« 第3回研究会のお知らせ | トップページ | お詫び »

2011年11月13日 (日)

ペルシア語文献のデジタルライブラリー

最近はデジタルライブラリーも進んでいます。ペルシア語関係のものを紹介します。


マジュレス図書館

http://dl.ical.ir/websearch/forms/index.aspx

イラン最大の写本図書館が、写本の画像を無料でダウンロードできるサイトを開きました。

昔、いかにこの図書館が使いずらかったかを考えれば、日本にいながらにして、写本を見られるとは、すばらしいの一言です。やや検索に難があるのと、平気で100M以上とファイルが重いのだけが難点です。

 

ちなみに、メッリー図書館も似たようなシステムが入っているのですが、未だダウンロードには成功していません。

 

また、一時期は石版本のデジタルライブラリーもあったのですが、最近は見かけません。

 

デジタルライブラリー・オブ・インディア

http://www.dli.gov.in/index.html.en

バンガロールに本拠があります。ペルシア語図書を引くと1637タイトル。19世紀にインドで刊行された石版本や活字本など、意外なものがあります。一括ダウンロードができず、1ページずつ画像を保存しないといけないのが欠点。

 以前はハイダラバードのサイトもあって、そちらもペルシア語の本が多かったのですが、最近はつながりません。

 

アフガニスタン・デジタルライブラリー

http://afghanistandl.nyu.edu/

ニューヨーク大学のサイトです。アフガニスタンで刊行された図書が網羅的に入っています。刊本ですから、古くても19世紀以降ですが、現在のアフガニスタンの政情を考えると貴重な存在です。一括ダウンロードはうまくいかないことがあります。

 

アスナード・オルグ

http://www.asnad.org/en/

マールブルク大学のサイト。過去に雑誌や本のなかで刊行されたペルシア語文書をスキャンして、載せています。検索も優れていて、たとえばシャー・アッバース1世で引くと42件もヒットします。雑誌や本が必ずしも手元になくても、このサイトがあれば安心です。

« 第3回研究会のお知らせ | トップページ | お詫び »

研究ツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペルシア語文献のデジタルライブラリー:

« 第3回研究会のお知らせ | トップページ | お詫び »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ