« ファトマ・ミュゲ・ギョチェク氏講演会 | トップページ | オスマン社会における司法:制度、当事者、運用 »

2012年1月 2日 (月)

サファヴィー朝期の思想家に関する研究会

パリCNRSのプロジェクトで、以下のような研究会が開かれるそうです。 なかなかマニアックです。

Research seminar of Denis Hermann, Senior Research Fellow, CNRS (Mondes Iranien et Indien), Paris :

New Research in Social and Intellectual History of Shi‘ism in Early-Modern and Modern Times/Nouvelles recherches sur l’histoire intellectuelle et sociale du chiisme à l’époque moderne et contemporaine (XVIe-XXe siècles)                               

Thursday 5 january 2012, 13h00-16h00

Mathieu Terrier (PhD candidate, EPHE-Sorbonne, Vth Section)

Qutb al-Dîn Ashkevarî (m. entre 1677 et 1684), élève de Mîr Dâmâd ou philosophe autodidacte ?

Ahab Bdaiwi (PhD Candidate in Arabic and Islamic Philosophy at Exeter University):

Exploring Modern Studies on Mullā Sadrā Shīrāzī (d. 1640): An Avicennan Rationalist or a Shī'ī-Sūfī Mystic?                                               

IISMM-EHESS, meeting room, 1st floor, 96 bd Raspail, 75006 Paris.   

« ファトマ・ミュゲ・ギョチェク氏講演会 | トップページ | オスマン社会における司法:制度、当事者、運用 »

海外学界情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サファヴィー朝期の思想家に関する研究会:

« ファトマ・ミュゲ・ギョチェク氏講演会 | トップページ | オスマン社会における司法:制度、当事者、運用 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ