« 新刊『オスマン世界』 | トップページ | 16世紀シーラーズのペルシア語写本に見る革新と想像力 »

2012年1月25日 (水)

講演「オスマン朝の御前会議通訳官について」

ビルギン・アイドゥンさんの東京での講演会です。
トルコ語通訳無しがしんどいですが。

-----------------------------------------------------------------------
東洋文化研究所では、トルコ・メデニイェト大学よりビルギン・アイドゥン先生 をお迎えし、下記の要領で東文研セミナーを開催いたします。どうぞふるってご 参加ください。 日時: 2012年2月9日(木)17:00-19:00 場所: 東洋文化研究所 3階 第一会議室 講演者: ビルギン・アイドゥン氏(イスタンブル・メデニイェト大学)           Prof. Dr. Bilgin AYDIN (Istanbul Medeniyet University) タイトル:オスマン朝の御前会議通訳官について            Osmanli Imparatorlugunda Divan-i Humayun Tercumanlari 言語: トルコ語(通訳なし) 共催: 文部科学省「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業」東洋文庫拠点公 募研究

« 新刊『オスマン世界』 | トップページ | 16世紀シーラーズのペルシア語写本に見る革新と想像力 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 講演「オスマン朝の御前会議通訳官について」:

« 新刊『オスマン世界』 | トップページ | 16世紀シーラーズのペルシア語写本に見る革新と想像力 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ