« 翻訳、翻訳者、改宗者:17世紀オスマン帝国における知識の伝達 | トップページ | イスラーム聖者廟に関する研究会 »

2012年1月12日 (木)

Rudi Mattheeさん(今度こそ)来日

病気のため、10月の大阪での研究会をキャンセルされたRudi Mattheeさんですが、今月18~20日に札幌・スラブ研究センター行われる国際会議には参加されるそうです。

さらに、すでにお知らせしたFatma Müge Göçekさんの講演会の日に、同じ場所で講演会が開かれるそうです。

日時:2012年1月22日 15:00~
会場:(財)東洋文庫2階講演室(東京都文京区本駒込2-28-21) 会場アクセス
内容:

Rudi Matthee (University of Maryland) 
"The Fall of the Safavids: Comparisons with the Ottomans and the Mughals"

サファヴィー朝研究の代表的研究者の一人です。
経歴・業績については
http://www.history.umd.edu/Bio/matthee.html
http://www.udel.edu/History/bio/matthee_rudi.html

多作で、研究の幅も広く、オランダ語史料をも駆使する点が特徴です。

« 翻訳、翻訳者、改宗者:17世紀オスマン帝国における知識の伝達 | トップページ | イスラーム聖者廟に関する研究会 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Rudi Mattheeさん(今度こそ)来日:

« 翻訳、翻訳者、改宗者:17世紀オスマン帝国における知識の伝達 | トップページ | イスラーム聖者廟に関する研究会 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ