« ハンガリーの友人より | トップページ | 近代パレスチナにおけるロシアのプレゼンス »

2011年9月24日 (土)

Sabri Ates氏関連研究会2

19世紀後半に関するものですが・・・・・

研究会「シェイフ・オベイドッラーの反乱」【公開】

日時 : 2011年10月14日(金) 16:30-18:30
会場 : 本郷サテライト4F セミナー室

Dr.Sabri Ates (South Methodist University, USA)
“Uniting the Kurds under the Sultan’s banner: The Sheikh Ubeidullah Rebellion of 1880”

In the last months of 1880 a momentous event occurred at the Ottoman-Iranian borderland. Under the command of the influential leader of a Sunni religious brotherhood who was an Ottoman citizen, Sheykh Ubeidullah of Nehri, tens of thousands of Iranian and Ottoman Kurds marched on Iran and for some time managed to control several cities. This movement and the response of the Iranian army resulted in great violence and displacement: tens of thousands of families left their ancestral lands, villages and towns were depopulated, civilians lost their lives, and the affected districts were laid to waste. In this presentation Dr. Sabri Ates will discuss whether this was the first Kurdish nationalist uprising or yet another Ottoman effort to incorporate the Sunni parts of Iran into the Ottoman Empire.

使用言語 : 英語

主催 基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」
中東・イスラーム既形成拠点

« ハンガリーの友人より | トップページ | 近代パレスチナにおけるロシアのプレゼンス »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sabri Ates氏関連研究会2:

« ハンガリーの友人より | トップページ | 近代パレスチナにおけるロシアのプレゼンス »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ