« 研究会「コーカンド・ハーン国における正統化の問題」 | トップページ | 第3回研究会終了 »

2011年12月11日 (日)

シェイフ・バハーイー『アッバース大全』

ペルシア語で書かれた法学実践書のなかで最も有名なもの。シャー・アッバースのために著された。
これまで、石版本やそのリプリントしかなかったが、数年前に活字本が出た。
イギリス大使館の向かいの本屋で、赤い表紙のを買おうとしたら、それは2版で11,000トマーン、古い9,000トマーンの初版を薦められ、購入した。その一週間後にあんなことになるとは・・・。あの本屋は大丈夫だろうか。

شیخ بهاء الدین محمد عاملی. جامع عباسی. قم. دفتر انتشارات اسلامی. 1386.

Jamee_abbasi_2

« 研究会「コーカンド・ハーン国における正統化の問題」 | トップページ | 第3回研究会終了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シェイフ・バハーイー『アッバース大全』:

« 研究会「コーカンド・ハーン国における正統化の問題」 | トップページ | 第3回研究会終了 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ