« 『タフレシーの書簡集』 | トップページ | アフマディー『サファヴィー朝のワクフについて』 »

2011年12月24日 (土)

「ラージャタランギニーからペルシア語史書へ」

インド留学中の小倉さんからいただきました。ありがとうございました。

Satoshi Ogura. "Transmission lines of historical information on historical information on Kašmīr: From Rājataraṅgi ṇīs to the Persian chronicles in early  early Mu ġal period" Journal of Indological Studies 22/23(2011): 23-59.

サンスクリットの史書の内容がムガル朝のペルシア語史書にどのように取り込まれたかという内容です。ムガル朝の「インド性」が問われますね。

« 『タフレシーの書簡集』 | トップページ | アフマディー『サファヴィー朝のワクフについて』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ラージャタランギニーからペルシア語史書へ」:

« 『タフレシーの書簡集』 | トップページ | アフマディー『サファヴィー朝のワクフについて』 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ