« 西南アジア研究75号 | トップページ | サファヴィー朝期の思想家に関する研究会 »

2011年12月31日 (土)

ファトマ・ミュゲ・ギョチェク氏講演会

東洋文庫拠点研究班共催講演会
■「オスマン/トルコの回顧録に見るアルメニア人に対する集団的暴力とその否定」(1/22)のお知らせ


  イスラーム地域研究東洋文庫拠点は、新学術領域研究「ユーラシア地域大国の比較研究」(北海道大学スラブ研究センター)と共催で、ミシガン大学のファトマ・ミュゲ・ギョチェク氏をお招きして、現在でも大きな政治問題になっているオスマン帝国末期のアルメニア人に対する集団的暴力の問題について、回顧録資 料を使った研究をご報告していただきます。歴史社会学者であるギョチェク氏は、近年この問題に積極的に発言されているトルコ人研究者の一人です。皆様のご 参加をお待ち申し上げます。


[日時] 2012年1月22日(日) 16:00~18:00
[会場](財)東洋文庫2階講演室(東京都文京区本駒込2-28-21) 会場アクセス
(日曜でも入り口は開いております)

[内容]
Fatma Müge Göçek (University of Michigan)
"Studying Collective Violence and Denial in Ottoman and Turkish History through Contemporaneous Memoirs"

参加自由・無料、使用言語:英語

ギョチェク氏のプロフィールについては、以下のURLをご覧ください。

http://www.lsa.umich.edu/soc/people/faculty/ci.gekfatmamge_ci.detail

« 西南アジア研究75号 | トップページ | サファヴィー朝期の思想家に関する研究会 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファトマ・ミュゲ・ギョチェク氏講演会:

« 西南アジア研究75号 | トップページ | サファヴィー朝期の思想家に関する研究会 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ