/access/

  (2)近隣宿泊先:  ①ホテルグランドール府中 042-336-6111

②ホテルメッツ武蔵境 http://www.hotelmets.jp/musashisakai/

              ③ホテル武蔵野の森 http://www.tokyowest-hotel.co.jp/musashinonomori/

 

3.報告テーマ例:

 برخی از موانع و عوامل نوسازی در دوره های قاجار و اِدو 

 ・「イランのグルジア村を訪ねてーエスファハーン州フェレイドゥーン・シャフルー」

  ・「1979年の詩『この行き止まりで』(アフマド・シャームルー)の受容と技法」

  ・「立憲革命期の詩人たち」

・「19世紀タブリーズの住民と世帯」

  ・「ペルシア語文化圏におけるシャー・ナーメ的歴史像の形成

―シャラフ・アッディーン・カズヴィーニー著『ペルシア諸王列伝』写本の流行を中心にー」

  ・「近代ドイツ語圏における「ペルシア絨毯」の受容

―東洋絨毯展覧会(1891年)からムハンマド美術大展覧会(1910)を中心にー」

  ・「家族保護法に関する一考察」

  ・「ナーセル・ホスロウ著作にみられる特殊語彙“jakul”について」

  ・「反西欧主義の源流探訪」

  ・「文書管理制度に関する一考察」


 

4.御出欠の確認

準備の都合上、研究会に御参加頂ける方の人数をおおよそ把握しておきたいと考えております。お手数ですが、以下のフォームで御出欠とご発表の有無を、来月312日(月)までにイラン研究会用アドレス(本年度使い捨て)まで

irankenkyukai2011@yahoo.co.jp お知らせいただければ幸いです。

   ※確認の都合上、すでに発表のご連絡を頂きました皆様も再度御連絡頂ければ幸いです。

 

1)イラン研究会に(   )参加します (   )参加しません

  ご参加の場合、 (     31日のみ

          (     31日、1日両日

     (  )1日のみ

 

2)発表     (   )します   (    )しません

  発表有りの場合、タイトル(仮題も可)

 

3)懇親会に   (  )参加します   (   )参加しません 

(懇親会費は5,000円程度を予定しております)

 

 その他、コメントありましたらお書きください。

  問い合わせ先 八尾師 研究室

2012年2月20日 (月)

ケンブリッジ大学オスマン研究センター

イギリスに出発するときに、オスマン史の先輩が「僕は一生行くことはないだろうな。研究者いないから」などとおっしゃっていたのですが、ありました研究機関。

The Skilliter Center for Ottoman Studies
http://www.skilliter.newn.cam.ac.uk/

1985年まで勤めていたDr. Susan Skilliterの遺贈により作られたそうです。厳密には大学附属ではなく、Newnham Collegeの附属です。図書館もあり、奨学金も出しているようです。最近博士論文を書いた研究者もいるそうです。もっともサイト自体は去年の5月で更新が止まっています。

オスマン語の写本もあるようです。
ケンブリッジ大学所蔵のアラビア語・ペルシア語・トルコ語写本についてはこちら
http://www.lib.cam.ac.uk/deptserv/neareastern/collection.html
カタログも閲覧できます。
もちろん、E. G. Browneの関係でペルシア語写本が有名です。

2012年2月18日 (土)

新刊『イランにおける劇場国家と近世公共空間の形成』

Babak Rahimi.
Theater State and the Formation of Early Modern Public Sphere in Iran: Studies on Safavid Muharram Rituals, 1590-1641 CE.
Leiden & Boston: Brill 2012. XVIII+385p.

Ptdc0005_2

うーん。サファヴィー朝期のムハッラム儀礼の研究書ということで期待したのですが、内容的には?です。そもそも、ムハッラムの儀礼について本格的に触れるのが199ページになてから。サファヴィー朝期のムハッラム儀礼に触れるのは216ページから。素朴に儀礼に触れるのは234ページで終わってしまい、また劇場国家論に戻ってしまいます。使っている史料も、ヨーロッパ人の旅行記をつまみ食い。表紙裏の"The first systematic study of a wide range of Persian and European archival and primary sources"というのは、いくら売るためとは言え、消費者を騙す誇大広告としか思えません。どうも満足にペルシア語年代記も読めないのではという印象を持ちました。年代も意味不明だし。
 まあ、在米イラン人が劇場国家論をサファヴィー朝に適用して見せたというところで、理論的にうまく行っているかを問うべきなのでしょう。100ポンドも払って損をしました。

2012年2月16日 (木)

「シャー・ナーメのフォルードの章における見出しと章題」

IRAN'S LITERARY HERITAGE LECTURE SERIES

Wednesday 15th February, 5.30pm, Middle East Centre, 68 Woodstock Road, Oxford, OX2 6JF

Speaker: Professor Charles Melville (University of Cambridge) -
'Rubrics and chapter headings in the Shahnamah story of Forud'


The story of Forud in Ferdowsi’s Shahnameh is an exciting episode with a remarkable treatment of the motivations and flaws of the characters that lead to its tragic outcome. Although it seems clear enough, in modern printed editions of the Shahnameh, where the previous episode ends and the story of Forud begins, this is not always clear in the manuscript copies of the work. In some, it follows seamlessly from the one before, with no indication of a break, such as would be marked by a rubric or text heading, while in others it may be marked by headings that use a variety of titles, often placed at different points in the text. The same goes for the sub-headings inserted in the text as the story unfolds. If the ‘correct’ headings were more or less established in the early manuscript tradition, why then is there such a departure from these later? The aim of the paper is to focus on an element of the creation of literary manuscripts and of the arts of the book, which have not received sufficient attention. The question can also be related to the reception and ‘reading’ of the text as it developed over the centuries.

無理して行ってきました。なかなかマニアックな発表で、文学的な中身を期待してきた聴衆はかなり面食らっているようでした。

フォルードの章にいくつ見出しがあり、それが何バイト目にあるか、見出しが1つのものから、24あるものまで、時代と書写地のわかる写本20点ほどを使っ て、傾向を調べたののです。テキストは比較的均一なのに、見出しの入れ方が写本によって異なり、でも全くのランダムではなく、同じ場所で同じ時期にできた ものは似ているとか、挿絵があるとどうなるか、など写本学としては興味深い内容でした。

発表の前にボードリアンに一つ写本を見に行って、写真を撮って早速パワーポイントで使うあたり、やることがにくいです。

2012年2月15日 (水)

ハラム文書に関する新論文

友人とハラム文書が話題となり、おさらいをしようとして、次のような論文を見つけました。

Christian Müller. "THE HARAM AL-ŠARĪF COLLECTION OF ARABIC LEGAL DOCUMENTS IN JERUSALEM: A MAMLŪK COURT ARCHIVE?"
Al-QANṬARA 32-2(2011): 435-459.

よくわかりませんが、現時点ではここからダウンロード可能です。
最後の方にオスマン朝との比較もでてきます。

著者の主宰しているプロジェクト「イスラーム法の実体化」についてはこちら
http://www.irht.cnrs.fr/en/recherche/ilm-project

2012年2月13日 (月)

鈴木董教授最終研究発表会

長年、オスマン史研究をリードされてきた鈴木先生の最終研究発表会です。
------------------------------------------------------------------------

本年3月末日をもって東洋文化研究所を去られる鈴木董教授の最終研究発表会が、 下記のとおり行われることになりました。 皆様にご参集いただきたく、ご案内申し上げます。                    記 日時:  3月15日(木) 16時~17時半   場所:  東京大学東洋文化研究所 3階大会議室 題目:  文字世界としての文化世界・アラビア文字世界としてのイスラム         世界・そしてオスマン帝国 ―比較史への我が道の一到達点― 発表者: 鈴木 董 (東洋文化研究所・教授)  司会:  長澤 榮治 (東洋文化研究所・教授)

2012年2月12日 (日)

プロジェクト「アナトリアのイスラーム化, 1100-1500年頃」ポスドク2名募集

スコットランドのSt. Andrews大学で、「アナトリアのイスラーム化」プロジェクトなるものが、始まるそうで、そのためにポスドクを2名募集しているそうです。
プロジェクトの主宰者は、Andrew Peacock氏、日本にも来たことがある人です。いつのまにか就職していました。
しかし、マニアックなテーマですね。ちなみに、St. Andrews大学の歴史学科では中東の専門家が5人もいるのですが16世紀から19世紀を扱う人はいないようです。

The School of History of the University of St Andrews, Scotland, UK is seeking to appoint two Research Fellows to the research project “The Islamisation of Anatolia, c. 1100-1500” (ERC FP7 grant 284076). You will possess a PhD in an aspect of pre-modern Middle Eastern/Islamic Studies and have a good knowledge of Persian and/or Ottoman Turkish and experience of working with Islamic manuscripts. Your principal duties will be to produce a research monograph on any aspect of the spread of Islamic religion or culture, broadly interpreted, in Anatolia and/or the Ottoman lands prior to c. 1500; to assist in the collection of codicological information on Islamic manuscripts from Anatolia and the Ottoman lands prior to c. 1500 for inclusion in a database which will be one of the project’s outputs; and to assist in the administration of the project through the organisation of workshops and the publication of their proceedings.

Applications from scholars with backgrounds in history, literature or religious studies are equally welcome. Salary £30,122 - £35,938 per annum, Start: 1 September 2012 or as soon as possible thereafter, but no later than 1 January 2013. Fixed term for four years.

Informal enquiries should be addressed to the project's Principal Investigator, Dr Andrew Peacock

2012年2月10日 (金)

フランス国立図書館デジタルライブラリー

友人に聞きました。

http://gallica.bnf.fr/

写本のところで、turcで検索すると82件、persanで142件がヒットします。

トルコ語では、アリー・シール・ナヴァーイーの著作や『海洋の書』が、ペルシア語だと『集史』や『世界征服者の歴史』があります。ダウンロードも簡単です。

あと地図でPerse検索すると82件ヒットし、17-18世紀の古地図がたくさん出てきます。

また、本のところで検索すると写本カタログも読めます。

便利ですね。もっと拡大するといいのですが

2012年2月 8日 (水)

Michele Bernardini 氏講演会

イタリアの研究者で、著書Mémoire et propagande à l'époque timouride  (2008)やHatefiのHaft Manzarの校訂で知られるMichele Bernardiniさんが来日されます。
以下は講演会の案内です。

-------------------------------------------------------------
東文研セミナー
講演題目:Mongols in 14th Century Italian Painting: New Evidences
講演者:Michele Bernardini (Istituto Universitario Orientale, Napoli)
日時:2012年2月22日(水)午後4時~6時
場所:東京大学東洋文化研究所3階大会議室
司会:羽田正(東京大学東洋文化研究所)
その他:参加自由;使用言語は英語;講演会後、Bernardini先生を囲む懇親の会を予
定しています。

2012年2月 6日 (月)

シンポジウム「大セルジューク朝の時代」

ロンドンまで遠征してきました。お客さんが300人ぐらい入って、すごかったです。研究者ではない人も、15ポンド支払って、たくさん参加していました。

The Idea of Iran: the age of the great Saljuqs

Saturday 4th February 2012

Brunei Gallery Lecture Theatre, School of Oriental and African Studies, WC1H 0XG 9.40am - 6.10pm

The ninth programme in our ‘The Idea of Iran’ series will focus on the age of the great Saljuqs (11th and 12th centuries CE). The new Turko-Persian symbiosis that had emerged under the Samanids, Ghaznavids and Qara-Khanids came to fruition in a period that combined imperial grandeur with extraordinary artistic achievement. Under the Saljuqs a system of government based on Turkish ‘men of the sword’ and Persian ‘men of the pen’ was consolidated and subsequently endured for centuries. The Centre for Iranian Studies, SOAS and the Faculty of Oriental Studies, University of Oxford remain deeply grateful to the Soudavar Memorial Foundation for their continued support for this series.

 

9.45-10.30   Baghdad: a view from the edge of the Saljuq empire

Dr Vanessa Van Renterghem, Maître de conferences, Institut National des Langues et Civilisations Orientales (Inalco, Paris) & Researcher, Institut Français du Proche-Orient (Ifpo, Beirut)

The control of Saljuq Sultans over Baghdad was less a Sunni liberation from the Buyid Shi’i rulers than a new tutelage over the Abbasid caliphate. For more than half a century, the Caliphs continued to be deprived of an army and were at the head of a highly reduced administration, while the Saljuq Sultans were actually ruling; nevertheless, both authorities shared control over the city.This contribution examines the balance of power between Caliphs, Sultans and the local population and underlines the slow recovery of Abbasid power over Iraq during the 12th century CE.

 

10.30-11.15   How Does the History of Isfahan Inform Us About Iranian Society During the Saljuq Period?

Dr David Durand-Guédy, Research Associate, Marti n-Luther-Universität Halle-Wittenberg

While the political history of Iran during the Saljuq period has been fairly well investigated, the evolution of Iranian society is far less known. Isfahan, which played the role of capital before and after the Turkish conquest, represents an ideal frame through which to scrutinize what happened at the local level: what was the attitude of the population towards the coming of the Turks? How was local society transformed by the Saljuq state? How did it react to the collapse of central authority and to the endemic warfare in Western Iran which lasted until the Mongol invasion?

11.45-12.30   Ismaili-Saljuq Relations: conflict and stalemate

Dr Farhad Daftary, Co-Director, The Institute of Ismaili Studies & Co-Editor, Encyclopaedia Islamica

In 1090, the Persian Ismailis established a state of their own in the midst of the Saljuq sultanate centred at the fortress of Alamut. Its founder, Hasan-i Sabbah (d. 1124 CE), designed a policy of uprooting the Saljuq Turks whose alien rule was detested by Persians of different social classes. Hasan failed to attain his objective but the Saljuqs, despite their much superior military power, did not succeed in dislodging the Ismailis from their network of fortress communities. This paper will address the nature of Hasan’s anti - Saljuq policy, and the reasons for the Ismailis’ survival as well as the circumstances which led to stalemate in Ismaili-Saljuq relations.

12.30-1.15   Images into Words: metaphors as hallmarks of poetic individuality

Dr Ali-Asghar Seyed-Ghorab, Associate Professor & Chairman, Department of Middle Eastern Studies, Leiden Institute for Area Studies (Leiden University)

In modern scholarly discussions on early Persian poetic stylistics, the three main Ghaznavid poets: Farrokhi, Manuchehri and ‘Onsori are usually named in one breath. In this paper, I would like to put forward the hypothesis that each of these poets has a completely different way of contriving metaphors and imagery. While one relies on short metaphors to illustrate an idea, another uses extended metaphors, and a third tends to use riddling metaphors. I will show how metaphors became the hallmark for individual poets to show their virtuosity and poetic veneer, competing with other court poets.

 

2.15-3.30   The Mirrors for Princes Fabricated at the Saljuq Court: the Siyasat-name (Siyar al-muluk) by Nizam al-Mulk and the bi-partite Nasihat al-muluk by al-Ghazali

Dr Alexey A Khismatulin, The Institute of Oriental Manuscripts, St Petersburg

Some of the texts written in the Mirrors for Princes’ genre and ascribed to famous statesmen or outstanding Muslim scholars are the subject of false attribution or deliberate fabrication. This paper focuses on two outstanding cases of counterfeiting at the Saljuq court: the Siyar al-muluk (Siyasat-name), ascribed to the famous Saljuq wazir Nizam al-Mulk (d. 1092 CE), and the second part of the Nasihat al-muluk, attributed to al-Ghazali (d. 1111 CE). Both texts were written in the 12th century CE and their fates are so closely entwined, and so similar to each other, that they deserve to be studied together.

3.30-4.15 Structures of power and influence in Seljuq Iran: the case of Nizam al-Mulk

Professor Carole Hillenbrand FBA OBE, Professor Emerita of Islamic History, University of Edinburgh

This lecture looks at the remarkable career of the famous Persian vizier, Nizam al-Mulk (d. 1092 CE). He held this key position for over thirty years, serving two Turkish Sultans in the heyday of Saljuq rule. His role in Saljuq government, both as a theorist and practitioner, will be assessed. The lecture will also explore the motives behind his patronage of madrasas bearing his name in key cities of the Saljuq empire.

4.45-5.15 The Friday Mosque of Isfahan: the crowning achievement of Saljuq architecture?

Professor Robert Hillenbrand, Professor Emeritus of Islamic Art, University of Edinburgh

This paper will test the frequently made claim that the Friday Mosque of Isfahan in its Saljuq incarnation is the quintessential Saljuq building and determined the future of the Iranian mosque. The lecture will identify the key innovations in form, structure and decoration encountered in this iconic monument and will discuss these both in their contemporary political milieu and in the context of the other regional schools that flourished in the Iranian world between the 11th and the 13th centuries CE.

 

5.15-6.00   ‘Saljuq’ Ceramics?

Professor Oliver Watson, I M Pei Professor of Islamic Art and Architecture, Khalili Research Centre, University of Oxford

The 12th century saw the development in Iran of a luxury ceramic industry of unprecedented sophistication. New technologies in making and decorating allowed wares of exceptional quality to be made in quantity, and these wares were traded all over Iran and beyond. A similar rise in inlaid metalwork parallels this ceramic activity, and together they form the basis of much discussion of ‘Saljuq’ art. This paper will examine the role of the Saljuqs in enabling and promoting such industries, and will question the assumption that strong government ensures artistic flourishing at every level.

内容はプログラムと違うものもあり、Khismatulin氏のは『政治の書』がニザーム・アル=ムルクではなく、モイッズィーのものであるという主張が中心で、また、Carole Hillenbrand氏のはニザーム・アル=ムルクとニザーミーヤマドラサに関するものでした。

朝の二人の若い研究者が新しいことを打ちだそうと努力していたのも、また、大家ヒーレンブランド夫妻の巧みな講演も印象に残りました。

2012年2月 5日 (日)

講演会「シリアの行方・その2」

宣伝で恐縮です。

******************************************************************** 基幹研究 「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」 講演会「シリアの行方・その2」」 Public Lecture "Future of Syria, Part 2" 開催のお知らせ 日時:2012年2月14日(火)18:00-20:00 場所:学士会館 320室 ******************************************************************** AA研では、基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」 http://meis2.aacore.jp/ の主催による講演会「シリアの行方・その2」を下記のとおり開催いたします。 みなさまのご参加をお待ち申しあげております。 日時:2012年2月14日(火)18:00-20:00 場所:学士会館 320室  http://www.gakushikaikan.co.jp/info/access.html プログラム: 講師:ナディーム・シェハーディー Nadim Shehadi     (英国王立国際問題研究所・研究員) 題目:「シリアの蜂起とその地域的・国際的影響--シリアがチュニジアでもエジ プトでもリビアでもないならば何なのか?」 コメンテータ:酒井啓子(東京外国語大学大学院・教授) 司会:黒木英充(東京外国語大学AA研・教授) 使用言語:英語、日本語(同時通訳あり) 詳細は、こちらをご覧下さい。 リンク先:http://meis2.aacore.jp/?p=3890 主催:基幹研究 「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」 共催:科学研究費基盤研究(A)海外調査「レバノン・シリア移民の創り出す地域 -宗派体制・クライエンテリズム・市民社会」(研究代表者・黒木英充) 参加申込み:不要 参加費:無料 (公開)

2012年2月 4日 (土)

「法の流通」研究会

科研費基盤研究S「ユーラシアの近代と新しい世界史叙述」(代表:羽田正 東京大学東洋文化研究所教授)では下記のような研究会を開催するそうです。

参加を希望される方は、主催者にご連絡ください。

「法の流通」研究会

【場所】  東京大学東洋文化研究所3階大会議室
【日時】2月12日(日) 10時半から15時半

10:30-10:40 趣旨説明(長谷部圭彦)
10:40-11:20 長谷部圭彦(日本学術振興会)「オスマン帝国における教育行政法の制定-「法の流通」の観点から-」
11:20-12:00 勝沼聡(東京大学)「近代エジプトにおけるナポレオン刑法典の受容」
12:00-12:40 工藤晶人(学習院女子大学)「19世紀アルジェリアにおける東洋学と土地法」
12:40-13:40 休憩
13:40-13:55 比較法研究からのコメント(松本英実・新潟大学)
13:55-14:10 イスラーム法研究からのコメント(大河原知樹・東北大学)
14:10-15:10 総合討論

プロジェクト・ホームページはこちら

2012年2月 3日 (金)

イギリス・イスラーム写本総合目録

こんな便利なものがあるのを教えてもらいました。

Fihrist: Islamic Manuscript Catalogue Online
http://www.fihrist.org.uk/

まだ、建設途上ですが、British Library, Cambridge, Oxford, Royal Asiatic Societyなど8つの機関が参加しています。現在は9400点あまりですが、将来的にはかなり使えるようになるでしょう。

2012年2月 1日 (水)

第3回研究会発表要旨

共同研究課題第3回の研究会(12月10-11日開催)の発表要旨が、AA研のホームページに掲載されました。

ご発表いただいた皆様、ありがとうございました。あらためて御礼を申し上げます。

http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/projects/jrp/jrp183#jrp18303
http://meis2.aacore.jp/?p=3570

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ