« 「ヨーロッパ・地中海世界における諸宗教の相剋と融和」第二回国際ワークショップ | トップページ | 第2回研究会発表要旨 »

2011年10月29日 (土)

ドイツ語の研究書2

ドイツ語研究書第2弾です。

Miriam Younes
Discussionen shiitischer Gelehrter über juristiche Grundlagen von Legalität in der frühen Safavidenzeit: Das Beispiel der Abhandlungen über das Freitagsebet.
Würzburg. Ergon. 2010. 140p.
(サファヴィー朝初期における適法性の法学上の根拠に関するシーア派学者の議論:金曜礼拝に関する論説の事例)
Diskussionen
フライブルク大学に提出した修士論文がもとのようです。
アラビア語文献をよく使っているところが長所でしょうか?
逆に、参考文献にNewmanの一番関係のある論文が入っていなかったり、Ja`fariyanのそのものずばりの資料集が参照されていなかったりもします。

« 「ヨーロッパ・地中海世界における諸宗教の相剋と融和」第二回国際ワークショップ | トップページ | 第2回研究会発表要旨 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語の研究書2:

« 「ヨーロッパ・地中海世界における諸宗教の相剋と融和」第二回国際ワークショップ | トップページ | 第2回研究会発表要旨 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ