« オスマン朝法廷記録簿についての講演会 | トップページ | 新刊『オスマン世界』 »

2012年1月22日 (日)

『危機の中のペルシア:サファヴィー朝の衰退とイスファハーンの陥落』

Rudi Matthee, Persia in Crisis: Safavid Decline and the Fall of Isfahan (London: I.B. Tauris, 2012, xxxiv+371 Pp., ISBN 978-1-84511-745-0).
Ptdc0002
Introduction;
Ch. 1 Patterns: Iran in the Late Safavid Period;
Ch. 2: Politics at the Safavid Court, I, Shahs and Grand Viziers, 1629-1666;
Ch. 3: Politics at the Safavid Court, II: Shahs, Grand Viziers and Eunuchs, 1666-1699;
Ch. 4: Monetary Policy and the Disappearing Mints, 1600-1700;
Ch. 5: From Perpetual War to Lasting Peace: Safavid Military Politics in the Seventeenth Century;
Ch. 6: Weakening Links: The Center and the Provinces, 1600-1700;
Ch. 7: Religion in Late Safavid Iran: Shi`i Clerics and Minorities;
Ch. 8: From Stability to Turmoil: The Final Decades, 1700-1722;
Conclusion.

本日、東洋文庫で講演されるマテーさんの最新刊です。結構厚いです。
サファヴィー朝末期の研究の決定版となるのでしょうか。

オックスフォードでは店頭で売っておらず、取り寄せとなりました。
でも、東洋学部の図書館にはすでに並んでいました。

« オスマン朝法廷記録簿についての講演会 | トップページ | 新刊『オスマン世界』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« オスマン朝法廷記録簿についての講演会 | トップページ | 新刊『オスマン世界』 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ