« ペルシア語オンライン辞書 | トップページ | 「ヨーロッパ・地中海世界における諸宗教の相剋と融和」第二回国際ワークショップ »

2011年10月26日 (水)

アメリカ歴史学会大会

American Historical Associationの大会が来年1月4日~8日にあるようなのですが、ムガル朝に関するセッションがあるようです。

The Mughal Empire: New Debates, Part 1: The Mughal Imperial Imaginary between Soldiers and Scribes

Sunday, January 8, 2012: 8:30 AM-10:30 AM
Belmont Room (Chicago Marriott Downtown)
Chair:
Lisa Trivedi, Hamilton College
Papers:
Mughal Lives in Frontier Sindh
Manan Ahmed, Institute of Islamic Studies, Freie Universität Berlin
 
Epistles from the Seat of Worldly Power: The Persian Letters of a Punjabi Brahman in the Mughal King's Court
Rajeev Kumar Kinra, Northwestern University

The Mughal Empire: New Debates, Part 2: The Performance of Sovereignty in the Mughal Empire: New Comparisons and Contexts

Sunday, January 8, 2012: 11:00 AM-1:00 PM
Belmont Room (Chicago Marriott Downtown)
Chair:
David Gilmartin, North Carolina State University

ちなみにオスマン朝は9件、サファヴィー朝は3件ヒット。
サファヴィー朝のはアルメニア印刷文化のセッションでした。
業界がそれぞれ違いますね。

« ペルシア語オンライン辞書 | トップページ | 「ヨーロッパ・地中海世界における諸宗教の相剋と融和」第二回国際ワークショップ »

海外学界情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ歴史学会大会:

« ペルシア語オンライン辞書 | トップページ | 「ヨーロッパ・地中海世界における諸宗教の相剋と融和」第二回国際ワークショップ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ