« 第2回研究会のご案内 | トップページ | ハンガリーの友人より »

2011年9月21日 (水)

Sabri Ates氏関連研究会1

2011年10月10日(月)14:00ー16:00
場所:AA研マルチメディア会議室(304)
Sabri Ates (Southern Methodist University)
“Strategic Rivalry or Sectarian Wars? Reconsidering the Ottoman-Safavid Conflict”

Following years of military and ideological confrontations, the Ottomans and Safavids signed their first treaty on 21 May 1555. This marked the first time the Ottomans recognized Safavid Iran as a legitimate entity. Such recognition, however, put an end to neither the military conflict between the parties nor their ideological rivalry. The Safavid state spent almost one fifth of its life fighting its Muslim neighbor. Considering historical debates on the nature of this confrontation, Dr. Sabri Ates argues that sectarianism informed the exchanges between the two states.

« 第2回研究会のご案内 | トップページ | ハンガリーの友人より »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sabri Ates氏関連研究会1:

« 第2回研究会のご案内 | トップページ | ハンガリーの友人より »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ