« 国際会議「オスマン帝国におけるアジアとヨーロッパの交差」 | トップページ | 16世紀初頭のイラン »

2011年11月 7日 (月)

ドイツ語の研究書3

Tilmann Trausch
Abbildung und Anpassung: Das Türkenbild in safawidischen Chroniken des 16. Jahrhunderts.
(順応と模写:16世紀サファヴィー朝年代記におけるトルコ像)
Berlin: Klaus Shwartz. 2010. 172p.
Islamikundliche Untersuchungen 277.
Trausch

2007年にミュンヘン大学に提出した修士論文をもとにしたもの。主にサファヴィー朝年代記がオスマン朝をどう見ていたかをまとめたもの。韻文の分析やウズベク像との対比など、興味深い点もあるが、取り上げている16世紀の年代記がHabib al-SiyarAhsan al-Tavarikh だけというのが、単行本としてはいただけない。

« 国際会議「オスマン帝国におけるアジアとヨーロッパの交差」 | トップページ | 16世紀初頭のイラン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語の研究書3:

« 国際会議「オスマン帝国におけるアジアとヨーロッパの交差」 | トップページ | 16世紀初頭のイラン »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ