« Mattheeさんの最新刊 | トップページ | サファヴィー朝研究参考文献 »

2011年10月 2日 (日)

MESA年次大会2011

今年のMiddle East Studies Associationの大会は、Washington DCで行われます。
ためしにオンラインプログラムを覘いてみました。検索可能です。
http://mymesa.arizona.edu/meeting_program.php?program_bookyr=2011

Abstract titleで"Ottoman"を引いてみると78件
Abstract Contentで"Ottoman"を引いてみると152件

これに対して"Safavid"を引いてみると、titleで0件、contentで5件

絶望的な差です。まあ、イランは中東には入らないと考える人も多いし、何せ敵国だから仕方がないんでしょうか。

一つだけ気になった報告は
[P2651-12221] Learning Persian in the Ottoman Empire: Politics of Language and Mechanisms of Promotion by Murat Umut Inan
http://mymesa.arizona.edu/meeting_program_abs.php?pid=cd2cdb457ab57b6b85eab7450afb3111

オスマン朝文人にとってペルシア語やペルシア語文学を身につけることが、どのような意味を持ったかという話のようです。

« Mattheeさんの最新刊 | トップページ | サファヴィー朝研究参考文献 »

海外学界情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MESA年次大会2011:

« Mattheeさんの最新刊 | トップページ | サファヴィー朝研究参考文献 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ