« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

第10回中央アジア古文書研究セミナーのご案内

今年は欠席。残念です。

------------------------------------------------------------------------
■東洋文庫拠点共催 第10回中央アジア古文書研究セミナーのご案内 NIHUイスラーム地域研究プログラム東洋文庫拠点と京都外国語大学国際平和研究所は共催により
本年度の「中央アジア古文書研究セミナー」を開催いたします。ご興味をお持ちの皆様には、ふ
るってご参加いただきたくご案内申し上げます。尚、セミナー終了後に引き続いて来年度の研究
計画について話し合いの場を持ちたいと思います。その後の懇親会を含め、日程的に可能な方は
こちらにもご参加いただきたくお願い申し上げます。 日時:2011 年3月24日(土)11:00~20:30 場所:京都外国語大学国際交流会館4階会議室(No.941) ※会場アクセス:http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/index.html 【プログラム】 11:00~11:15 開会挨拶(堀川)、参加者自己紹介 11:15~12:30 矢島洋一「18世紀ハザラスプ文書(解説)」 12:30~13:30 昼食 13:30~14:45 矢島洋一「18世紀ハザラスプ文書(文書講読)」 14:45~15:15 コーヒー・ブレーク 15:15~16:30 磯貝健一「フェルガーナのファトワー文書(解説)」 16:30~16:45 休憩 16:45~18:00 磯貝健一「フェルガーナのファトワー文書(文書講読)」 18:00~19:00 夕食 19:00~20:30 来年度の研究計画に関する会議 20:30~  懇親会 参加を希望される方は、資料送付宛先を明記の上、電子メールまたは郵便にて下記までご連絡ください。 古文書講読で使用する資料を事前に郵送いたします。昼食は参加者全員に弁当を用意しますので、不要な
方はお申し出ください。また、旅費(原則として1泊2日)を準備しますので、不要な方、あるいは、宿泊
されない方はその旨ご連絡ください。 尚、事務手続きの関係上、参加の受付は3月9日(金)をもって締め切らせていただきます。 連絡先:堀川 徹 京都外国語大学国際言語平和研究所

2012年1月30日 (月)

ビルギン・アイドゥン氏講演会@東洋文庫

東洋文庫拠点公募研究では、イスタンブル・メデニイェト大学からビルギン・アイドゥン先生をお招きして、下記の要領でセミナーを開催いたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日時: 2012年2月14日(火)15:30-18:00

場所: 財団法人東洋文庫2階講演室
    (東京都文京区本駒込 2-28-21 http://www.toyo-bunko.or.jp/about/access.html)

発表者: ビルギン・アイドゥン氏(イスタンブル・メデニイェト大学)
     Prof. Dr. Bilgin AYDIN (Istanbul Medeniyet University)

題目: オスマン朝の宮廷俸給台帳について Osmanli Saray Mevecib defteri

言語: トルコ語(通訳付)

2012年1月29日 (日)

プロジェクト「中世末期から近世へ:13-16世紀のイスラーム知の歴史」

オックスフォードを拠点に行われている大型プロジェクトです。
中心となっているのはDr Judith Pfeifferで、アラビストです。

資金も潤沢だそうで、国際会議も開かれるとのこと。出版予定にはラシード・アッディーンの政治論が挙がっています。

今後、注目です。メーリングリストもあるようです。

サイトは
http://impact.orient.ox.ac.uk/


Welcome to IMPAcT

From Late Medieval to Early Modern: 13th to 16th Century Islamic Intellectual History

While standard accounts of Islamic history present the mid-13th century Mongol conquests as the final blow in the languishing decline of an Islamic empire whose ‘golden age’ had long passed, recent research has shown that the Mongol moment in the Middle East did more than merely mark the end of the Abbasid caliphate in Baghdad. It ushered in a protracted era of attempts by Muslim thinkers at a re-definition of the very core of Islam in the face of fundamentally changed socio-political realities.  Nonetheless, the period between the dissolution of the Abbasid caliphate and the establishment of the early modern regional states of the Ottomans, Safavids and Mughals at the beginning of the 16th century – a period that Marshall G.S. Hodgson has conveniently dubbed the Later Middle Period of Islamic History (1258 – ca. 1500) – remains one of the most understudied periods in the history of the Nile-to-Oxus region.  Because of the decentralization, if not diffusion, of the political power during this period and the concomitant new avenues of thought that scholars explored, and because of the rise of Persian and Turkish as literary languages in addition to Arabic and the linguistic knowledge that is needed to scrutinize the texts produced during this period, the study of the 13th-16th centuries poses special challenges.  Hence, the great majority of its texts remain unpublished.  It is also an area where frontier research in Islamic studies is currently being carried out.  IMPAcT is an important part of this.

IMPAcT focuses on 13th to 16th century IslaMic Philosophy And Theology, hence the acronym. It will make accessible the crucially important, but much neglected 13th–16th century history of thought of the Nile-to-Oxus region on a broad scale by establishing, through an integrated database on Islamic philosophy, theology, and adjacent fields, the bio-bibliographical data necessary for systematic research in these areas.  IMPAcT’s ultimate aim is to bridge the gap between the much better studied classical and modern periods of Islamic intellectual history, and to enable scholars to study the intellectual and political history of the period in a holistic approach – all too often the two are perceived and hence studied as two separate fields.  IMPAcT’s objective is to overcome the current fragmentation of the existing expertise across Europe, the Middle East, and North America by collaborating with international projects in related fields, through bringing together experts in these fields at international workshops and conferences, and by encouraging especially the younger generation to engage in research on pertinent topics through travel bursaries for graduate students and by establishing post-doctoral research positions of an exceptional length, enabling researchers to devote themselves to the in-depth study of a specific topic for an extended period of time, without the distractions of teaching and administration.  IMPAcT’s aims will be further supported through the edition and translation of key texts, the publication of monographs, and the support of graduate students and postdoctoral researchers through research fellowships and association with the project, permitting them to carry out their research in a congenial research environment.

2012年1月27日 (金)

16世紀シーラーズのペルシア語写本に見る革新と想像力

用事ができていけませんでした。残念!

Innovation and Imagination in Persian Manuscripts from Sixteenth-Century Shiraz
Lecture and Reception, British Library

23rd January 2012
6:45 pm for 7:00 pm

A lecture on the diversity and creativity of deluxe Persian manuscripts made in 16th century Shiraz.

Organised by Iran Heritage Foundation

Lecturer
Dr. Marianna Shreve Simpson
President, Historians of Islamic Art Association

Introduction
Of the many artistic centres in Iran, perhaps none had a longer and more productive history than the city of Shiraz, capital of Fars province. Beginning at least in the early 14th century and continuing into the 17th, Shirazi calligraphers, illuminators, painters and binders produced vast quantities of deluxe manuscripts at a prodigious rate. One mid-16th century visitor, evidently overwhelmed by this output, declared that the multiple manuscripts of Shiraz were indistinguishable one from another, a critical view that persisted into modern times. Recent scholarship, however, has demonstrated the shortsightedness of such a perception. This presentation will consider the diversity and creativity of deluxe manuscripts made in 16th-century Shiraz through examples, particularly illustrated volumes of the Shahnama (Book of Kings), belonging to the British Library and other collections worldwide.

Marianna Shreve Simpson was Curator of Islamic Near Eastern Art at the Freer/Sackler Galleries, Smithsonian Institution and more recently the Director of Curatorial Affairs and Curator of Islamic Art at the Walters Art Museum as well as being President of the Historians of Islamic Art Association. She specializes in the arts of the Islamic book in general and illustrated Persian manuscripts in particular; and she has published, lectured and taught widely in these fields.

2012年1月25日 (水)

講演「オスマン朝の御前会議通訳官について」

ビルギン・アイドゥンさんの東京での講演会です。
トルコ語通訳無しがしんどいですが。

-----------------------------------------------------------------------
東洋文化研究所では、トルコ・メデニイェト大学よりビルギン・アイドゥン先生 をお迎えし、下記の要領で東文研セミナーを開催いたします。どうぞふるってご 参加ください。 日時: 2012年2月9日(木)17:00-19:00 場所: 東洋文化研究所 3階 第一会議室 講演者: ビルギン・アイドゥン氏(イスタンブル・メデニイェト大学)           Prof. Dr. Bilgin AYDIN (Istanbul Medeniyet University) タイトル:オスマン朝の御前会議通訳官について            Osmanli Imparatorlugunda Divan-i Humayun Tercumanlari 言語: トルコ語(通訳なし) 共催: 文部科学省「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業」東洋文庫拠点公 募研究

2012年1月24日 (火)

新刊『オスマン世界』

秋葉さんから教えていただきました。あいにく実物は手元にないので、伝聞情報になります。
私ですら知っているような有名研究者が寄稿して、30本ですからね。
宣伝文句もあまり特徴がありませんが、時代やテーマのバランスが取れています。
「シリアのキジルバシュとオスマン朝下のシーア派」なんて言う論文もあります。

The Ottoman World Edited by Christine Woodhead Routledge, December 2011, 560 pp., £140.00 ISBN: 9780415444927

1. Introduction Christine Woodhead

PART I: FOUNDATIONS
2. Nomads and tribes in the Ottoman empire Resat Kasaba
3. The Ottoman economy in the early imperial age Rhoads Murphey
4. The law of the land Colin Imber
5. A kadi court in the Balkans: Sofia in the seventeenth and early eighteenth centuries
Rossitsa Gradeva
6. Imarets Amy Singer
7. Sufis in the age of state-building and confessionalization Derin Terzioglu

PART II: OTTOMANS AND OTHERS
8. Royal and other households Metin Kunt
9. 'On the tranquillity and repose of the sultan': the construction of a topos Hakan
Karateke
10. Of translation and empire: sixteenth-century Ottoman imperial interpreters as
renaissance go-betweens Tijana Krstic
11. Ottoman languages Christine Woodhead
12. Ethnicity, race, religion and social class: Ottoman markers of difference Baki Tezcan
13. The Kizilbas of Syria and Ottoman Shiism Stefan Winter
14. The reign of violence: the celalis c. 1550-1700 Oktay Ozel

PART III: THE WIDER EMPIRE
15. Between universalistic claims and reality: Ottoman frontiers in the early modern
period Dariusz Kolodziejczyk
16. Defending and administering the frontier: the case of Ottoman Hungary Gabor Agoston
17. The Ottoman frontier in Kurdistan in the sixteenth and seventeenth centuries
Nelida Fuccaro
18. Conquest, urbanization and plague networks in the Ottoman empire, 1453-1600 Nukhet
Varlik
19. Peripheralization of the Ottoman-Algerian elite Tal Shuval
20. On the edges of an Ottoman world: non-Muslim Ottoman merchants in Amsterdam Ismail
Hakki Kadi

PART IV: ORDINARY PEOPLE
21. Masters, servants and slaves: household formation among the urban notables of early
Ottoman Aleppo Charles Wilkins
22. Subject to the sultan's approval: seventeenth and eighteenth-century artisans
negotiating guild agreements in Istanbul Suraiya Faroqhi
23. Literacy among artisans and tradesmen in Ottoman Cairo Nelly Hanna
24. 'Guided by the Almighty': the journey of Stephan Schultz in the Ottoman empire,
1752-56 Jan Schmidt
25. The right to choice: Ottoman, ecclesiastical and communal justice in Ottoman Greece
Eugenia Kermeli
26. Ottoman women as legal and marital subjects Basak Tug
27. Forms and forums of expression: Istanbul and beyond, 1600-1800 Tulay Artan

PART V: LATER OTTOMANS
28. The old regime and the Ottoman Middle East Ariel Salzmann
29. The transformation of the Ottoman fiscal regime c.1600-1850 Michael Ursinus 30.
Provincial power-holders and the empire in the late Ottoman world: conflict or
partnership? Ali Yaycioglu
31. The Arabic-speaking world in the Ottoman period: a socio-political analysis Ehud
Toledano 

2012年1月22日 (日)

『危機の中のペルシア:サファヴィー朝の衰退とイスファハーンの陥落』

Rudi Matthee, Persia in Crisis: Safavid Decline and the Fall of Isfahan (London: I.B. Tauris, 2012, xxxiv+371 Pp., ISBN 978-1-84511-745-0).
Ptdc0002
Introduction;
Ch. 1 Patterns: Iran in the Late Safavid Period;
Ch. 2: Politics at the Safavid Court, I, Shahs and Grand Viziers, 1629-1666;
Ch. 3: Politics at the Safavid Court, II: Shahs, Grand Viziers and Eunuchs, 1666-1699;
Ch. 4: Monetary Policy and the Disappearing Mints, 1600-1700;
Ch. 5: From Perpetual War to Lasting Peace: Safavid Military Politics in the Seventeenth Century;
Ch. 6: Weakening Links: The Center and the Provinces, 1600-1700;
Ch. 7: Religion in Late Safavid Iran: Shi`i Clerics and Minorities;
Ch. 8: From Stability to Turmoil: The Final Decades, 1700-1722;
Conclusion.

本日、東洋文庫で講演されるマテーさんの最新刊です。結構厚いです。
サファヴィー朝末期の研究の決定版となるのでしょうか。

オックスフォードでは店頭で売っておらず、取り寄せとなりました。
でも、東洋学部の図書館にはすでに並んでいました。

2012年1月20日 (金)

オスマン朝法廷記録簿についての講演会

講演者は、あのイスタンブルの法廷記録の刊行シリーズの監修をされている方だそうです。

*******************************

京都大学大学院文学研究科附属 ユーラシア文化研究センターは、京都外国語大学国際言語平和研究書と共同利用・共同研究拠点(イスラーム地域研究)東洋文庫拠点の共催で、メデニイェト大学文学部歴史学科長のビルギン・アイドゥン先生をお招きして、オスマン朝の法廷記録簿についての講演会を羽田記念館にて、下記の通り開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

*******************************

題目:羽田記念館講演会「オスマン朝の法廷記録簿について」

講演者:ビルギン・アイドゥン(イスタンブル・メデニイェト大学文学部歴史学科長)

言語:トルコ語(日本語通訳あり)

主催:京都大学大学院文学研究科附属 ユーラシア文化研究センター羽田記念館

共催:京都外国語大学国際言語平和研究所
   文部科学省委託事業「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業」イスラーム地域研究東洋文庫拠点

日時:2012年2月10日(金)16:00-18:00

場所:羽田記念館(京都大学大学院文学研究科附属 ユーラシア文化研究センター)
   交通機関・周辺地図 http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/hanedakk/ways_to_HM.html

***参加のお申込みは不要です***

なお、18:00から懇親会を予定しております。みなさまのご参加をお待ちしております。

問合せ先:
京都大学大学院文学研究科附属ユーラシア文化研究センター(羽田記念館)
〒603-8832 京都市北区大宮南田尻町13
Tel: 075-491-6027 Fax: 075-491-1052
URL: http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/hanedakk/

2012年1月19日 (木)

アフガニスタン研究ネットワーク講演会

いつもこっそり開かれることが多いので、ここにこっそり宣伝させていただきます。

----------------------------------------------------------------------

各位
 
 厳寒の候、皆々様にはご健勝のことと存じます。
 来る2012216()に、恒例のアフガニスタン研究ネットワークの講演会を開催させて頂きたく存じます。この度は、昨年10月の『アフガニスタンのハザーラ人―迫害を超え歴史の未来をひらく民』(明石書店)の翻訳・出版を記念致しまして、監訳者の前田耕作氏、山内和也氏のお二人をお招きし、講演頂きます。詳細は以下の通りとなります。
 お忙しい折と存じますが、皆々様のご参加を心よりお待ち申し上げております。
 
アフガニスタン研究ネットワーク講演会
日時:2012216() 15:0018:00
場所:東京外国語大学アゴラグローバル(3)プロジェクトスペース (参加自由・入場無料・予約不要)
【講演者と演題】
・前田耕作氏 (独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所 客員研究員)
「ハザーラ人とは誰か」
・山内和也氏 (独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所文化遺産国際協力センター 地域環境研究室長)
「ハザーラ人をめぐる諸問題 -翻訳を通して感じたこと」

◆問い合わせ  八尾師研究室

2012年1月18日 (水)

私事

私事ながら、一昨日からイギリス・オックスフォードに滞在しております。
しばらく、日本国内の情報に関しては限定的なものにならざるを得ないかと存じます。
代わりに、実際に参加したイギリス周辺の情報を提供することができるかと思いますので、ご容赦ください。

なお、共同研究課題関係の研究会はしばらく開催できないと思われます。
共同研究員の皆様にはご迷惑をおかけしますが、どうかよろしくお願いいたします。

2012年1月15日 (日)

Irancarto イランの地図サイト

フランスCNRSで作ったサイトです。
http://www.irancarto.cnrs.fr/

以前出版されたいくつかの本の内容をまとめたものが中心です。英語、フランス語、ペルシア語で本文が書かれています。

目次は以下のとおりです。
Contents
1.Bazarcarto
2.Atlas of Iran
3.Tehran Metropolis
4.Atlas of Rural Iran
5.Ethnology Alborz
6.Ethnology Arâk Hamadân
7.Ethnology Gilân Âzerbâyjân
8.Ethnology Zâgros
9.History

まだ工事中のところも多いですが、いろいろ試すと新しい発見がありそうです。

2012年1月13日 (金)

イスラーム聖者廟に関する研究会

杉山さんがイマーム・レザー廟について発表されます。

----------------------------------------

【公開研究会のお知らせ】  イスラーム聖者廟はイスラーム地域に広域的に分布し、現在も多数の参詣者を集めています。本研究会では、中国、イラン、中央アジアの聖者廟の事例についてそれぞれお話をうかがい、歴史的様相や社会・経済的側面などに注目することを通じて、比較の視点から検討を加えたく思います。 共催:  中央大学人文科学研究所・研究会チーム「イスラーム地域における聖地巡礼・参詣」  中央大学政策文化総合研究所・研究プロジェクト「中央ユーラシアと日本」 日時:2012年1月29日(日) 午後1時半~5時半 会場:中央大学駿河台記念館・360号室(3階)  アクセス:JR中央・総武線 御茶ノ水駅下車、徒歩3分        東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅下車、徒歩6分        東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅下車(B1出口)、徒歩3分        都営地下鉄新宿線 小川町駅下車(B5出口)、徒歩5分  地図:http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/access/access_surugadai_j.html 発表(題名には仮題も含まれます):  高橋健太郎(駒澤大学文学部)   「中国寧夏における回族の聖者廟参詣」  杉山隆一(早稲田大学イスラーム地域研究機構)   「イマーム・レザー廟の発展と拡大」  澤田稔(富山大学人文学部)   「中央アジア中東部におけるアリー系マザールの分布とその意義」 ※研究会終了後、会場の近くで懇親会を予定しております。

2012年1月12日 (木)

Rudi Mattheeさん(今度こそ)来日

病気のため、10月の大阪での研究会をキャンセルされたRudi Mattheeさんですが、今月18~20日に札幌・スラブ研究センター行われる国際会議には参加されるそうです。

さらに、すでにお知らせしたFatma Müge Göçekさんの講演会の日に、同じ場所で講演会が開かれるそうです。

日時:2012年1月22日 15:00~
会場:(財)東洋文庫2階講演室(東京都文京区本駒込2-28-21) 会場アクセス
内容:

Rudi Matthee (University of Maryland) 
"The Fall of the Safavids: Comparisons with the Ottomans and the Mughals"

サファヴィー朝研究の代表的研究者の一人です。
経歴・業績については
http://www.history.umd.edu/Bio/matthee.html
http://www.udel.edu/History/bio/matthee_rudi.html

多作で、研究の幅も広く、オランダ語史料をも駆使する点が特徴です。

2012年1月11日 (水)

翻訳、翻訳者、改宗者:17世紀オスマン帝国における知識の伝達

2013年2月にシカゴで行われる学会の発表者募集の知らせが届いています。
締め切りは今年の3月1日です。こんなテーマでも十分発表者がいるんでしょうね。

---------------------------------------------------------------------
TRANSLATIONS, TRANSLATORS, and CONVERTS:
TRANSMISSION OF KNOWLEDGE IN THE SEVENTEENTH CENTURY OTTOMAN LANDS

Call for Papers

We are pleased to invite abstract submissions for a symposium to take place at the University of Chicago in February 2013.

This symposium aims to bring together papers that evaluate works translated by “renegades,” converts, or scholars to or from one of the languages spoken in the Ottoman lands during the "Long Seventeenth Century" (i.e. from the late sixteenth to early eighteenth centuries). The goal of the symposium is to develop a better understanding of the ways in which transmissions of knowledge and ideas occurred during this period, of the nature of contacts between interrelated and transforming societies, and so of the changes that would take place in following centuries.

The papers should be textually based on translations, with analysis and comparison with their originals and attention to their importance and impact, but may also study the social context in which they were translated, comment on the people involved (commissioners, intermediaries), and explore their motivations. The languages from which the texts were translated, like the nature of the texts, remain unspecified.

To give a few examples, we would hope for papers on the translations and adaptations of intellectuals such as the chief imperial physicians Salih b. Nasrullah b. Sellum; Nuh b. Abdülmennan and Hayatizade Mustafa Feyzi; the chief imperial astronomer Müneccimbaşı Ahmed; historians and geographers such as Hezarfenn Hüseyin b. Cafer, Ebu Bekir Behram b. Dimeşki; Katib Çelebi; the interpreter of the imperial council Alexander Mavrocordato; Sururi; Mehmed b. Mehmed Rodosizade; Luigi Fardinando Marsigli; Panagiotis Nikosios; on works that may have been translated by "jeunes de langues" at Oriental academies in Paris, Vienna, or elsewhere, or, any translated work to and from Ottoman languages that is waiting to be studied in a library.

While we hope to extend an invitation to one half of the participants to the symposium, the other half will be selected on the basis of the proposals submitted. We invite interested scholars from all disciplines to respond to this call for papers.

Travel and lodging expenses of the participants will be covered by the organizers. *The funding for the symposium is pending.*

Please submit one-page long abstract by March 1, 2012 to:

Cornell Fleischer Hakan Karateke

2012年1月 9日 (月)

イラン研究会のご案内

イラン研究会の第一報が届いています。
イラン研究者の自由な集まりで、30年以上の歴史があります。
---------------------------------------------------------------
本年度(2011年度)のイラン研究会は、東京外国語大学にて開催する予定となりました。開催日程は、331日(土)、41日(日)の両日を、また、開催場所としては、東京外国語大学キャンパス(事務棟2階中会議室)を予定しています。会場の都合上、已むなく会計年度をまたがっての開催となりましたこと、関係者の皆様にはお詫び申し上げます。

  詳細につきましては、今後、お知らせすることになりますが、年度末に向けてのご予定をお立てになる際に、参考にしていただければと思い、まずは、連絡を差し上げる次第です。なお、ご発表をお考えの方は、前もって、ご一報頂ければ幸いです。
 
当研究会に関しましては、イラン研究会専用に作った(本年度のみの使い捨て)メールアドレス: irankenkyukai2011@yahoo.co.jp (@は半角)にて八尾師まで問い合わせいただけば幸いです。

                                                            八尾師 誠(2011年度世話人)
                          東京外国語大学大学院総合国際学研究院

2012年1月 7日 (土)

『オスマン建築における中央と周縁』

Maximilian Hartmuth ed. Centres and Peripheries in Ottoman Architecture: Rediscovering a Balkan Heritage. Sarajevo. 2011.

バルカン半島のオスマン建築に関する国際会議(2010年4月)のプロスィーディングズ。
英語の論文9本、セルボ=クロアチア語による論文5本を含む。
写真がそこそこきれいで、素人にも楽しめる。

閲覧はこちら

PDF版はこちら

2012年1月 5日 (木)

国際シンポジウム「戦前日本の対回教圏政策とトルコ」

宣伝で恐縮です。

----------------------------------------------------

国際シンポジウム

「戦前日本の対回教圏政策とトルコ」

日時:2012年1月28() 14:0017:30

会場:東京外国語大学府中キャンパス研究講義棟1F 115

 

14:1515:00 三沢伸生(東洋大学)

 「アジア主義とイスラーム主義の交錯:亜細亜義会をめぐって」

15:0015:45 メルトハン・デュンダル(アンカラ大学)

 「スユンビケの涙:在日トルコ系住民と戦前日本の外交政策」

16:0016:45 小松久男(東京大学)

 「イブラヒムの夢:イスラーム世界と日本を結ぶ」


なお、12:00から多磨霊園ムスリム墓地の見学もあるそうです。

2012年1月 3日 (火)

オスマン社会における司法:制度、当事者、運用

秋葉さんから情報をいただきました。このようなテーマで20名以上の報告者を立てられるのはすばらしいです。
日本で法廷関係のシンポジウムなどを考える際の参考になるかもしれません。

LA JUSTICE DANS LA SOCIÉTÉ OTTOMANE: INSTITUTIONS, ACTEURS ET PRATIQUES ( 16ÈME -20ÈME SIÈCLES) 6-7 janvier 2012 Institut Français d'études Anatoliennes, Istanbul --- Vendredi, 6 janvier 2012 9h00-9h30 Ouverture du colloque par les organisateurs I. PLURALITÉ DESINSTITUTIONS JUDICIAIRES ET LEUR INTERACTION (9H30-13H00) Présidente de séance: Martha Mundy (Professeur, London School of Economics, Londres) 1. Zouhair Ghazzal (Professeur, Loyol aUniversity, Chicago): "The parallel adjudication of the "Egyptian" majlis in Aleppo in 1838" 2. Charles Willkins (Assistant Professor, Wake Forest University, Etats- Unis): "Provincial Governors as Judicial Authorities: The Assessment and Collection of Legal Fines in Seventeenth-Century Aleppo" 3. Işık Tamdoğan (chercheur CNRS/IFEA, Istanbul): "Les relations entre l'Assemblée du mercredi et les cadis de la capitale ottomane au XVIIIème siècle" 11h00 -11h30 Pause café 4. Nil Tekgül (Doctorante, Bilkent Üniversitesi, Ankara): "Comments on Ottoman Provincial Courts in the Classical Period" 5. Panagiotis Krokidas (Doctorant-archivist, Crète, Grèce): "Love and punishment in the years of Mehmet Ali, 1830-1834". 6. James Edward Baldwin (Post doctorant, Queen Mary University, Londres): "Mazalim in Ottoman Cairo: the role of the Sultan and the provincial governor in administering justice" 13h00-14h30 Déjeuner II. LES TRIBUNAUX DESCADIS AU JOUR LE JOUR, (14H30 -- 18H30) Président de séance: Engin Akarlı (İstanbul Şehir Üniversitesi) 7. Timothy Fitzgerard (Maitre de conference, James Madison University, Etats-Unis): "The Qadi is Not Alone: The Diffusion of Justice in Early Ottoman Aleppo " 8. Richard Wittmann (Docteur, chercheur au Deutsches Orient Institut - Istanbul): "Seeking for justice in front of the court of Hasköy in the 19th century " 9. Isabelle Grangaud (chercheur CNRS, IREMAM, France): "La justice et ses traces à Constantine. Registres et activités judiciaires dans une ville du Maghreb ottoman" 16h00-16h30 Pause café 10. Alp Yücel Kaya (Maitre de conference, I.stanbul Teknik Üniversitesi): "Administering Property Disputes: Institutionalization of Justice of Peace in the Ottoman Empire(1839-1908)". 11. Suraiya Faroqhi (Professeur, İstanbul Bilgi Üniversitesi): "Disputes about resm-i tapu in the mid-18th century Gebze region" 17h30-18h30 Discussion --- Samedi 7 janvier 2012 III. QUAND DIFFÉRENT CORPS DE DROIT (CHÉRIA, KANUN ET COUTUME) ET SYSTÈ MES JURIDIQUES SE CROISENT: (9H30- 12H00) Président de séance: Zouhair Ghazzal (LoyolaUniversity, Chicago) 12. Engin Akarlı (Professeur, İstanbul Şehir Üniversitesi) : "Custom as Signifier of Consensus, Commonality and Right" 13. Martha Mundy (Professeur, London School of Economics, Londres): "In what terms justice? Ethics, fiqh and political authority" 14. Ahmet Akgündüz (Professeur, Universityof Amsterdam, Pays Bas): "The Legal Structure of Ottoman Judicial System before Tanzimat" 11h00-11h30 Pause café 15. Yavuz Aykan (doctorant EHESS, Paris/Université de Munich): "On the authority of the qadi's judgement: the mufti of Amid and the genealogies of Ottoman Hanafism." 16. Fatma Karagöz (ATER, Bahçeşehir Üniversitesi İstanbul): "What was Kânûnnâme-i Cedîd?" 12h30-14h00 Déjeuner IV. LES NON-MUSULMANS DEVANT LA JUSTICE OTTOMANE (14H00-15H30) Présidente de séance: Suraiya Faroqhi (İstanbul Bilgi Üniversitesi) 17. Zülal Muslu (Doctorante, Université Paris- Nanterre): "Entre intérêts étatiques et intérêts des particuliers, le drogman devant les tribunaux de commerce mixtes ottomanes au XIXème siècle" 18. Eugenia Kermeli (Assistant Professor, Bilkent Üniversitesi, Ankara): "The pursue of justice in ecclesiastical and communal courts of Ottoman Christians" 19. Phokion Kotzageorgis (Assistant Professor, Salonique): "Monks in front of the court: Crossing the boundaries of legal systems in the Ottoman Empire" 15h30-16h00 Pause café V. JUSTICE, GENRE ET STATUT SOCIAL (16H00-17H30) Présidente de séance: Nora Şeni (Professeur, directrice de l'IFEA) 20. Faika Öz Çelik (Doctorante, McGill University, Montréal-Canada): "Gendering the Margins: Gypsy Women Seeking Justice in Istanbul(1540- 1600)" 21. M. Hadi Hosainy (Doctorant, The University of Texas at Austin, Etats -Unis): "Ottoman Legal Flexibility and Women's Property Rights" 22. Juliette Dumas (Doctorante, EHESS, Paris/IFEA, Istanbul): "Des femmes au-dessus des lois ? Le cas des Sultanes" Discussion de clôture : 17h30 - 18h30

2012年1月 2日 (月)

サファヴィー朝期の思想家に関する研究会

パリCNRSのプロジェクトで、以下のような研究会が開かれるそうです。 なかなかマニアックです。

Research seminar of Denis Hermann, Senior Research Fellow, CNRS (Mondes Iranien et Indien), Paris :

New Research in Social and Intellectual History of Shi‘ism in Early-Modern and Modern Times/Nouvelles recherches sur l’histoire intellectuelle et sociale du chiisme à l’époque moderne et contemporaine (XVIe-XXe siècles)                               

Thursday 5 january 2012, 13h00-16h00

Mathieu Terrier (PhD candidate, EPHE-Sorbonne, Vth Section)

Qutb al-Dîn Ashkevarî (m. entre 1677 et 1684), élève de Mîr Dâmâd ou philosophe autodidacte ?

Ahab Bdaiwi (PhD Candidate in Arabic and Islamic Philosophy at Exeter University):

Exploring Modern Studies on Mullā Sadrā Shīrāzī (d. 1640): An Avicennan Rationalist or a Shī'ī-Sūfī Mystic?                                               

IISMM-EHESS, meeting room, 1st floor, 96 bd Raspail, 75006 Paris.   

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ